日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2月2日 尊厳死、安楽死

今日変なことを思い出しました。1月23日に行ったホルモンで、後から隣に来た騒がしい連中の一人にどうも見覚えがあると思っていたら、このブログをはじめた頃の昨年3月に品川職安に行った際に受付にいた男にソックリだった!
本人かどうかも気になるところですが、今日のNHKのクローズアップ現代で、いわゆる尊厳死の問題を扱っていました。尊厳死、安楽死の問題で、思い出す二つのニュースがあります。
一つは、いわゆる尊厳死の話で、数年前アメリカのフロリダ州である女性が10数年でしたか植物状態にあり、離婚した夫は生命維持装置をはずす事を希望し、そして当然ご両親は、植物状態でも生き続けることを望み、かなり物議をかもした事がありました。当時のフロリダ州の知事は、ブッシュ前大統領のご兄弟で、大統領ともども生命維持装置をはずす事を反対され、最高裁まで行ったのか?忘れましたが、結局尊厳死は認められたと言う話です。
もう一つは、安楽死の話で、イギリスのBBCで見たニュースで、イギリスのある老婦人が、当時自国では安楽死が認められていなかったので、スイスかどこか忘れましたが、ヨーロッパのどこかの国にわざわざ行き、自らの意思で最後を迎えるというものでした。その人は、医師で自分の病気が進行し、今後自分の意思では体が動かす事が出来なくなるということが予見されたため、自ら安楽死を選ばれたというニュースで、部屋に入るまでやご家族までをも写した非常にショッキングなニュースでした。
私の父の場合は・・・・まだ書きたくはありません。ありませんが、一言いわせてもらえれば、私が見た医療関係者は、あまりにも軽かった!
また確か今年に入ってからだと思いますが、ニュースで東大病院の先生が、医師とか患者の間に治療についての認識にかなりのズレがあるという統計を発表したとやっていましたが、違う意味も含めて本当にずれていると思うので今後その統計を大いに役立てて欲しいものです。
今後クローズアップ現代のコメンテーターの方が言われていたように、もっと公の場での審議や喧々囂々の論議ができるようになって欲しいと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。