日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3月11日 モスのホンコン

自分でいうのがなんですが、私は記憶力が良い。
一昨年に受けた英検準1級の筆記は、二問しか間違えなかった。(ただし、嫌いなものはまったく憶えない。)特に、一度会った人の顔を憶えていることが多い。(普通か?)
私の父親は、私よりはるかに記憶力が良かった。3年前のWBCの韓国戦だったか、何回にイチローがこうして、西岡がああして、岩村がどう打って、松中がどうした。などと下手をするとカウントまで憶えていて、別のところで見た私の記憶と照合したらぴったり合っていた。その頃、父は八十台半ばだった。
去年のちょうど今頃、あるハローワークへ行った後で、モスに入り無料で置いてある求人誌を見ていました。最初に誰か別の人がいて、後から横に来た大学生風の女性がなにやら自分の進路について話していました。一人は、数年前に「恋のからさわぎ」に出ていたホンコンさん似。話は、途中から急に風呂でどこから洗うか?とか、気持ちの悪い話に。しばらくしてその低俗さに耐え切れずに席を立ったような気がします。
ホンコンさんセクシー系じゃあないから…。
なぜこのことを書いたかと言うと、先週の木曜日。
ある駅ビル内の某串焼き店で昼食をとった。混雑しているとみえ、外で数組が椅子に座り、順番を待っていた。私の前には若い女性が一人。「ここが、最後ですか?」と聞き座ろうとすると「もう一人来ます。」と言う。しばらくすると、連れらしき女性が。その後、店員がメモを持って順番待ちの客の名前を聞き始めた。前の一人が「○ノです。」と言う。私の、所に来て名前を聞くので「昼飯食うのに、わざわざ名乗るのかよ!」と思いましたが、一応名乗りました。横の二人は、それを確かめたかのように、その後すぐに立ち去ってしまった。この若い二人、普通の人と違う。どことなく探偵風。
その後、上の階からエスカレーターで降りてきたおばさん達数名が、店の中に。当然順番待ちのために外に出るのだろうと思っていると、そのまま。
順番を待っていた、親子連れの小さな男の子が「おなかすいた!」とぐずり出した。ようやく店の中に入り、食事を待っているとなにやら二人の女性店員同士がこちらを向いてなにやらコソコソ。食事が終わり、会計をした際に「レシートは要りますか?」と聞かれたので「ウン。一応ね!」と答える。
その後、厨房の方から出てきて会釈したのは・・・・・・・・。
なんと、モスのホンコンだった!
まあ、いくら記憶力が良くても、完璧に同一人物かは、わかりませんが、頭の中で符合しましたから。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。