日々想うこと

日々想ったことを綴っています

5月21日 女子高生に化けたゴロツキ

朝そとで運動をするようになってからもうすぐ1年になる。最初の頃はカスノさんはじめ近所でいろいろな脅しや嫌がらせはあったが、よく続いたと思う。今日も公園へ行き軽い運動をした後、ロー〇ンのレジ袋に入った空のプラスチック容器があったので拾ってロー〇ンのゴミ箱へ入れた。店のそばまで行くと、初老男性が店に入ったので反射的に「公安?」などと思った。店に入るといつものように店員は無言。あいつに挨拶するなとこち亀あたりに脅迫されているんだろう。買いたいものを見つけた後、果物を取ろうとするとメガネの店員が若い店員に「入らない」などと言って笑っていた。若い店員は見たことがある。もしかすると私の家の前で見たかもしれない。となると、いつものようにアドケンさんの関係か?そういえばゴールデンウイークに黒い車が来て、いつもなら我が物顔で居座るのだが「クソ坊主が・・・」などという捨て台詞を残してすぐに走り去った。
夕方は、瀬谷の図書館へ。希望が丘の商店街を自転車で走っていると「お前、誰に呼ばれてんだ!」という大声が聞こえた。特高だろ?
本を読み始めると前にメガネの男性が来た。手塚治さんの「陽だまりの樹」を読んでいた。この図書館は結構不思議な図書館で、七年位前に元旦に明治神宮で例によって集団での付き纏いにあった際に、写真を撮ったらその時に写っていた年配の男性が目の前に座っていたことがあった。その人が犯人なのか偶然かはわからない。本を読んでいたらすごく腹が減ってきた。腹が減ったからといって我慢も必要だが、本の内容が頭に入らない。そばのサイゼリアへ行くことにした。この15年位、外食をすると必ずのように付き纏いが来る。そしてたいてい悪い席に座らされる。母親と一緒の時にも同様で、トイレの側とか、従業員の出入りが激しい席とかだ。たぶん暇な公務員が先回りして、何か店側に言いくるめているのだろう。サイゼリアへ入ったが珍しく店員が出てこない。めったに来ないので珍しいことではないかもしれないが、妙な気がした。軽い食事と本が読みたいだけなので気にせずに適当に座った。目の前の席には高校生の男女がいて、やたらにハイタッチをしていた。さらに後から後から来るのは同じような制服を着た女子高生の集団ばかりだった。
その一組が、アリガトー、を変な調子で連呼していた。ん?と思ったが本に没頭していた。そのうちに前のアベックの男の方がやたらに振り返って私の方を見ていた。変だなあ?また公安か?などと思ったが本と食べ物に集中していた。すると今度はまた二人組みの女子高生が来たが、なんとなくもう少し年上のような気がした。それでも本を読み続けていたが、例のアリガトー集団からは、幕末から明治始めの歴史について猛然と語る声が聞こえてきた。「働かないから」などという声も聞いた。働いている時には営業先の一軒一軒、引越しの仕事のときもほとんどすべてのお客さんになにかを言い含め、散々面白おかしく同僚の方々に私が嫌がる噂をばら撒いて、職安にまで入り込んで…働いてないから?
ここで始めて、こいつら本当の女子高生ではないな!という気がしてきた。とすると公安かなにか?すると前の席の男が私の背後の方にいた様子で戻ってきた。さらに今度は、スプーンで食器を叩くような音が聞こえてきた。少し続いたので振り向いたらその席は見えなかったが、そちらの女子高生集団の一人が私を見て笑っていたのが見えた。すると「暴れてよ!」などという声がその集団から聞こえた。さらにその男子高校生に扮した男が「ダメだ!食べ物で…」などと言っていた。ここまで来るとやはり公安関係の執拗な嫌がらせだな、と判ってきた。30年前に図らずも駅のホームで喧嘩をしたことをまた蒸し返そうとしている。しかし、電車内で相手から殴りかかられたのに応戦しただけだ。しかも相手は県警の公安だという。だんだんわかって来た。本も読み終わったので一つ連中をからかってやろうと思い、席を立つ際にアリガトー集団に向かって「アリガトー」と言ってやった。すると一番うるさい女が一瞬だが度肝を抜かれたような顔をした。
その後、レジへ行ったが帰り際にたぶんその女だろう「ただのブッサンだったのに…」とかなんとか言って仲間と爆笑していた。とても普通の高校生とは思えない迫力でゴリラのように笑っていた。
それにしてもこの連中の飲み食い代やらなんやら税金から出ているんじゃあないのか?
希望が丘に着くと交番のあたりから「おれはここにいる」または「いれる」という声がした。

スポンサーサイト

PageTop

5月20日 協力者達の交通事故作り

毎日の移動手段に自転車を使うようになってから七年近く経つ。毎日30分から1時間は乗るのでやはり事故は怖い。
午前中ある所で車と歩行者の事故を見た。前方でボーンと派手な音がして、ミラーか何かが飛んだので電柱に車がぶつかったのかと思ったら、中年の女の人が肩を抑えながら歩いてきた。車はそのまま走り去るような気配だったので一応追ったが、すぐに止まりやはり中年の女性が車から出てきて二人が話し出した。そこまで見て私は自転車で目的地へ向かった。
夕方、相撲の白鵬対照ノ富士を観るために早めに帰った。中央通りという飲み屋街から商店街に出ようとすると、前から数人の中年女が来た。私の方を見ながら「この辺で…」とか言い笑いながら斜め上を指差した。こちらは自転車だが運転中。交通事故を作ろうとしているのだろう。
もっと露骨なのは自転車で車の脇を走る際にいきなりドアを開けるという手口。
ほんの数年前に、近所の自動車整備工場の前に止めてある車の側を通るとドアがいきなり開いた。初老の男が何かを怒鳴りながらドアを開けた。一瞬しか見えなかったが、1991年年頃から私の後をつけてくる公安か探偵の男だった。1998年頃からまた数回現れた。2007年夏頃、高校時代の部活の監督さんのお母様が亡くなられた。お葬式の後、同期や先輩方と酒を飲んだ。終電が無くなるまで飲み帰りはタクシーを使った。数人で乗り、最後に残ったのが私だった。精算の時に運転手が妙にはしゃいでいる。見覚えのある顔だと思ったら、後で考えたらその公安か探偵の男だった。

PageTop

5月19日 税金で嫌がらせをするヤクザ

昨夜、テレビ朝日テレビタックルで電車内の痴漢のことをやっていた。
数年前、株主総会へ行く途中の相鉄線内で、一瞬だが、わざと胸を押し付けてきた女がいた。1998年の夏の終わり頃、京浜東北線内で気がつくと若い女が尻を押し付けてきた。この時はすぐ私から離れた。
両方とも警察の下請けかなんかだろう。
実際に触らなくとも囮の女の方から体を押し付けてきて、後になって知人達にあいつは京浜東北線内で痴漢をした!と触れ回られた。まるでヤクザそのものの手口。

先週の金曜日のNHK特報首都圏では、貧困の問題をやっていた。
50代の男性は母親の介護のために離職し貧困に陥ったそうだ。番組で紹介されていた窓口に相談に行ったところ仕事先を何社か紹介され当たったが、すべて断られたそうだ。生活保護受給の用件は満たしているが、税金だから…と本人は気がひけたようだ。
その一方で、特高の連中は税金で暮らしているくせに、臆面もなく税金を湯水のように使って犯罪のでっち上げや、嫌がらせに血道をあげている。まるでたまにニュースになる生活保護を不正受給しているヤクザと同じではないか。

PageTop

5月14日 ドンキホーテの前髪クネオ

やはりメモというのはしておくべきだ。
しかもブログにすると検索してすぐに判る。
16時過ぎ、運動へ行く途中で腹が減ったので二俣川のドンキホーテに寄る。
情熱食品で軽い食べ物と飲み物を買い、ダイソーへ。昼間ペンキを塗っていたので刷毛を探したが無い。
すると、必要の無いものは買わないのよ!などという女の声がした。
ドンキホーテを2階から出ると、すぐに三浦春馬さんを田舎臭くしたような男と眼が合った。
ほんの一瞬だが、睨んできたので反射的に睨み返してしまった。
ん?三浦春馬さん???以前もどこかであった。ブログに書いた記憶もある。
そして検索するとhttp://yuuyake10.blog71.fc2.com/blog-entry-453.htmlがヒットした。
場所は、東横線内とある。同一人物とすると、やはり旭区の〇安ヤクザ?ソウカ?
そういえば、朝とお昼頃、家の外で挑発するような声がした。
朝は男、それもじいさんみたいな。昼は、おばさん。
ペンキを塗っていると見たことのある女達が家の前を通りかかった。ソウカ婦人部か?
今日の三浦さんは私と眼が合ったあと、なぜか前髪をつまんでいじくり出した。
運動後、2軒100円ショップ寄ったが2軒とも工具売り場のところに女が待っていた。
1軒目は2人、そばにメガネの男がいてゲラゲラ笑っていた。
2軒目は幼稚園位の女の子を連れていた。
あきらめて炭酸水を買ったらレジのところでメガネのおばさんがいて、下に入っているかもしれない・・・
とか云っていたが、このおばさんも見覚えがある。
10年近く前に、ある小学校で遠投をしていた際に現れた気がする。
と、するとますますソウカ?
店の外に出ると、目つきの悪い若い男が「あいつまだ買えます・・・」みたいなことを言っていた。
意味は不明。
ただメモをしておくことは必要。

PageTop

5月5日 集団での囮

しかし、いつも思うが警察とヤクザの区別って難しい。
もちろん全員ではないけど。私にまとわりついてくる連中はヤクザと変わらない、そんな気がする。
あとでゆっくり書くが、とりあえず今日についても。
横浜から14時50分頃に品川駅に着いた京浜急行快速へ乗った。先頭車両で空いている席に座ると後ろの席で「おぼっちゃんだから…」を男が繰り返す。またいつもの嫌がらせか?と思ってチラッと顔を見た。電車が進むにつれて、後ろでその男と連れの女がなにやら声高(と言っても許容範囲)に話す。川崎で、窓側に座っていた私の横の男性が丁寧に頭を下げて降りる。私は窓側へ。そして、別の男性が通路側へ座る。すると、今度は後ろの男が何か気合をかけるような声を二度発する。これはカチンと来たので私が「うるさいぞ」と云うと隣の人がビックリしていた。すると、後ろの二人は拍車をかけるように話し出す。時折、赤ん坊の泣く声がする。赤ん坊はうるさくないが、後ろの二人はうるさい。
品川へ到着する少し前に通路側の男性は席を立つ(やはり後ろがうるさかったのだろう)。品川へついた後、私も降りるので席を立つと、後ろの男がいつの間にか赤ん坊を抱いており「こっちか」などと言う。この男は見覚えがある。よく付き纏ってくる一人だ。後で気がついたが、1997年頃に順天堂医院で掃除のアルバイトをしている時に白衣を着て現れ、翌年秋に某飲食店にも現れ、変装した空手カルトで一緒だった埼玉県警の男とからかいに来た男ではないか?その男が実際に順天堂の関係者なのかどこかの警察の偽装なのかは不明。
帰りは、18時半少し前に横浜着の京浜急行。
品川駅で「一番前に乗れ」などと指図する声がしたので、最後部の車両へ乗った。
乗ると若い二人の女の一人が「ガンプラは、話しかけそうになったから」などと言う。俺のことか?そういえば、JR品川駅のトイレで小をしていると横に来た男が「ん?なんか云おうとした?パリの方で入れろ…」などと2回繰り返した。後で考えるとこれも?まったくヤクザそのもののやり口。
そして、電車は横浜駅へ。周りを見ると目つきの悪い若い男がなぜか落胆していた。先ほどの女に「犬がしゃべってる」とこっそり言ってみた。すると駅に降りてから2,3回ぶつかってきた。周りに若い女がいたから、なにか話しかけるとでも思ったのだろうか?集団でのストーカーは、集団での囮ということか?これも後で気がついたが、もしかするとこの時の目つきの悪い男は、2009年の7月に私が車を自宅の門柱にぶつけた際に来た駅前交番のIと名乗った警官か?
18時半ごろ、横浜駅の旧シャルのエスカレーターの下辺りでは、若い男が数人たむろして、私が通りかかると一人が「これ」などと私を指差して喜んでいた。
その後、相鉄の急行に乗り二俣川へ着くと横に立っていた男が「きつすぎるからだよ」などと私の耳元で呟いて降りた。
そして、どこでだったか忘れたけど「警官を睨みついている」などという女の声も聞いた。
何度も書くけど、殺人未遂、盗聴、脅迫、5千万円よこせ的な電話、20年近くにわたるストーカー…力で押し切ろう、支配しようというやり方が気に入らないから書いているんです。
犯人は自首してください。


PageTop