日々想うこと

日々想ったことを綴っています

2月21日 論理学研究会のハニートラップ?

一昨日、自宅の二階でお昼のニュースを見ていると外で「コンドー」という少し高いこもった若い男の声が聞こえました。そういえば、二月の初めに父の墓参りの際に、駅の建物を出ると若い男がそばに来て「コンドーさんから」帰りには「タジマ」と言った。二人とも10年以上前に愛想をつかせてやめた防具空手団体にいた人間を連想させる名前だが、コンドーにはサンを、つけタジマは呼び捨て、ということは…。コンドーよりは、下でタジマとは同じか上の人間と考えられる。

唐突ですが、ふ・ふ・ふ風俗に行って何が悪い!
六年も行ってないが、6年前に行った後に前に書いたスリに合った。あの財布にはお姉さんの名刺が入っていたし、現金も三万円近く入っていたはず。スリの犯人も俺の金で同じお姉さんを指名していたりして…。
秀才は行かないのかと思っていたら、今日の朝刊に東大の助教が女子高校生を買ったって書いてあった。こちらの方が、風俗店に行くよりもよほど質が悪いと思うけれど。
ところで助教って何?助教授?助教授は、今は准教授とかいうのでは?

なんでこんなことを書いたかと言いますと、まず中川さん。
男前で、真面目そうで結構良い印象を持っていましたが、相当な酒好きだそうです。私も酒好きですから酒好きが悪いとは思いませんが、失業中の身から言えばムッとしました。
けれども多少の酔っ払いだろうが、風俗好きだろうが、日本の経済良くしてくれれば良いんですけど、今はあまりそういう破天荒なタイプのエリートはいないようで。
そんななかで、中川さんは身を挺して日本を救ってくれた。彼のファインプレーで外国人が日本に失望して円を売って円安になり、輸出企業が助かっている、という噂も実際にあった位ですが、株は下がる一方。

そして次は私がものの見事にかかったハニートラップ?
私は中川氏の件はなぜかあれは陰謀のような気がします。というのは、私も10年位前に駅伝で有名な大学病院で掃除をしていた際に、妙な薬を飲まされて風俗に何回か行き、その後ずっとあちこちでその事を言い触らされ評判を落とされているからです。だから衝撃の告白です。

最初は空手道場の帰りに覚せい剤系の薬を入れたレモンジュースを飲まされたらしく、しばらく夜になると自宅で叫んでいました。その後、やたらに下半身がむずむずして、行きましたよ風俗店に。
20代半ば位は結構行きましたが、特に30歳過ぎてからは経済的なこともありましたし、五年以上ご無沙汰で、ある程度行けば飽きるでしょう、普通…。それよりも結婚!を考えていたのに。
一階のロビーを掃除しているとおばさんが、「生足!」「ソープランドへゴー!」などと言うわ、白衣を着た医者らしき人が「風俗に行くとうつ病が治る」だの「あれやると頭が良くなる」だのと言うわ、しまいには電車に乗っていると若い女が付き纏ってきて「風俗にへ行け」だと。
行きましたよ40歳近くなって二、三ヶ月に一度位ですが。普通でしょ?

サイテー?そうおっしゃるけど、お医者さん達も行くみたいですよ風俗。
あの病院の地下の男子ロッカー室を掃除していたら、道玄坂のファッションマッサージ店の名刺が落ちていたっけ。風俗店で順番待っていたら、そこの病院で見かけた先生が後から入って来ましたよ。その男と一緒にいたのがどうも道場で一緒に練習をした男らしいけど。

病院の医局のトイレの壁には、どこかのナースとやったって書いてあったっけ。
プラスチックのトイレットペーパー入れの脚にはタバコの吸殻がしょっちゅう入っていたっけ(高校生か!)

残念ながら父親が最後を迎えた際の主治医もその病院の出身ではないが関係があるらしい。
会計の際に聞いたけれども、納得の行く回答は得られませんでした。
昨年知ったけれども、そこの准教授に冒頭の人が。そういえば掃除をしている時に何回か見かけたっけ。
もしかして、あのハニートラップの黒幕は論理学ばかり研究している会のコンドー?
それともコンドーには、さん付けで、タジマは呼び捨ての人物か?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する