日々想うこと

日々想ったことを綴っています

3月8日 赤い漁師さん達?

先週、久しぶりにハローワークへ行きました。人が一杯で、職員が言うには、多い時には90人待ちです、だそうです。私は、小泉首相が郵政民営化を国民に問うた約4年位前からハローワークへ再び行き始め、なぜかはねられ続け、昨年の春ごろまで下手をすると週4回位は通っていました。その後父が具合が悪くなって色々とありましたから。
小泉首相の頃に「ハローワークの有効求人倍率が3倍だとか何倍だとかニュースで言っているが、あんなものは3ヶ月位で首を切られる派遣の求人が増えただけで、正社員の求人なんてちっとも増えていない。ごまかしているだけだ!」と当時のブログに書いたところ、気のせいかハローワークでも煙たがられたようで、行くと職員その他に嫌がらせのような言動を取られた事もありました。でも、結局、不況になってみると、そうやって食いつないで来た人の多くが派遣切りに合って失業し、現実にハローワークにもあふれているではないですか!
壁の掲示板を見ると、無料の職業訓練のプログラムが出ていて、その事も書いていたので、ハッとしましたが、対象が六十歳以上で、それ以下は1万とか、1万5千円とか取るそうです。ボソッと誰かが、「いくら安くやったって交通費も無いもん!」とつぶやきましたが、「定額給付金で、私のように1万円以下の自転車を買って一番近いハローワークへ通いなさい。」とも言えないし、困ったなあ。それに、失業者の一万円は、下手をすると収入のある時の10万円位の重さがあることもわかって欲しい。だからケチらないで、代金は百円とかせめて千円位にしたらどうか?
こういうことを書くと、また「あいつは左寄りだ!」ひどいのになると「北と関係がある」などとでっち上げる人がいるようですが、右も左もわからないような連中がまったくの無知蒙昧のなせる業です。(私も本当はよくわからないんですけど。)
ただ、昨年の原油高で、漁師や、トラックの運転手達が、ガソリン代が高すぎて仕事をするとかえって赤字になる、とデモみたいなことをやっているのをニュースでやっていましたが、じゃああの漁師さん達や、トラック野郎さん達は、左翼なのか?中国や北の手先か?違うだろう?
また、前に蟹工船のブームについて書いた時(5月19日 危険な兆候)にも触れましたが、先日、日経の広告にマルクス主義の本が乗っていましたが、困ったからマルクス主義に走ろう、というのは、これも短絡的で、危険な発想ではないでしょうか?
まず、人間はおかれた境遇で考え方が変わる、ことはよくあることです。マルクス主義者を自認していた人でも、本が売れて金が入ると高級外車を乗り回したりするんですから。また若い頃にマルクスの本をやたらに引用していたくせに、ソ連が崩壊してはやらないとみると、すぐに思想を変えたふりをするご都合主義者もみっともないですね。
さらに私はマルクスの本は読んだ事がありませんが、真のマルクス哲学というのは、古代ギリシャの哲学から始まってカントとかヘーゲルの哲学がわかった上でないと真には理解出来ない、極端に排他的なので若いうちは関わらない方が良い、と戦前の日本の哲学者が書かれていたような気がします。理解するのに何十年も真面目に勉強しないとわからないようなので、下手にさわらない方が良いと私は思います。
それよりも職業訓練か、なにか別の方法を考えないと!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する