日々想うこと

日々想ったことを綴っています

6月29日 ストップ・ザ・組織犯罪

正午少し前に買い物と運動から帰り100均で買ってきたすだれを庭でかけていると、アゴケンのおばさんが出てきた。出てくるのは良いけど気のせいか嫌がらせのつもりらしい。通りかかりの人が「きれいにしてますね」などと声をかけてくれたが、アゴケンのおばさんはすぐに帰ってきた。それもよいのだが、庭で作業をしていると今度はアゴケンの家で電話がなった。それも内線で使うような音で、「このおばさんちょっと病的」と思って噴出すと、あちらさんも「見破られたか!」と、いう感じで噴出した。少し異常だよね。何度も書いているが、30年近く前にアゴケンさんが私に絡んできて怒鳴り返されたのを一家でいまだにうらんで、わざわざ目の前に引っ越してくるくらいだから、まともではない。
三時ごろにやたらに外で車のエンジン音がする。また、アゴケンさんか!と思ったがソウさんの方だったようだ。私が家から出かけると若い夫婦がびっくりしていたのでこれも?
追い出し屋の前辺りへ行くと今度は、職人風の男が携帯を耳にあて「白い靴の男です」などとうれしそうに言う。私がはいていたのは白い靴だ。こんどは、これも去年あたり越してきたくせに私が通るたびに絡んでくるマツウラという家の男が何か言っていた。私が直前に書いたブログのことのようだが、こういう連中にはわからないよ!
暑いが気分が良いので二俣川まで歩いて、そこから横浜へ行こうとしたが雲行きが怪しくなった。
そばに来た女が「勉強するのよ」などと叫んだ。見ると子供を連れていたが、いつものガス灯だろう。
結局、万騎が原の方へ行ったが家に帰ることにした。帰りがけに「張ってくれって!」というアゴケンノ娘?らしき声の後、駅で不良っぽい若い男が笑いながら私を見ていたが、知らないよ、こう暑いと一発殴るかもしれないよ。まあ自分から殴ったことはないけどね。
やはり30年近く前だが、山手線に乗っていて可なり酔っていたのでつり革に捕まりながらふらついていると、横にいた若い男が頭を押してきた。こちらは寝そうになっていたので気がつかない。2回、3回と頭を突き押してきたので振り払うと、今度は電車内で殴りかかってきた。一発殴られたところでドアが開いたので引きずり下ろして殴り返した。
相手は当時の私と同じ位の年恰好の男だ。格好だけの話だが、いかにもという不良が多い横浜でも高校までに外でこのように殴りかかられたことはない。私は体が大きかったので絡まれたことがほとんどなかった。
妙だなあ!と、思っていたら、今頃になってその相手も公安かそのエージェントだったようだ。
アゴケンさんが絡んできて1年もしない頃だ。
最近、私に付き纏ってくる若い男の中にその時の相手に似た男がいる。
もしかすると、こちらも親子?

帰りに公園で体操をしていると、そばで小さい男の子とサッカーをやっていた男が「指定がいやなら別のところでやれ!」「引いて、焼いて、切る」とか子供に向かって言っていた。指定とか言っていたので、たぶん私への嫌がらせだろうと少ししてから気がついた。この連中やることが細かいし、女性的だから…

蒸し返すようだが私は、近所であった孤立死は、不作為犯という意味も含めてこの官舎クラブとかいう警察・公安関係者の犯罪だと思うよ。だって、私の家の中のことを赤外線だかなんだかで逐一監視できるのに、そのお宅のことがわからないはずがない。しかも、その家の隣のアパートには公安かエージェントがいるのだから。
さらに、私の父親の散歩を邪魔したり病院で追い詰めたのにも関係していると思う。

先日、希望が丘の中央通りを歩いているとバブル期の不動屋さんのようないでたちの男がその当時の携帯のようなものを耳にあて「チームでやってるの」などと言って喜んでいた。

やめようチームでのストーカー。
ストップ・ザ・組織的犯罪!






スポンサーサイト

PageTop

6月17日 やめよういじめ暴行の強要

普通は昼間はブログは書かないことにしているが、忘れないうちに。
さきほどのニュースで福岡のリサイクルショップ経営の夫婦が従業員に殴り合いを強要していたという。

今朝7時半ごろいつもの朝の体操へ向かうと、近所で女が毒づいているのが聞こえた。
8時半ごろ???
暑くなったせいか、朝からアゴケンさんが家の前で快気炎を上げていた。
よく聞き取れなったが、なにか息巻いていたことは確か。
9時代に宅急便のA君がアゴケンさんの家に来た。
「代引きはもうちょっと…」
などと誰かに叫んでいる。
ウン?普通は一人での配達だが誰か相棒がいたのか?
と、思ってなにげなく外を見たが一人のようだった。
父親の生前はやたらと宅急便が来ていたが、最近はせいぜい代引き…
わが家のこと?
アゴケンのおばさんに「ご苦労様です」などと言われていた。
宅急便のお兄ちゃんが自発的に嫌がらせをするとは考えにくい。
彼だけでなく、同社のB君も数年前まで来るたびに母親が凍り付いていた。
強要!
脅迫のそそのかし!
そして、その発信源は当然ご近所。
そしてこれだけ大規模に出来るのは警察、生活科、公安の類。
あてはまるのは、アゴ…さん?
母親の補聴器に電波を飛ばして、嫌がらせみたいないことをしているのも、当然ご近所。
アゴ・・・?
公安関係者って犯罪のオンパレードみたいですが。

これを書き始めると、アゴケンではない、ありがとうの、おばさんが、「忘れるの…」などと大騒ぎを始めた。
そして、午後7時少し前。
希望が丘の相鉄ローゼンへ寄ると、ピンポイントで宅急便の車が止まった。
眼を凝らしたが、運転手はY君ではなかった。

宅急便や郵便配達、新聞配達の方々までそそのかし、脅迫を強要するのは何者だろう?

PageTop

6月15日 草むしりの男の正体は?

昨日(6月14日)、朝運動へ行く途中面妖なものを見た。
6月12日に東横線に現れた刺客(でっちあげ工作狙いの?ストーカー)の一人、メガネちゃんの方がご近所の庭で草むしりをしていた。その家は、〇暴と自称?他称?しているところだが、前に見かけた住民とは違う。きっとその人は便利屋さんで、ストーカーもやるし、草むしりをするのかもしれない。
また、この時期の風物詩となっている神高際(いまは、神高とはいわないのかもしれない)の門を前を通ると、なにやら怪しげな連中が作業をしていた。何か言うので変だなあと、思っていたら、そのうちの二人が昨夕に希望が丘駅を降りたら現れて何か言っていた。(忘れた)
さらに本日、例の追出し屋さんの前を通ると、奥さんの方が出て来て「あのトロいのまたトレーニングに行く」などと言い、ご主人は気が弱いのかチラリと顔を見せただけだった。
いまはたいてい女の方が気が強くて、男の方が弱いよね。

PageTop

6月12日 東横線の刺客

11時ごろ外出。
横浜へ行き、クイーンズ伊勢丹で弁当とお茶を買い奥で昼食。私の座った席の前を数度行ったりきたりし、後方に座った年配の男は・・・空手カルトの教祖似。
また、エキストラを使った嫌がらせか?
12時過ぎに東横線の特急に乗る。
乗った際になんともいえない気がしたので、座った席を一つずれた。
案の定、付き纏いがいた。
クールビズ姿の2人連れで、一人はメガネ、もう一人はなんとなく見覚えがある(アゴケンの関係者???)
昨日のことではっきりとは覚えていないが、求人誌を見ていたせいだろう。さりげない会話の合間に
「引越し屋やるの…」などと一人がポツリと言う。
その後
「頭が一杯になる」
などとも言った。
梅雨時でなんとなく胸が苦しかったのと、その二人が妙に滑稽に感じたのと交じり合った感情だった。
12時25分ごろに武蔵小杉で降り、電車の中の先ほどの二人を見送りながら手を振ったが気がつかなかったか?
顔を背けたか?
武蔵小杉から各駅に乗り座ると今度は前に学生風というか膝辺りまでのズボンをはいた男を含め2人が前に座った。
一人は見たことがある。先日川越に行った際に高校生の格好をし、横浜から東武線の志木まで乗っていたグループの一人のようだ。もしかするとサトウ?
ニヤニヤしながら「人が死んでもなにも感じない」「ブラジル…」「自殺するの」を何回か繰り返していた。
結局、電車で行くつもりだった目的地へは、途中駅で降りて歩いて行った。
まあ、歩いたのは1時間位だったから…
帰りは南町田駅から瀬谷駅まで歩いた。
やはり1時間位だが何度このガスライティングの連中にあったかわからない。
アウトレットモールを過ぎる辺りで前から来たニヤケた若い男が「ありがとうございました、ウン?コロンビアはもうなってる?」などと言う。例によってホモのように二人連れ。
瀬谷に近くなった頃、土木作業の格好をした人がまた出てきた。会社があった。
犬を連れたおばさんが「丈夫すぎるのよ!」などと叫んだ。丈夫だからってクスリまで使ってでっち上げることねえだろ!
駅のそばまで来るとさかんにK!などとある人の苗字を叫ぶ。
「山田が出来る」という声も聴いた。
Kという知人はいるが…
ウン?Kは、昔々・・・
あの土木作業着の男?
何もしてねえよ。

PageTop

6月11日 同じ女?

16時15分ごろ快速で横浜駅に着く。
電車の中で立っていた。
後ろで時おり「勉強するの!」とか「〇〇(忘れた)」などのように注意を喚起するような声がする。
みると隼人の制服を着た女子の二人連れで一人はメガネをかけていた。
断片的ではあるが、単語からすると公安関係なので、降り際に一言呟いてやった。すると例によってお仲間がいた様子。
横浜で買い物をしたが時おり女の声がした。
ダイヤモンド地下の有燐堂でほんの5分くらい立ち読みをしたが、近所に住んでいる男が言うように“順天堂の公安”とか、“本を買う”“先日テストが終わったから”などと言ってきた。
デパートの店員にも扮しているようで、高島屋のアウトドア用品売り場そばのトイレへ行き、戻ろうとすると数名の女子の店員が何かを語りかけてきた(忘れた)
18時34分横浜発の急行に乗る。
帰りも立っていた。
二俣川手前辺りで後ろに立っていた女に私の肘が軽く当たる。
一応わびた。
それではじめて気がついたが、その女は私服で若いがもう一人はおばさん。
若い方が希望が丘で降りた。
確信はないが、その女は行きに隼人の制服を着ていた女に似ている。
警察学校がどうの…と言っていた。
あの連中、私が書くことを当然予想しているわけだから警察学校云々はガセか?
同じ女ということはいままでもあった。

PageTop

つきみ野まで着いてくるロケ班?

140608_223529.jpg
今朝、少し驚いた。
朝の運動の帰りに自宅からの坂を下りきったところに、先日の職人に扮していた公安かエージェント系の男達が乗っていたのと同じうぐいす色の軽自動車が路駐していた。まだ8時前だった。
あのバイバイ男の住んでいる(いた?)アパートの辺でミノルンの家のすぐそばだ。
http://yuuyake10.blog71.fc2.com/blog-entry-355.html
あんな近くにいたのか。
それにしてわからない。
というのは、今日もアゴケンさんの家から出るな的な嫌がらせはあったものの、自転車で出てからもずっと尾行してきているのだなあ?
写真のはじめて行ったバッティングセンターの手前で信号を待っていると背後で「お姫様芸人」などという声がし振り向くと元野球選手で吉本に入ったという石井元投手のそっくりさんが女と立っていた。なんのメッセージだろうか?そして、このことをやりたいがために年に1,2度しかいかない大和市のつきみ野の方までロケ班が尾行してきたのだろうか?そして、その金は?まさか税金?
そして、けっきょく人が多かったのと125キロでも速く感じたので、腰でも捻ったらいやだな、と思い打たなかったが、バッティングセンターへ入っても珍しいものでも見るように私を見ている数人がいたこと。写真の時間は15時20分。
その後、そのそばのブックオフ大和つきみ野店に入るとガラガラなんだけど、私が本を選んでいると確認するように数人が来たり、「それやるとよくなるよ」「250は行くな…」みたいなことを言う、見たことがあるような学生風の男が女と来たりした。
250というのは、たぶん以前受けていたTOEFLのCBTの点で、私は8年位前に200を少し越えた位でまだ相当先のレベルだが、いままで書いてきたようにヤクザ系の付き纏いの他にお受験系の付き纏いがいるから、本当に首謀者が誰か実態が掴みにくい。
結局本を3冊買ったが、レジの時間が15時51分。
その後、別の場所へ行くつもりが南町田のアウトレットモールへ出てしまった。
当然、後から着いてきたのか、常駐している連中かは知らないがこういったところにもいるわけだ。前も書いたように服選びは悩むのが結構楽しい、それをあの連中はわからない。あおるのが好きだし、誘導しようとする。
後から着いてきたり、先回りして「モンベルへ」(アウトドア用品の店)などとしつこく言ってくる。
また、ベンチで計算しているとそばにいたアベックが「働いてないの…」などと呟いた。
笑わせるな!
先日、どこかの警官がストーカーとホワイトナイトと一人二役をやろうとして捕まったが、この連中も職安や人材派遣会社にまで職員を送り込んで求職活動を妨害しながら、一方で「派遣」だの「商社」だのしまいに「外資系」などと言ってきたり、「働いてない」と言い触らしたり滅茶苦茶。
支離滅裂な人間か、精神的に追い込むためにそういったことを言っているかどちらかだが、両方だな。

PageTop

6月6日 いつまででも

銀行へ行きたかったのだが、大雨が降っていたので横浜へ。
快速へ乗る。星川からたぶんS大の野球部の連中だと思うが数人乗ってきた。ドシン、ズシンとバックを音をたてて床に放り投げる。元高校球児として注意しようかとも思ったがそれほど態度は悪くない。みな体が大きい、しかし、そろいすぎている気もした。「あのおっさんが…」とか言っていた。
斜め前に立っていたおっさんが、ジイッと私の顔を見ていた。もしかして、あの子達も?
昨日と同様に服を見た。服を選ぶ際に、直線的に行って目的のものを買い、直線的に帰る。こういう人も多いとは思いますが私の場合はダラダラ見る。そうすると思わぬ知識を得たりもする。また年齢を重ねたせいで、いままで見えなかった店員さんのセールステクニックなども少しは考えるようになった。
それにしても、デパートといえども当然紛れている。昨日は、特にめったに行かないところだったので顕著に感じたが今日も、子供の頃から慣れ親しんだデパートだが当然。
服を買って、デパートの外に出ると急に生き返った。クーラーが効きすぎだ。買った時にそばで「ありがとーございましたー」と乱暴に言った女がいたがたぶんそれ。
本屋へ行ったが眼が疲れているせいかあまり読む気がしない。
7時のニュースに間に合うように帰る。
今日は昨日のような派手なガスライティングはなし。
と、思って気を許していると、ローゼンで酒を買い出ようとすると、「いつまででも」という男の声が背後で聞こえた。
出入り口にいたおばさん×2が、してやったりみたいな顔(どや顔って言うんですか)をしていた。
いつまででも…平成3年に薬物を飲ませて昼夜逆転させて、派遣の女(公安の囮捜査官)に花を渡した、それをいまだにねちっこく行く先々で言い触らす、同じ年の事件に関して、放火犯、誘拐犯だと事実無根の噂を流す。
こういうことを平気でやっている連中が、なに寝言云ってるのかねえ。

※アップしたとたんにア〇ケンさんが玄関から出て、頭の上で〇印をしたように見えたが…
 シルバーの車で誰か来たようだが、帰り際に「派遣?」とか叫んでいた。例によって息子か?

PageTop

6月5日 また盛って話す

朝7時ごろアゴケンさんのお宅の前を通るとご夫妻がなぜか大はしゃぎされていた。私もそのくらいのことはしますからいいのですが「また事件にする」とかなんとか言われていたように聞こえたので、前の日に書いたブログに反応した?

夕方6時10分ごろに渋谷駅の地下への入り口辺りで「また、盛って話す」などという男の声と笑い声がした。振り返ると二人のクールビズ姿の若い男だった。眼が合ったせいかなぜか凍り付いているように見えたが、その二人は先に東横の改札へ入り私は付き纏われるのがいやだからほんの少しずらして改札へ入った。18時15分発の特急に乗るとどこからともなく「どや!って顔するのよね」という女の声がした。正確には「盛って書く」という意味のようだが、こう毎日毎日やられたら書ききれない。

横浜でも少し服を見て希望が丘駅へ着いたのは19時半頃だったか?
改札に近づくとコンビニの前にクールビズ姿の男がいて例によって携帯を耳に当て大笑いしながら「がんでさぎ…」などとこちらを見ながら言っていた。隼人の生徒に扮した連中だったか「自意識過剰だよ」などという声もした。
この連中が大笑いしながら何事かを否定するのはたいてい図星の場合だ。はっきりと確認しなかったが、いままでのパターンからこの男は渋谷で「また盛って話す」と言った男の片割れの可能性がある。また「ワン」という声も聞こえた。中吊り広告によると今回の相鉄瓦版が高校野球特集なので、いつも置いてあるところをみたが、ないので改札のところにいる駅員に聞くと渡してくれたがその時も「ワン」と小声で言ったようだった。しかし、その駅員どこかで見た覚えがある。2005年のクリスマスの頃にDという引越し屋さんでアルバイトをしたが、その時にゴミ捨て場でやたらと威張っていた男がやはり数年前に希望が丘駅の改札の事務所から顔を出した。つまり彼は駅員だった、ではなくて公安関係者だった。ということはこの少年に近い若い男も?

さらに商店街を登ると隼人の野球部に扮した?一群から「持病、ナスダック」などという声が聞こえた。

PageTop

6月4日 さりげなくアウトレージ

140603_185921.jpg

2012年9月14日16時ごろ、三ツ境のクリエイトから出たところで三人位の男がスッと寄ってきて、脅しめいたことを言い、サッといなくなった…か、車で走り去った。
まるで、北野武監督のヤクザ映画の一コマのようだった。もちろん撃たれたりするわけではないが…
多少旧い話では、2000年ごろに東横線横浜駅(当時は地上)で、止まっている電車に乗っているとホームレスの人のような男がふらりとそばに来て、スポーツバッグをあけ中からビニール袋に入ったようなものを取り出した。すると、急に激しい刺激臭に襲われた。その男はすぐに何事もないかのように電車を降りたので顔を確認する暇もなかった。東横線の異臭事件とか題名をつけて書いたような気がする。
そして今日18時20分頃、買い物に立ち寄った希望が丘ライフで会計を済ませ、先ほどのビール売り場のあんちゃんはやけに音をたてながら商品を並べていたなあ、などと思いながら帰ろうとすると、いきなり「〇〇」と学生時代の友人の名前をすぐそばで言う声がした。その言い方、タイミングそして相手が見えなかった点、東横の異臭犯に似ていた。
東横線の異臭事件の後に街で「警察の人よ」という匿名希望のタレコミが女の声であったが、やはり昨年の三ツ境の件も今日のもその手の人か?
パニック障害がどうの…
発作をおこせ…
という人がいるので、いずれも私の心臓を狙った暴行事件だな。

※写真の菓子はお気に入りですが、書いちゃうと異物混入の恐れもある20年くらいガスライティングをされ続けるので、
多少の被害妄想は出るよね、なにせ紅虎餃子等の食事に細工するような相手だから・・・

以下はメモ
そういえば15時半ごろだったか二俣川の商店街を運転試験場の方へ向かう道のユニクロより手前だったか、後ろから「手ぬるい」などという声がした。振り向くと高校生姿の男が二人自転車に乗っている。いつものか、本物かはわからないがなんとなくバスの後についたりしてやり過ごしたが信号などで待ち構えていて、その後もしばらくついてきた。
道路の反対側から「プロレスを中に入れたから…」などとわめいてもいた。しばらく着いてきて、いなくなったかと思うとまた別の二人組みが出てきたりしたが、ゆっくり走ったりしてやり過ごした。これも。

PageTop

6月1日 メガネ君と帽子男の狙い

急に暑くなってきた。
最近、朝近所で運動をしている。
24時間体制で見張っているという連中のせいで朝から色々ある。
たとえば妙に通勤の人に会うなあ…と、思っていたらどうもガスライティングのようだし、今朝も運動をしていたら、若い男がそばに来たが気にせず運動を続けていたら5分もしないうちにいなくなった。そのこと自体は不思議でもなんでもないがどうやら昨日のイレ…という表現はあまり良くないのでタトゥーの青年だったか、それをイメージしたかのようないでたちだった。また、アベックが来て「回ってる…」などとも言っていた。それにしてもゴミを散らかしっぱなしにしている。昨朝来た時に気になったのでゴミ袋を持って行き拾ってきた。
一時よりは増えたが、テロの警戒だかなんだかで、最近、やたらとゴミ箱が減ったので困る。
ニューヨークだかどこかで、割れた窓ガラスを放置していると治安が乱れ、修理すると良くなる…とかの説があってためしたら、実際そうなったらしい。私がゴミを集めている間も、アベックの付き纏いは隠れて見ていた。あの手の町に蔓延ってあら捜しに懸命になって密告して500円もらって喜んでいる無駄な連中にゴミ拾いをさせたら希望が丘はもっと良い街になるはず。
午前10時ごろ、読書を始めたらなにか外で大声がする。
また、近所の工事か…
と、思っていたが30分読書をしたら昨日同様暑くなってきた。
昼のおかずを買いに自転車で外出。
外出しようとするとその工事の若い2人がいてむかついた顔をして「脚立を中に入れる」「シイ(共産党の志位さん?)シートをかたずける」などと紛らわしいことを言っていた。
しかし、この家の工事は遅々としてすすまない。
3、4日位で済むような工程をだらだらとやっている。たぶん今日の連中は工事関係者ではない。公安関係のグループだろう。見ている限りでも毎日人が違う。
この連中は、私に付き纏って行く先々で「万引き犯」「痴漢」などとあらぬ噂をばら撒いて「おいしい」とか「お客さん」などと言って生活をしているとんでもない連中だ。
自転車で少し走っていると「生活科よ」などという女の声がした。
私には、公安も生活科も公調もそして、空手カルト玄和の草も見分けがつかない。
よくごっちゃまぜになる。
希望が丘のローゼンへ寄る。その前に踏み切りのそばの店から「バイデン」という声がしてきた。バイデンというのは、アメリカの副大統領のことで私が主に2008年頃まで海外のニュースを使って英語の勉強をしていたのを知っていて、そう言っている。つまりここにも紛れている。
ローゼンで商品を見ていると黒縁メガネにスポーツ刈の男がそばに来てなにやら挑発してきた。別に気にせずレジを済ませる11時22分。袋に詰めると先ほどの男が椅子に座ってこちらを見ている。見返すと眼をそらす。そんなことを2回位繰り返すと、その男の前で小学生の男の子が急に私の前に出てきた。軽くよけたが、男の子が私の顔を見ていたので、わざとかもしれないし、その男の子供かもしれない。店を出ると「日に焼くのよ」などという女の声がした。

家に戻ると11時半だというのに先ほどの工事の二人組みはすでにいなかった。10時ごろに来て11時半にいない?
昼食を済ませると、また先ほどの連中か?外で大声で挑発するような声が聞こえる。
12時40分頃に外に出ると先ほどの工事の人がいて眼が会ったので「うるさいぞ」と言ってみた。するとなにやらまた片付けている。10時ごろに来て11時半にはいない?12時半頃に戻ってきて15分くらいで帰る???どういう連中だよ?そしてまた大声で「あの塗装は…で…ありがとうございました。」などと言っている。8割がた公安の類だろう。うぐいす色の軽で帰っていった。とても工事関係車両には見えない。
民間のそういう専門のエージェントかもしれないが…
夕方、外出。
二俣川の試験所のそばを通ると、教習車の中から見覚えのあるような男が笑って周りの男に何か言っている。とすると、教習車も使う。2009年に今川公園から下りの坂道を自転車で走っているとこの手の教習車が現れて急に変な動きをして避けようとして膝を打撲したことがあったが、やはりあれも交通事故のでっち上げか。

また希望が丘ローゼンへ。
ポイントが5倍だから(笑)
商品を選んでいると、今度は茶色の帽子を目深にかぶった男がジロジロこちらを見る。二度、三度位すれ違いジロッと観る。気持ちの悪い奴だなあ。
レジを済ませる17時46分、店を出ようと入り口の方へ行くと先ほどの男がレジに並んでいた。また見られるといやだなあ、と思っているとなぜか下を向いていた。
家につく手前で前からシルバーのライフが来るのが見えた。アゴケンを連想させたが、やはり家には車がなかった。そして6時20分ごろ外でなにやら快気炎を上げている人がいるので、もしや、とのぞいてみるとアゴケンさんのライフは戻っている。近場に車を使ってはいけないということはないが、また嫌・・・??

今日のことを思い出していると気がついた。
2005年だったか9月頃にすごく暑い日があった。その時に希望が丘ライフでやはり今日の帽子の男のようにミノルンが2度、3度と待ち伏せをし、しまいには店から出ようとすると、また前から来たことがあった。
「いい加減にしろ」と軽く肩を叩いたつもりが、派手に音をたてて尻餅をついた。
いわゆる転び公妨に近い形だ。
今日は、暑かったのでそれを狙ったのかもしれない。



PageTop