日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9月29日 腑に落ちない異物混入事件

最近話題の病院での異物混入事件。
少し腑に落ちない点がある。
それは病院にも公安が紛れているはず、ということだ。
私がアルバイトをしていた順天堂医院しかり、父が入院していた国立医療センターも、また然り。
国立病院の時は、痰の吸引の後に「身罷られました」と言って吹き出していた男性看護師のカワグチや、はじめて父の所にリハビリに来た頃に、病院内で別の公安らしき男と私の背後から嘲笑して来たリハビリ医のタキノと名乗る男がそれで、他にも何人か紛れていたという。
在宅医療に向けて退院した日に「この病院には紹介で入ったの…(実際は救急車)」と言って、笑い転げていたユイと名乗る事務のおっさんもその類の気がした。
大口病院は、国立病院に比べて規模が小さいので、そういうことはないのかもしれないが、仮にいたとすると、その連中は何をしているのか?
まさかあの連中が物陰に潜みながら私にやって来たように、事件を誘導したわけではないだろうが。

スポンサーサイト

PageTop

9月20日 シロコちゃんの蒸し返し

この執拗なストーカー。
とんでもない過去の話を蒸し返すのが特徴だ。
蒸し返すだけではなく、自分たちに都合が好いように脚色してばら撒いたりする。
15年くらい前にTスタッフという会社から派遣されてKセラの関連会社で働いたことがあったが、わずか3ヶ月の短期契約の派遣先でも散々やられた。「子供の頃自閉症だった…」それも幼稚園に入る前のことらしい。そんな昔のことがなぜわかるのか?そして、派遣の仕事と何の関係があるのか?さっぱりわからない。その派遣先では前の席の女二人には仕事中に散々バカにされたが、数年前に追い出し屋の家に住み着いた女が、近所の女とその時の様子を再現して喜んでいた。

最近、妙な話を聞いた。
「シロコちゃんとお茶飲んだの?…」
という話だ。
なんの話かさっぱりわからなかったが、気がついた。
25年前に正社員で某新聞社の子会社で働いたことがあったが、やはりTスタッフから派遣されたタナベと名乗る女が実は県警の内偵だった…
その女のことは以前書いたが、なんと、その女を今年の寒い時期に希望が丘の中央通りで見かけた。
そして、たぶんその女に昼夜逆転するような薬を盛られた。
夜元気になり走りたくなり眠れなくなり、昼間はボロボロだった。
似たようなことがそのおよそ5年後の順天堂医院でアルバイトをしていた時にもあった。
このときは、薬が凄く効いて夜中に飛び起きたので、盛られたことがわかった。
そのタナベに交際を断られた日に、心のバランスを失って電車内で話しかけたのが、シロコちゃんなのか?
そんなことは、いままで50年以上生きてきて、たったの数回なので覚えているが、にべもなく断られたこと、同じ駅で降り、その女は公衆電話でこちらを見ながら連絡していたことだ。
引っかかったことがよほどうれしかったらしく、そのことをその後私が勤める会社ごとに面白おかしくばら撒いているようだ。
思い当たる節がいくつもある。
そのシロコちゃんが、私の考えているシロコさんなら大変だ。
だってシロコさんのおじさんは、その6年以上前の約31年前、私が新入社員としての研修が終わり通勤初日から電車内で私を待ち伏せして嫌がらせをし、つい最近までずっと付きまとってきた年配の男で、このブログ何度も触れている二俣川のトカゲなのだ。
そして、そのシロコちゃんはタナベともグルということになる。






PageTop

9月9日 辛すぎるジンジャーエール

このブログは、ストーカー、追い出し屋、悪質な特高警察に対処するもので、騙されたり、脅されてその連中に加担した企業の評判を貶める為のものではないので、なるべく企業名を出さないようにするが、反省も無く加担を繰り返す時は、場合によっては企業名を出すこともある。
9月9日、午後6時半ごろ、某コンビ二系の100均へ寄る。
この店の場合は、たいてい店の前にある駐車場に停めている車に特高らしい連中がいたりする。
この日は、店の前に行くと携帯を耳に当てた多少品のないメガネの男が、トマトがどうの…と言っている。ためしに「イヌか?」と言ってみると図星らしく「そう、それならいい」とか何とか言っていた。
店に入ったのは、ウイスキーを割る炭酸水を買うためだが、いつもめったに買わないジンジャーエールが目に入ったのでそれを買った。因みに100円+税。レジへ行くといつも何か小声で皮肉のようなことを言う若い暗い目をした男が、私が持って行った商品を見て珍しく動揺していた。何か小声で言ったが聞き取れず、たしかこの前に行った際に「これ辛い系の…」とか言っていた。帰りに先ほどのメガネの男が自転車に乗り何かを確認するかのように駐車場の端の方で現れた。探偵か?
家に帰り、ジンジャーエールでウイスキーを割って飲む。ウイスキーも残りが少ないのであまり飲まなかったが、妙な味がすることに気がつく。私の知っているジンジャーエールの味とはかけ離れている気がした。
9月10日、天気がよいので午前中は庭の手入れ。なぜか胃の辺りに不快な症状がある。私は胃は強いほうではないが、それほど後に残ることは無い。昨夜食べたものか?色々考えてジンジャーエールが思いついた。昼食時にそのジンジャーエールを飲むとやはり胃に不快な症状が出る。焼けるとでも言おうか。
昨春に駅前のスーパーでホッピーの炭酸水を買ってウイスキーを割ったことがあったが、すぐに腹痛を起こした。すぐに治ったが、翌日「あのホッピーの中に毒が入っていた…」という男がいたので、メガネ男と共にそれを思い出した。
午後になってからペットボトルを見るとカスタマーセンターの電話番号が書いてある。電話をするとはるな愛さんのような声の女性が出る。経緯を話し「おたくのジンジャーエールが強すぎるという苦情や意見はいままでありませんか?」と聞く。しばらく待たされた後で「ありません」と愛さんは言う。そして、製造番号や消費期限を聞かれた後で、レシートのレジ番号や担当者名を読み上げさせられる。「レジの態度はどうでしたか?」と愛さん。まあよく皮肉のようなことをいうので良いとは言えないけど、それは他のスーパーでも同じなので「いつもいるあんちゃんだよ」と私。そして、自分の電話番号を言わされ後ほど担当から連絡となった。その際に「病院へ行ってください」と二度ほど言われたがなぜかこのブログにコメントして来る人のことを思い出した。
その後、運動へ行ったが、体がだるいのでいつもの半分位にした。運動する場所のそばで「あれ私…似てるでしょ」という声を聞いた。カスタマーセンターのはるなさんは特高???ありえないことじゃあないが???
帰りに某スーパーで、自分の味覚がおかしいのか調べるためにカナダドライのジンジャーエールを飲んでみる。胃の調子が悪いのでおそるおそる飲んだ。すると、別段異常は無く、私の知っているジンジャーエールの味だ。それを飲みながら、そのコンビ二系のジンジャーエールのことをスマホで検索すると「とても辛くて飲めない」はじめ色々書いてある。それらを読んで納得した。
辛すぎただけかあ!
夜、担当者を名乗る男から電話があり、私はネットを見て合点が行ったと話したが、念の為引き取りに来ると言う。
そして本日夜担当者が来た。
悪い男には見えなかったが、店長を名乗るわりには名刺も持っておらず「これを○○店で買ったんですか?」と不服げな言い方で、まともな社員教育を受けているようには見えなかった。品質検査に出すが、結果を知らせるか?というので笑いながら「問題があったり、毒が入っていたら教えてくれ」といっておいた。するとプッと吹き出し「大丈夫だから」「大丈夫」とか言い、代金の108円を置いていこうとした。問題があるなら別だが、ただ本当に辛いだけなら受け取る理由も無いので受け取らなかった。
しかし、考えてみればもし本当に何か入っていても、特高ぐるみならば簡単にもみ消すことも出来るだろうし、あとから考えるとなぜ店長ではなく、もっと広域の担当者が来なかったのかもよくわからなかった。



PageTop

9月8日 やり口が似ている

朝、とと姉ちゃんが終わった後で、自宅の電話機に登録してある携帯の電話番号を変えた。
すると家の外で「えー!そっち?」というすっ頓狂な女の声がした。3号?
午前中に後輩に携帯の電話番号を変えた旨メールした。
私の履歴書を読んでいるせいか、昼に横浜駅西口5番街の某牛丼店へ行った。
豚丼は旨かったが、帰り際に「携帯を変えたって知らせる相手がいて…」という声がした。
声の方を見ると、店員の服を着た小柄な女が顔を隠し奥のほうへ行ってしまった。
こんなところにも希望が丘の追い出し屋グループが紛れているのか?と、少し驚いた。
東横線に乗る。東横線は、なぜかストーカーの確率が高い。なぜだろうか?
止まる駅が多いからか自在に人が変わったりする。
今日は、頼りなさそうな若い男が横に座ってきて、私が写るか写らないか位の角度で車内の写真を撮った。
しかし、食後で眠くなったので寝た。たぶん仲間が沢山いたと思う。
中目黒で降りると、その男も降りようとしたので「イヌ?」と聞いてみたが、声が小さかったのか?反応が無かった。
日比谷線に乗り秋葉原へ。先日、あるものを間違って洗濯してしまい、動かなくなってしまった。
秋葉原の安い店が並んでいる通りへ行き見ていると、客か店員に紛れた公安?か何かが微妙に脅してくる。
以前は、その辺の路上でなんかのソフトを売っているおとうさん達も使っていた。
ただ、安くても燃え出したら困るので念の為にヨドバシヘ行った。
ヨドバシ入るとなぜかマイクか拡声器を持った店員がほめ言葉を発した?
ヨドバシは沢山紛れている。
よさそうなものもあったが、めんどくさくなり有楽町のビックカメラで目的のものを買った。
JR秋葉原の駅あたりで二人組みの男が「(お前)嫌われてるの!」などと言ってきた。
他にも、携帯を変えても知らせる相手がいない!みたいなことを言ってきた。
わざわざメールを盗聴して、秋葉原まで着いてきて「お前には友達がいない!」ってか?
僕たち、希望が丘の追い出し屋グループが友達になってあげよう?って?何十年やるんだ。
20年近く前に当時いた空手カルトの自称カリスマ南郷継正大先生もよくその手を使っていた。
尾行を付けていて、学生時代の先輩方にあったりすると「あいつはスパイだ!」と叫びだす。
たまに同級生達と飲んだりすると、なぜかその会話の内容を知っていたりする。
手口が似ている。
二年位前に中泉の契約妻一号もそんな類のことをこともあろうに私の母親に言っていた。
これには驚いた!引っ越して来たばかりの30代位の女が80代の人間に向かってえらそうに脅している。
キチガイか?
たぶん今日のストーカーの絵を描いているのは、学生時代に友達がほとんどいなかった人だろう。
そして、ストーカーになるような連中も?今は公安だかソウカだかの偽の友達?は沢山いて利用されているだけなのに勘違いしている…というパターンではないかと思う。
わざわざ希望が丘から秋葉原…どころか松本や八ヶ岳まで着いてきて「お前は友達がいないんだ!」だもん。
どうしたもんじゃろのおー!




PageTop

9月5日 カスノのイタ電

昨日午前9時50分頃、非通知の電話がかかって来た。ろくな電話ではないとみて留守電にすると切れた。すると裏の家から女の笑い声がした。しかし、その住人の声とは違う聞きおぼえのある声だ。カスノの娘?
パソコンの調子が悪いのでlinuxにすると、すぐに中泉の契約妻3号が、いいよおー!と叫んだ。2号の時も似たようなことがあった。今年の春にパソコンからTOEICを申し込むと、また中にいられる、引きこもりー!と叫び出した。整形美人も今年の正月だったか、私より先にTOEICの結果を知っていたようで、大声で叫んでいた。
するとやはり2014年6月のあの5千万円よこせ!のオレオレ詐欺的な電話は!

PageTop

9月3日 リゾートアウトレットのストーカー

14199197_1098569790230629_5086015088986447143_n.jpg
この神奈川県警関係を匂わすストーカーは、留まる所を知らない。
しかし、本当にこれが警察?公安調査庁だという人もいるが、個人を30年も尾行するの?
暴力団でしょ?
仕事の振りして遊んでるんだろ?いつだったか、近所の森田の爺さんがアラカンみたいな顔をして我が家の前で「お前はおいしいお客様なんだ…」みたいなことを言っていた。
こういう連中を特高と呼ぶんでしょ?
相模原の施設の事件や、ストーカー被害届けは無視して、松本や八ヶ岳まで集団で着いてくるの???
神奈川県知事や横浜市長への訴え、5千万円よこせの電話や、交通事故に見せかけた事件はもみ消すくせに、お賽銭やお年玉の額にまでケチをつけるのが警察?
ともかく事実を書き続けるしかないが、ほんの一部しか書けない。そういえば、数年前に井ノ口さんが「書ききれないほどやってやる!」などと息巻いていたが。
そういえば、先週の木曜日に県警本部の前を通った際にカスノさんの存在を匂わすことをいうおばさんがいたが?
ともかく、9月3日。
青春18切符で小淵沢まで行く。
着いたのは昼ごろ。高尾の乗り継ぎの際に「ノープラン」などと言い笑う若い女二人組みがいたっけ。
相当数がずっと付けてきたようで大月から快速に乗ったが、横の席の本物っぽくない関西弁をしゃべり、やたらに女が男を叩く男女も「…でそう。」とか「小海線でオシ」とか言っていた。
小淵沢の駅を降りると背後から「そういう時もある」という男の声を聞いた。
観光案内所ではすでに先回りしていたようで、「アウトレットまで歩いて行こうと思いますが、一時間位でいけるでしょ?」と聞くと「やっぱりそう(躁)」などと女の人に言われた。
とはいえ、やはりこの辺の景色は雄大で気持ちが良い。希望が丘も空気が良いところだが、こういう広々とした風景は無い。赤とんぼも飛んでいた。どこから覗いていたのか、アウトレットで付き纏いの連中にやたらが「赤とんぼ」などと言っていた。
小淵沢ICを過ぎ上り坂を上り道の駅を左折、私の脚で駅から徒歩約45分。
アウトレットはこじんまりしているがいい雰囲気。
追い出し屋グループがいなければ…そういえば、帰りの中央線か横浜線を降りる際に「あーあ、これでまた希望が丘の追い出し屋のことを書いてそう(躁)」という女の声が聞こえた。
アウトレット内のことは細かく書くとイメージが落ちるので控えるが、相当数がネチネチとささやいて来る。昼食を摂った店では、外で食べたが横の席ににいた若い男女がその手の一味で、追い出し屋グループのロピアのおっさんと同じくブルドッグの小型犬を連れていた。
食事を食べていると「…でそう」とか「ウンチの世話をしている頃に…」とか不愉快なことを言ってくる。自分たちはとっくに食べ終わり、他の客が来ても動こうとしない、女の方がしばらくどこかへ行き、私が携帯を出すと男の方はやたらにビクビクしていた。○泉や野村しかり、この連中共通の傾向として、男はしつこいが意気地がない、女は図太い。
せっかく八ヶ岳の麓にまで来ていい雰囲気に浸ろうとしたが、半減以下。
ようやく席を立ったのでしばらくゆっくりした後に、駅まで戻ろうとモール街を歩いているとまた男が出現。思わず注意すると唖然としていた。それでも椅子に座ってこちらを睨んでいるのでしつけの為にスマホを出すと顔を背けた。
目線の先にはママならぬ連れの女がいて「写しやがった」とか言っていたが、たいていその程度の奴だ。希望が丘の追い出し屋の仲間のような気がする。
その後、色々回って帰りの横浜線内でも前に座った男がしきりにスマホのカメラをこちらに向けている。こちらも携帯を出すとスマホの画面からチラチラ目を離しこちらを見ている。すぐに横にいた体格の良いアホそうな男が仲間だとわかったが放っておいた。しばらくするとスマホを下ろしたのでこちらも携帯をしまいしばらく仮眠。しばらくして目が覚めるとまた向かいの男がこちらにスマホを向け、横の男が私の反応を見ている。横を向いて「イヌ!」と言ってやったら頭をかいていた。
その男が数駅前で降り、町田駅で私も降りる。するとスマホをこちらに向けていた男も降りたが、他にも相当数仲間がいたらしく口々に何か言っていた。改札を出ると若い女が「おしゃれ!」とか言っていたが、これもお仲間だろう。時刻は午後10時半近く。
希望が丘の駅に着くと、今度は改札の外でおばあさんの声で「変なの?」「ちょっとね…」とか言って笑っていた。
駅前には小学生を連れた若い男女が沢山いた。もしかしてソウカのグループ?
降りる前に「押したの?」「どっちが勝ったの?」「わからない」とか若い男がそばに来て言う。32年くらい前のアドケン絡みの蒸し返し、こういうのは警察の得意技だとものの本に書いてあった。
横浜銀行の脇の坂を上るかけると、後ろから大きな足音を立てた男が横断歩道を渡りピタリと着いてきた。数十歩歩いて立ち止まるとその男は私を追い抜いたが何か肩透かしを喰ったような顔をし、すぐにローゼンに入った。作業着姿で髪を銀色に染めた栄養の悪そうな男だったが、警察の関係者だろうか?昨年はこの時期に遅い時間に帰ると、アラカン森田の孫がママと一緒にやっぱりこんな感じで着いて来た。
そのほかにも色々あるが、ともかくしつこい。
しかし、重ね重ね不思議な連中だ。

PageTop

9月1日 整形までしてストーカー

午前9時半頃から外出。
家の外に出ると黒い軽自動車がチョロチョロしている。
エンジンの音から昨夜の車に符合した。
黒いダイハツの軽自動車○コアで、運転しているのは少なくとも私よりは若い女だった。
黒いサングラスを掛けていたので顔はわからないが、○泉の契約妻2号に似ているような気がした。
○泉の契約妻は、今年の5月頃から三代目になったようだが、みな一様に車の運転に慣れている。
一号などは、昨年の2月14日に親類の車に乗っていると、マツダのオレンジ色の車に乗って横に付けてきた。
それもたぶん緑区かどこかで、近所ではない。
黒いココ○は改造しているのか、そういう特別仕様なのか知らないが、普通の軽よりもスピードが出そうなタイプだった。
一度だけなら偶然だろうが、朝もとなるとわざとだろうが、やけに図太いところはいかにも2号っぽい。
昨年夜中の11時過ぎにアイドリングを盛んにしていて注意したことの逆恨みだろうか?
ともかく警察関係を匂わす希望が丘の追い出し屋グループは、自分勝手で、我がままで執拗。
アドケンさんなんか30年以上前に絡んできて怒鳴り返された恨みで我が家の家の前に越して来るくらいだから。
そして奥方などは越して来る前年の2000年のゴールデンウイークに、私と父がサッカーのJリーグの試合を新横浜の競技場に観に行った際に、背後で我々に嫌がらせをして喜んでいた連中がいたので、試合後にその連中も入るように写真を撮ったが、その中に写っていた女がそうだという話もある。しかし、顔が違う!整形しているというが本当だろうか?
写真を撮られたことは自覚しているようだから、その恨みで整形までしてストーカー?
何しろ暴力団並みに執拗。
話は地上げ屋商事さんに戻るが、今夜7時少し前に帰宅すると、本人ではないが似たようなおっさんが無言で目の前に出てきてうれしそうに通り過ぎた。いわゆるくれない族だが(怖がってくれない…の)
地上げ屋のお仲間か?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。