日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

8月31日 地上げ屋商事さん?

ほんの少し前、トイレに入り電気をつけるとピンポイントで裏の駐車場で車のエンジンをかける音。すぐに見に行くと走り去った。
10年位前は、二階に上る為に階段の電気をつけると、昨年は風呂に入ると、そして今年はトイレ…のパターンが多い。
いずれも北側の駐車場から見える場所。昨年は中泉の契約妻2号が夜の11時過ぎにアイドリングをしていたので注意をしたが、それ以外はたいてい北側の駐車場に止まっている車だ。
以前、昼間にそういうことをするのは、商店街の地上げ屋商事さんの駐車場に停まっているプログレが多かったが、最近は車を変えたのか見かけない。
今日のははっきり見えなかったが、もっと若向けの車?

スポンサーサイト

PageTop

8月24日 ○⭕の逆恨み?

先日、青春18切符で松本へ。
手を変え品を変え着いてくる。
八王子、高尾辺りからの中央本線に乗るとたいてい付き纏いが顕在化してくるが、その連中は大抵大月で降りる。
富士山方面に行く電車に乗り換えるのか?そこから先は受け持ちが違うのかは分からない。
塩山を過ぎた辺りだったか、スマホのカメラをしきりにこちらに向ける黒縁メガネの男がいたが、登山の姿だった。連れの女も登山向けの格好をしていたが、見覚えがあるような気もする。
景色に見惚れて携帯で写真を撮ろうとするとやたらに反応していた。
甲府で乗り換え、私の履歴書で執筆中のノーベル賞の大村先生に少しでも肖ろうと韮崎で一度降りる。
松本城の前の観光案内所で不思議なものを見た。
よくスーパーのレジ等でやられるように微妙に待たされたが、あたかも私を多少なりとも知っているような風にもとれた。年配の男女の方々が説明してくれたが、その際に横から出て来た帽子を被った年配の男が何か言いすぐいなくなった。すると説明をしていた年配男性が、あれで!と笑いながら言った。
あまり気にならなかったが、帽子の男は希望が丘で見たような気もした。
その後もずっと付き纏いは続くが、今回の主題はその男。
翌日、自宅から駅へ向かう途中で、我妻という家の辺りを通ったが、家の中から笑いに混じった罵声を浴びた。
この家には、数年前からなぜかちょっかいを出してくる年配の男がいる。
一番記憶に残っているのは、父が他界した日の朝。病院へ向かう途中でその辺りにこの男らしき男がいて、それやると死ぬよ!と私を睨みながら言ってきたことだ。
その後、ちょくちょくその家の前を通ると、何か言いたげに立っていたり、ちょっかいを出してくる。
たしか、我妻東などと書いてあったが、まさか東が松本まで着いて来た?
そして、2012年の11月に交通事故にあったが、加害者の人は、その隣の家の住人の弟だと云う。
なぜ東がちょっかいを出してくるのか分からない?
ひとつ思い出したのは、もう40数年前だが、当時その家に住んでいた私よりも3〜4歳下の男の子が、町会のソフトボールか何かの際にお漏らしをしたことだ。それも小ではない方の。
その際に私と追い出し屋の被害にあった家の同級生が一緒にいたような気がする。
歳もだいぶ下なので囃したりした訳ではなく、気の毒だなぁと思って自宅に送り届けたような記憶がある。
しかし、それは我妻という苗字だったか?は覚えていない。
むしろその家の向かいのM浦という苗字だった気もする。


PageTop

8月18日 変質者、カスノマサオ、中泉の盗聴

8月18日朝5時過ぎ、車の音と私の名前を呼ぶ女の声がした。何かと思い目が覚めた。親子四代で躁病の中泉一家が早朝から面白半分に騒いでいるらしい。
テレビを観ると、女子レスリングの登坂選手が金を取った。
当たり前だが伊調選手は実力がある…と前夜の初戦や二戦目を見ながら思った…が、疲れていたので寝た。
結局、伊調選手も金を取った。
昼頃、姉から電話がかかって来た。
すると会話に混じって、甘っちょろい声が聞こえた。たしか「そうお!」と言っていた。
後から気がついたが、狂言師の糟野正男の娘の声らしい。
また盗聴していやがる。
そういえば、1999年か2000年の頃、糟野のおばさんが言い訳のように「この辺の電話は混線するでしょう…」と叫んでいたことがあった。
しかし、昭和四十年代ならいざ知らず、混線なんて聞いたことが無い。しかも、この数年間に固定電話だけでなく、携帯電話でも中泉や青野のおばさんの声が混じっていたことがあった。
誰かが言っていた、覗きの糟野は公安?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。