日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

8月27日 あやしげな交通事故の検証

131104_141727.jpg
8月とは思えないほど急に涼しくなり、疲れ気味なので横浜へ。
行きの相鉄線から公安らしき夫婦?に付きまとわれる。
帰りも券売機で絡んできた親子が、並んでいるところにも来たので、紺色のポロシャツを着て整髪料でかっちりときめた父親らしき男に、しつこいぞ!と言ったが、眼をそらしほくそ笑んでおり、乗り際に「ソウカのストーカー」と言う。午後7時28分の急行海老名行き乗ったのは3号車あたりだと思ったが、表示を見ると2号車2番ドア。周りにもお仲間がいました。
そごうで、付きまとってきた女に「フン、本格的にいびるのはこれからよ…」などと毒づかれ、さらには法令順守、などと寝言も言っているので、彼らの犯罪の最たるもの殺人未遂を思い出しました。
2012年11月10日の事故をもう一度検証してみようと思い、下書きを書いてみました。

2012年11月10日の午後6時ごろ厚木街道の瀬谷⇔三ツ境間で、自転車で坂を下っている最中に、反対車線から割り込んできた車と正面衝突という事故に遭いました。私は格闘技をやっていて力の殺し方が身についていたせいか、相手のボンネット上受身を取り奇跡的にかすり傷ですみました。しかし、その後の色々なことから総合的に判断し、どうも計画的にやられたような気がしています。

理由は、まず事故の現場は病院の前の駐車場でしたが、事故の30分くらい前に通りすがりの車から、この後事故に遭うという予告がありました。
さらに、翌日、警察からかかってきた電話の声は前にもまったく関係のない会社の社員を装って掛かってきた声と同じでした。
加害者の車を割り込ませたミニバンの運転手の若い威勢の良い女の声は、その後たびたび聞いています。一度は、希望が丘の商店街あたりで後からついてきて「妹!」と、言ったのを覚えています。事故の瞬間には、大声で何か叫んだのを覚えています。
最初は修理のつもりで行った自転車屋に客を装っていた来ていた女は、私に“指定”とか言ってたびたび付きまとってくる女だった。
加害者のご兄弟が私の家の近所に住んでいます。
事故の夜に前の家のガスノマサオさんの家から「チクショー」という叫び声がしました。
ケンが大笑いしていました。
深夜に家の前でリョウとか呼ばれていたアンちゃん風の若い子達が大騒ぎをはじめ、私の名も言っており眠れないので雨戸を開けると誰もおらず、代わりにアドケンさんの「バン!(番長?)」という声が聞こえました。
警察署がそばにあったが誰も来なかったが、加害者の人は警官がそばにいたと言っていましたが、当初はその人は「警察」と言っていました。
加害者の人が私のことを多少知っているようなことを言葉の端々に匂わせていましたが、同乗していた奥さんという人にはどこであったかはわかりませんが見覚えがあります。
等々、書き出したら切がありません。

誰が仕組んだのかはわかりませんが、単に神奈川県警だけではなく、私が1990年代にいた空手カルト玄和が関係していることを匂わせてきました。

※写真は事故の現場を上り車線方面から撮ったものです

スポンサーサイト

PageTop

8月22日 5千万円よこせの犯人は…

先ほど振り込め詐欺についてのドラマをやっていた。それを観ながら気がついた。
前にも書いたが私も6月中旬に「5千万円よこせ」という電話を受けた。
そして110番もした。
http://yuuyake10.blog71.fc2.com/blog-entry-505.html
その犯人は?
考えてみればこの十年間位、時々妙な電話がかかってきた。
昭和60年ごろに当時やっていた格闘技の先輩からかかってきた電話を真似たものや、やはりその当時勤務していた会社での上司とのやりとりを真似た電話だ。
ほとんどが、非通知だが、いかにもずっと電話の盗聴をしていますよ、と言わんばかりだ。
ということは、先日の脅迫電話の相手をその主体は知っているか、その主体の人間が電話をかけて来たことになる。その脅迫電話の主が捕まったという話は聞いていないので、後者の可能性が高い。
そして、その主体は昭和60年から私の家のそばに住んでいるということになりはしないだろうか?

PageTop

8月18日 つかまるよ!

正確な時間はわからないが、午後7時台に希望が丘の商店街を歩いていると「つかまるよ!」という女の叫び声がした。聞き覚えがあるようでもあり…ただ、録音の場合もあるんだよね。一昨年11月10日、三ツ境から瀬谷へ向かう厚木街道の病院前で、私に交通事故を仕掛けてきた際にミニバンを運転していた女の声にも似ていた。あの大声は、八百屋さんか何かで鍛えたのか?
http://yuuyake10.blog71.fc2.com/blog-date-201211.html
しかし、あいつらよくつかまらないねえ~

PageTop

8月16日 アゴケンの親子漫才

5月ごろからだったか、朝ちかくまで散歩し軽い体操をするようになった。
すると当然、特高の邪魔が入るわけだ。最初のころは、工事現場に特高のメンバーか、息のかかったエージェントがいてあれこれ言ってきた。しかし、別段気にも留めないで数日間続けると数日前に絡んできた男がトラックの中で凍りついていた。
あるいはガスノさんが、帰りがけに出迎えに出てきたり、芋口さんが出てきたり、5千万円よこせの翌日からは、例のアパートの前を通ると、中年の男がタバコを吸いながらこちらを見ていたり色々ある。しかし、いずれも数日で終わる。
そして、この一連のストーカーの大関クラスのアドケンさん、いままでもないこともなかったけれど、たまっていたのでしょう。やってくれました。このアドケンさん(アゴケンさんとも言う)、親子三代でさらに聞くところによると親類まで使って私にストーカーをしてくるという念の入りよう。娘らしき女が、アドケンのお父さんは県警の大物だとか、アドケンは昔は暴走族にいた、だとか色々おっしゃる。さらには、公安の職員だという垂れ込みも聞いたが真偽は定かではない。奥さんの方は、若い宅急便の配達員を手なずけて時々私をからかわせている。
今朝は、その朝の散歩から戻ってくると例によって家の前にシルバーのライフが出てきた。今日も調査にご出勤か?と思っていると、バックしてきて、今度は横から黒いフリードが現れた。このご家族よほど裕福と見えて近所まで買い物に行くにも車を使われているようで、時々車で出かけたと思ったらすぐに戻ってくる。フリードは、肥満の息子が運転していた。この息子電車の中でも私に付きまとってきた過去がある。気にもせずに足を洗い家に入ろうとすると、二人で大騒ぎを始めた。一人だと大人しいが仲間がいると急に強気になるという普通の人間の本性というやつだ。皮肉を込めて「パパアアー」と言ってやり家に入る。家に入り食事を始めようとすると、まだ肥満の息子が何か叫んでいる。

以下は創作です。
「パパアア、あいつまた大きな顔をして近所を歩いているよ」「うん、おじいちゃんに言ってだいぶ懲らしめてもらったんだけど相変わらずだなあサトル」「うん、パパも昔あいつを締めたんでしょ?」「そうなんだけど効かないから、おじいちゃんに頼んで“指定”にしてもらったんだ」「さすがヒロユシパパ、大好き」「うん、パパもサトルが大好きだよ」
などとやっていたのではないか?

追記:今日の甲子園の第一試合を観ている最中だったと思う。テレビから「痴漢で」という声がした。このブログに出てくる人の声のようだった。
2008年の夏ごろ、ガスノさんの家で覗きの騒動があったがあれは、狂言だと本人らしき女が言っていた。しかし、それはそれとして、10月に父親が一時退院して私が屋根のペンキを塗っているときに、アドケンさんが、ガスノさんの家の風呂場とかいう場所を覗いていたのを見かけたよ。

PageTop

8月6日 グリーングリーンが無くなるというのに…

グリーングリーンが無くなる。
グリーングリーンとは、二俣川にある商業施設だ。
私が小学生の頃に出来、ボーリングブームに乗ってボーリング場もあったし、ゲームセンターもあった。
私は外で野球ばかりしていたので、ゲームセンターでゲームをするのがあまり好きではないが、そのことを考える時にいつもこのグリーングリーンのゲームセンターが思い浮かぶ。
今日、グリーングリーンのエスカレーターに乗っていると、後ろで「あたし、ああいう人好きじゃあないの。自分じゃあ何も出来なくせに人のことばかり言って…ヒヒヒ」などと若い女が、その母親らしき年配の女に言っていた。あまり気にならなかったが、いつものストーカーのようにも感じた。
グリーングリーンがなくなるというのに…

グリーングリーンのある階のおばちゃんに苦手な人がいる。
買い物をしても、威圧的で感じが悪い。
しかしある日、急に態度が良くなり「お客様ですから…」などと言う。
お客様?お客様の裏の意味は、公安関係者が、仕事をしている振りをするために容疑者扱いする対象だ。
このおばさんも?
と、思っていると、先週だったか?すごく暑い中を二俣川まで歩き、陸橋の横を通りもうすぐみずほ銀行へという道で、何か言っているおばさんがいるので、顔を見るとそのおばさんが笑いながら携帯を耳に独り言を言っていた。
グリーングリーンが無くなるというのに能天気に。

140806_204907.jpg

PageTop

7月30日 “あにやん”と不審なミニパト

前回、不審なシルバーの軽自動車について書いたが、ナンバーは偽装している、という声を聞いた。声の主はわからないがある得ないことではない。
7月30日、前回書いたほどの音ではないが、午前中シルバーの軽が止まっていたあたりにこんどは軽トラが止まってやはりエンジンをかけっぱなしにしている。その数日前にもあった。気にはなったが、本当に必要なら構わない程度の音なので、ちょうど芝が伸びてきているので芝刈りをした。
するとGSNさんの家から「ダメ!」という声がした。(軽トラがいなくなった後だったか?)
その夜、10時頃だったかパソコンを閉じてふと裏窓から外を見ると、やはりゴミ置き場のあたりに男が立っておりこちらを見ていた。その後、何か言うと軽自動車のような車と二人ぐらいの人影が見えた…
しかし、よく見ると車の上に何かついている。サイレンか?似たような形の車でパトカーではない車も見たことがあるが、色もパトカーのようだ。最近、警察の不祥事が多発している。不審なシルバーの軽のこともあったので…と思い。家を出て少し遠回りをして見に行くことにした。しばらく歩くと、男とすれ違った。会社員のような格好をしている。そして、パトカーらしき車の方へ向かうと、なんとその車は出てしまった。ナンバーは控えましたけどね。
怪しげですよね。
近所迷惑な車がいた場所にミニパトがいる?しかも午後10時過ぎ…

さらに、8月1日15時半少し過ぎ 二俣川ドンキホーテ前の交差点で信号待ちをしていると、小学校高学年か中学生位の数人の男が、自転車で何か言いながらこちらへ来た。一人は私に向かって突っ込んで来るようなそぶりを見せたが、当然何もして来ない。道路隔てて反対側のパチンコ屋の前にニヤニヤ笑いながらこちらを見ている中年のクールビズ姿の男がいた。その子達もなにかビビッているし、あくびが出てきたので大あくびをしたら、その男が驚いていた。どうもこれが、“あにやん”のような気がする。しかし、確信は無い。よく法律の本などに警察に飼いならされた不良グループやヤクザがこういったエキストラに使われるという話が出てくる。この子達は不良というほどではなかったが、その類か?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。