日々想うこと

日々想ったことを綴っています

2月12日 安価な職業訓練を!

今日の日経の朝刊に大田前経済財政担当大臣の記事が出ていましたが、その中で職業訓練についてふれてあります。「100万人のフリーターに年間200万円の訓練費用をかけても年間2兆円である。」
郵政民営化の問題よりも今はそちらのほうが大切では?
私は以前も別のブログで主張していましたが、ハローワークなどで遊んでいるパソコンが大量にあるのだから、コーナーを設けてパソコン教室をやれば良いと思います。タダとは言わないが、一回100円とか200円とか、それでも苦しい人もいるかもしれないけれども…。私もウインドウズの使い方を最初に教わったのは、ヤマギワ電気さんの無料パソコン教室で、一回1時間程度で2回か3回行きました。それくらいでは、企業の戦力にはならないというなら、何十回かやれば良いと思います。今年に入ってから一度しかハローワークへ行っていませんが、その時は以前より人は多かったのですが、ブログに書いた2年くらい前は結構ガラガラの日が多かったので。昼間一杯だったら時間を変えて5時や6時過ぎからやるとか。
ただ一つ。IT関連ならともかく、介護職については確かに人材不足なのでしょうが、安易に粗製濫造しないほうが良いと思います。サービスを受ける側からすれば、本人がプレッシャーを感じるような日本人の介護関係者に来てもらうなら、かえってニュースなどにも出ているやさしいインドネシアなどのような国から来た人にサービスを受けた方が良いと思うから。
看護関係も同じで、以前も書いたような事(12月26日 国立病院機構の葬式ごっこ、参照)をするようなふざけた看護師に来てもらうよりも、多少言葉はたどたどしくても、真面目に働く外国人の方の有資格者の方が患者さんに喜ばれるのではないでしょうか?
そういったことも踏まえてですが、公立の看護学校などもあるようですが、いったい何を教えているのかは知りませんが、少しは失業者対策に利用する事も考えたらどうでしょうか?現場ではある程度のことは見よう見まねでも出来る部分はあると感じました。
知識や技術も大切ですが、重視するのは、心ですよ!
今は、輸出も振るわないけど、安い英会話教室もお願いします。
本来、そういったことを考えるのが、日本のことを考えることだと思うのですが、重要な職にある人が自分が目立つことや他人の足を引っ張ることしか考えられないから…。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する