日々想うこと

日々想ったことを綴っています

10月25日 夥しい数のストーカー

今週の日曜日も夥しい数のストーカーに見舞われた。
駅への途中には母親世代のおばあさん二人がいて、Oという公安関係と以前聞いた人が背後から「甘いのよ」などと言う。
行きの希望ヶ丘駅では中年男女がそばに来て「全然ダメな奴だ!」と女が言う。私がイヌ!と独り言を云い場所を変えると、そばに来て男が人の名前を言う。また動くとそばに来てまた何か言う。またイヌ!と言ってやったら、男が大笑いしていた。そのうちに離れて行った。
すると、反対側のホームでシャッター音がし、その後「クリアした」と若い小柄な男が言っていた。
こんな風に、ひとつやり過ごしても、また別の連中がそばにいて…というふうに一日中続く。
海老名駅構内の海鮮丼の店に入ると、公安が先回りして店員に化けていたのか「喝!」(朝に見た張本さんが出てくる番組の真似か)「いちいち言い返すな!」等々食事中もネチネチ言ってくる。当然客にも紛れている。食後エスカレーターに乗っていると、見覚えのあるスーツ姿の男が、じいっと私を睨んで来た。
目的の駅に着き、小田原OXでお茶とお菓子を買い袋詰めをしていると、また横にクールビズ姿の男が来て、何か言うので、イヌ!というのが精一杯。
バスに乗ると、東南アジア系の女2人が「警察の鑑識に行ってる…」を何度か繰り返す。途中駅で降りたので、イヌ!と言うと、今度は後ろに乗っていた登山姿のおばさんが「また行った!」などと言う。
さらに公園内でも色々あった。
帰りのバス停では、大勢の人が後ろに並んでいるのに、二,三人分のベンチを空けて待っていた連中がいた。注意するのも面倒だから、そのグループを飛ばして空いているベンチに座るとその中のつばの短い麦わら帽子の女が私の背後に来て「食うから!」と小声で怒鳴ったこともあった。
他にも書ききれないほどあるが、言ってくる内容も、露骨に凹まそうというものと、知人がこう思っている…をもっともらしく吹き込んでくるものが日常的にある。
これはある種の洗脳で、よほど気をつけないと人心操作されてしまう。たぶん、皆さんの中にも「誰それはあなたのことをこう思っている…」みたいなことを刷り込まれた経験があるかもしれない。
帰りに海老名から相鉄に乗ると、前に登山用の木の杖を持った男がいて、やたらと注意を惹きつけようとしていた。しばらく新聞を読んでいたので気づかなかったが、希望ヶ丘の3駅手前位で顔を見た。9月末に親類の告別式の日に南部線内でいつの間にか礼服の背中に痰を吐きかけられていた。その際に乗ったのはわずか3駅ほどだが、背後で罵声を浴びせる初老の男がいて、その時の男にそっくりだった。
本人かダミーかは知らないが、やはりあの痰は、このストーカー集団によるものだったのだ。

スポンサーサイト

PageTop

実名は?

実名?表札の実名は、小林。
一足先に別のブログに書いたら、翌朝の反応が凄かった。
広場で体操をしていたら、なにやら女の叫び声。
高校通りから中央通りへの入口付近では、神高の生徒に扮したつもりだろうが、見覚えのある若い男が何か言って来た。
追い出し屋の付近へ行くと、石井という家からの女の罵声が聞こえ、芝トラ?高校生の格好をした男女がいた。
家に着くと、アドケンさんが、シルバーのライフの中から、じいっと見ていた。この時は7時半頃、アドケンさんの出勤時間はいつも7時。
やはりあの事件は公安の仕業か?

PageTop

10月19日 希望ヶ丘の仕掛け屋達

十年前に、自宅のそばで深刻な事件があった。事件を起こしたのは、元○○省の人。裁判では、心神耗弱状態の為に執行猶予がついている。ここまではネットに残ってる。
しかし、当時その人は仕事上のミスで公安警察に目をつけられているという“妄想”から統合失調症になった…この部分が最近削除されている。
私が昨年朝の運動の帰りにその家の前を通ると、隣の家や前のアパートから女が出てきて罵声を複数回浴びた。
私にそういうことをするのは、公安か下請けのソウカの類。妄想ではなかった?
特に隣の家から出てきた若い女達は、見覚えがある気がした。
私の家の周りも、似たような連中がウジャウジャいる。
この手の連中が仕掛けた?
執拗な付き纏いや、アイドリングみたいなこともされた?
最近、その隣家の前を通ると表札が剥がされていた。しかし車は同じなので、まだいるのだろう。

PageTop

10月12日 また盗聴?

朝外で子供の声がした。たどたどしい口調で、なにかを延々と訴えている。それがやむと裏の方から、二階にいて…の説教が聞こえた。
12時頃外出しようとすると、例のアイドリングの主婦が玄関から出てきてこちらを睨みゴミ捨て場へ。この家は、代々この手の圧迫がお家芸になっている。
おばあ様も父親が散歩に出ようとするとしょっちゅうピンポイントで出てきた。また、息子たちや、この嫁も私や母親が出ようとする、あるいは帰りに意味もなく、睨みつけて来たりした。
夜、先日行ったおばの体調に気になる点があったので、いとこに電話をした。
5分位話すと、携帯が混線のような状態なり、甲高い女の声が聞こえた。「長く話すと、また治っちゃうでしょ…」とか叫んでいた。
例の主婦に声が似ていたが、以前も後輩に携帯で電話すると、アドケンさんの奥さんのような声が、最後にした。

PageTop

10月10日 親類の家の前で騒ぐ“職員”

10時頃に家を出て親類の家へ。
出掛けに見知らぬおばさんが、後からついてきた。
駅に着き相鉄に乗り本を読み始めると、背後でおばさんがマシンガンのようにしゃべっている。時折会話の内容が聞こえる。「胃が痛くなるのよ…」そういえば1998年にサンコーのアルバイトで原と浅野というおばさん達に、散々いびられて胃を痛めてから、年に数回は胃が痛くなる。
横浜駅に着くと、そのおばさんが、“職員なんだって!”というので、ソウカ?と聞いたが、フフフと笑うだけだった。
高島屋に着き、エスカレーターに乗ろうとすると、そのおばさん達が、一瞬、母親の前に立ちふさがった。
そういえば、先日の葬儀に行く際に、二俣川で急行に乗り換えたが、母親が乗ろうとすると、入口に傘を斜めに出し、乗り込む人に当たるように待ち構えていたおばさんがいたが、この類だな。
親類の家の最寄り駅に着くと、物陰から、ケンとショウで…という早口な男の声がした。いつものように、尾行を仄めかす為か。
親類の家に着き、話していると、時折車の発進する音がする。
因みに、九十歳のおばがいるだけだ。
二時間を過ぎた辺りで、外で男の叫ぶ声がした。
結局、三時間位でお暇したが、その家を出て3分も歩かない位で、いかにも探偵の様な人相の男が、オガワ君そっちじゃないよ…とか言いながらジッと私を見ていた。水色の車が記憶に残っている。人は違うが、昨年も似たような事があった。たぶん先ほど家の前で叫んだ男で、なんかの“職員”だろう。
帰りは、途中で母親と別れ三時間かけて瀬谷駅まで歩いたが、途中のつきみ野付近で通りすがりの車から“デカ!”という叫び声がした。
ああ、最近とみに新聞紙面に不祥事が多いあの団体?
ストーカーもやるの?
瀬谷から相鉄線に乗ると、座っている初老の男から、シヨウガイの…という声がした。また、別の場所にドアを挟んで座っている若い男女が、口々に、間違ってる!とか言っていた。これも“職員”のお仲間なんだろうが、間違っているのはお前らだろ!

PageTop

10月5日 礼服に痰を吐きかけるストーカー

まずは、一週間前。親類の葬儀に行くと、やはりいつものようについて来ちゃう。前に書いた小学校時代の友人のお父様の葬儀の時に正体を見たが、寿司をつまんで「ご馳走さん!」とか言って二人の公安が式場から希望ヶ丘駅方面へ帰って行ったが、やはり今回も食事目当ての公安か?
告別式の日には、行きは登戸から南武線に乗ったが、電車内で背後から罵声が聞こえた。振り向くと見知らぬメガネの初老の男がいたが、よくあることなので気にもしなかった。最寄り駅に着いてから、背中に痰を吐きかけられていたことに母親が気がついたが、乗ったのはほんの数駅なので、犯人はその男達で有る可能性が非常に高い。
私へのストーカー集団はそこまでやる。
昨日は、江ノ電に乗り鎌倉へ。行きは藤沢から乗ったが、座っていると横に大きな旅行かばんを持った二人の中国か韓国風の女が座り、カバンで私の脚をおしてくる。前にはベビーカーを押した男女が途中から乗ってきて、ベビーカーをやはり脚に押し付けてきた。ベビーカーの男女は男に見覚えがあるので間違いなく、公安とか下請けのソウカの類だが、横の韓国か中国風の女は偽装か単なる観光客かわからない。その男が「何も出来ねえ…だから」とか言っていた。女の汚い腋毛と、ベビーカーの罪無く笑う赤ん坊を見せて、癒してやっているとでも言いたいのだろうか?赤ん坊を見るのは好きだが、このときは生々しくて気持ちが悪かった。鎌倉高校前で降りると、フフフとか笑っていた。
帰りは、鎌倉駅で江ノ電を待っている時に後ろにいた、いかにもストーカーですよ…という合図を送ってきた男女の女が私の横に座った。後から乗って来た、二十代と思しき女が私の前に立ち、スマホを見ている。しきりにカメラを私の方に向けるので、中程に詰めてください…車内放送があった際に、少しずれたら?とやんわりと言うと、その女は少し横にずれたが、しばらくすると、また私の方にスマホのカメラを向ける。これは一連の嫌がらせに違いないと思い、気になるからカメラを向けるのやめなさい!と言うと、今度はビックリしてだいぶ中程へずれた。怯えるような顔をしたので、半信半疑だったが、その女は七里ヶ浜で降り、私の横にいた女も一緒に降りたので、間違いないと思う。江ノ島で飯が食いたくなったので、一駅過ぎたが降りて戻ることにしたが、私と母親が降りると、後から若い男女が降りた。女は人形が着るようなフリフリのついた服で、男は黒縁かなにかのメガネだった。最初は出口に向かったので降りるのかと思ったが、ホームに残り電車に乗り、江ノ島で降りた。男の方はしばらく私のことをじいっと見ていたが、仲間もいたようだ。
この二人もストーカー集団か?
江ノ島で降りて瀧口寺方面へ行くと、前から来た子供連れのおばさんが「予想に反して…」とかいきなり言っていた。
その後、食事をしたが食堂に後から来たクールビズ姿の若い男三人と女一人が、途中で仲間内の写真を撮りながらこちらにスマホを向け、フラッシュをたき撮った。「目元もしっかり写ってる…」とか言っていた。帰り際に荷物を取るためにその連中の横を通った際に、なぜか凍り付いていた。もしかすると、その中に行きの江ノ電の中で付き纏ってきた子連れの男女がいたか?

一体どれだけの人数を使っているのか?

PageTop