日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2月27日 国立病院機構グアンタナモ医療センター

アメリカのオバマ大統領は就任後すぐにグアンタナモ収容所の閉鎖を表明しました。
「今後アメリカは拷問をしない!」と高らかに宣言したことを覚えています。
たとえ相手が捕虜でも、拷問はジュネーブ条約とかいう国際法で禁止されているはずで、アブグレーブやグアンタナモが国際問題になったのはそのためだと思います。
最近あった江東区のバラバラ殺人事件の裁判での裁判官は、容疑者は被害者を一撃で殺害したため死の恐怖を味合わせることはしなかった、と考えたのが死刑求刑を免れた理由のようです。裏返せば、じわじわと死の恐怖を与える事は、死刑にも値することだと解釈できます。
いまだに不思議なのは、父親が入院していた際になぜあれほど怖がっていたのか?
というより、なぜ同室の患者さん達が、私達親子を圧迫するような事を言ったのか?そして、それが医師の指示だったように感じたがそれはなぜか?
師長が連れてきた前のベッドの入れ墨をしていたとかいう気の小さそうな男は、なぜ退院予定日が先だったにもかかわらず、父が部屋を移った日にいなくなっていたのか?
看護師が呼吸器の医師ではないか?と言った、ナースセンターにいたヤクザのような目つきの悪い男は、本当に医師なのか?(11月1日分参照)
そしてこれは主治医や師長に質問した事ですが、研修医のYと私がいた防具付き空手団体の関係組織の論理学研究会との関係は?はっきり言うと、彼は東大○○空手部OBのサ○○○ではないのか?
地域連携室の人や女性の主治医に見せたが、写真は他人の空似なのか?
彼について、ある人が九州のどこかの医大出身と聞いた、と言った際に○○看護大学と私は反射的に言ったが、実は○○医大だったのか?というのは、次の病院の主治医に初めに会った後に「サガから!」と叫んだので。
とするとやはり論理学研究会のコンドーつまり近藤が関係するのか。(2月21日分参照)
彼は私がいた当時九州の某医大の空手部の責任者だった。
父は退院の前日まで、それなりに話していたのに、なぜ退院の日からしゃべれなくなったのか?面会時間後から翌朝までの間に何かあったのか?
救急車で運ばれたのに、退院の日にどうして受付のところで「この病院に紹介で来たの!」などといわれたのか?そしてその際にヤクザのような医師は、なぜすれ違い様に恫喝したのか?
もしかしたら、救急車であの病院に運ばれたのは偶然ではないのではないか?
そしてあの国立病院機構○○医療センターで行われたのは、体の良い拷問の一種ではないのか?


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。