日々想うこと

日々想ったことを綴っています

3月29日 脅迫じゃねえ?

袴田事件の再審が決まっても、足利事件の冤罪が確定しても、自分達が偉いんだ、何をしても良いんだ、でっち上げでもなんでもやったもの勝ちだ、という警察や検察の一部の体質は変わらない。そう思わされる一日。

母親の誕生日と姪の入学祝で午後1時ごろ横浜へ。

出かけるのを待っていたかのように、出掛けに、ガスノさんが軽を出し、アラーさんの家の前では、96で車の空ぶかし、しばらくして振り返ったが車は出る様子がない。オカーノさんの家の前を通ると、強引なドアの開け閉め。
さらにローゼンの前では、数人のスーツ姿の男が待ち伏せて、乗らないように、などと凄む。これって脅迫じゃないか?
(名前、車名は仮)

相鉄に乗り、駅までの出来事を携帯にメモしていると、斜め前に座っていた赤ちゃん連れの男が動揺し始め席を立つ。
これも?と、思ったが、別に気にせずに本を読み始めると、嫁らしき女に促されて座ったその男が「道徳心…」などと言う。

横浜に着いて、母親達と別れ一人でぶらついていると「そごうへ、スターバックス、スカイビルの…」などとガスライティングの連中が誘導?してくる。結局、2時間位時間をつぶし集合場所へ。その後、まだ買い物があるというので姪の一人に乞われて某ビルへ。服を選ぶのを手伝っているとなにやら尾行の気配、買い物が終わりビルの外に出ると「流行のジャケットで…」などという男の声がした。昨夏に姪を連れて渋谷の109などへ言った後に、どうやらその話を脚色されて、彼らお得意の風説の流布をされたので、嫌な予感が頭をかすめた。
2008年の夏にガスノさんの娘の風呂をのぞいた…の狂言のこともある。彼らは、どんな汚いことをしても道徳心が欠如しているので、感じる心がないのだ。
再び集まり、某レストランへ行くが一杯とのこと、ビアホールへ行くと、注文の最中やレジでなにやら店員(に紛れた特高と思しき)が、皮肉みたいなことを言う。こういうのが、始まったのが1985年から。どこでだか忘れたが「盛られたの…」などという声がした。最近、体がダルオモの時があるが、また、薬物を盛られたか?

帰りは、希望が丘高校の夜桜を観ようと思い高校通りを。
すると、酒とつまみらしきものを持っていたので、たぶん成りすましだと思うが高校生の格好をした数人の男が、「誰がキャプテンだと思ってるの…」「ヨーシ」などと騒いで、小学校の方へ行った。希望が丘高校は、立ち入り禁止だった。
98年頃から外部の人間を締め出した。98年といえば、希望が丘商店街の帰り道で、学生に混じった私へのガスライティングが本格的になった年だ。
中から出てきた学生らしき女子に聞いたら、まだ咲いてないそうです。
さらに、商店街の信号の辺りで、高校生集団らしき連中が「青くねえ?」などと、若者言葉の尻上がりのアクセントで言う。
言葉で表現するのが難しいが、帰りの2件もガスライティングの一種だと思う。

こういうのって、脅迫の一種じゃねえ?

多少ふざけて書いてはいるが、彼らは、15年以上笑いながらガスライティングをやっている。
彼らは何十人となくいるが、こちらはたった一人、ストレスなりなんなりで体を壊したら終わり。

何度でも書きます。

翌日、夕方三ツ境ライフで買い物をしていたら耳元で「作るぞ!」などと言い捨てた男がいた。
夜、9時半近く、誰だろう「大げさ」という男の声が自宅の前でした。
たしかにこの1日だけを見れば大げさだが、30年以上続いている尾行、盗聴、薬物の混入、つるし上げ等は決して大げさ、ではない。

スポンサーサイト

PageTop

3月27日 今日のガスライティング

昼頃だったか、袴田事件の再審のニュースが流れ、夜のニュースでは釈放の映像が流れた。
きっと、私に30年以上付き纏っている特高の連中は見たくないニュースだったと思う。
いや、ニュースも見ないし、新聞も読んでないと思う。

夕方、横浜へ。
希望が丘の駅で改札に入ると窓際にいた男が携帯を耳に当て大笑いしていたが、嘲笑という笑い方だった。
母親の誕生日、姪の大学合格の祝いを兼ねて食事する場所を探した。
その間、執拗に付き纏ってきたので、以下メモから。
時間は、いずれも午後4時半から6時半までの間。


モアーズの食堂街で「青の洞窟やるの」(青の洞門の間違いか?)を2,3回連呼する男がいて、私がそばに行くと何か毒付いた、見たことあるような気がした。オカノか?
ジョイナスの北浜の斜め前のパスタの前では、弓道着の格好をした男女が「クロウド、クロウド!」などと言いしきりに店に入る振りをしたが結局入らなかった。
ダイヤモンド地下の階段付近で、目まいじゃない?などと女の声がした。
高島屋のエレベーターでは、スーツ姿の男二人がアオノ(同級生の名前なので仮名)などと言う。

希望が丘について中央通りを歩いていると、7年位前から我々父子に嫌がらせをしてきたイモ口さんが自転車で通りかかった。私は長年父親と一緒にいたが、温厚な父親が他人に対してあれほど敵意のある眼を見たことが無いというほど、嫌がっていた。きっと何かされたのだろう。
さらに歩くと、何度か見かけた二人連れが学生のような格好をして、スマホを見ながら、スゲー、これ中一、きかないの、などと言っていた。

袴田さんの件に話を戻すが、証拠を捏造した警察関係者こそが死刑になるべきだと思う。
アゴケンの奥さんが、いつか「おかしくなるまでやる」みたいなことを言っていたが、この長年のストーカーの意図がなんとなくわかったような気がした。

冤罪をでっち上げた人間は「だはは、見つかっちゃった?どうせ時効だよ。」位の認識だろうから、ここは法律をかえる必要がある。

PageTop

3月23日 オペラシティの怪人

母親とお墓参りへ。
出掛けに例の追い出し屋の家の方が犬を連れて家の前に来た。
旦那さんなんか人がよさそうで、とてもそういう風には見えないけど、昨年の夏に都内で食事した際にボーイさんとして来てくれた人に良く似ているので、わからない。アゴケンさんも、普段は愛想がいいけど急に変わるから…
希望が丘駅の改札付近で、2人の若い男が背後から「絶対言うよ、正義感があるから…」などと言って笑っていた。
東横で渋谷まで行く。80歳過ぎた母親がいるので、東横線からエレベーターで上へ行こうと思った。
エレベーターの前へ行くと、小さい野球のバックらしきものを持った高校生が二人いた。
よくみると、神奈川でそこそこ名の売れている学校の名前が入っている。
「君ら、エレベーターはお年寄りや体が不自由な人、重い荷物、ベビーカーなどを押している人が優先だよ」
と言おうと思ったが、囮?のような気もしたのでやめた。
改札階に着いて、ドアの開ボタンを押したまま彼らを先に出してやっても頭も下げない。
野球部は、基本的に礼儀正しいはず。たぶん囮と判断した。

渋谷からバスに乗ると途中から、二人の男が乗ってきて私の後ろに座った。一人は、剣道の防具らしきものを持っていた。15年以上被ストーカーの経験があると、ゴルゴ13とは違う意味で後ろに人が来ると緊張するので、ずれた。

墓参りが終わり、昼食をとるためにオペラシティというところへ行く。
父が他界した翌年の春のお彼岸の帰りに行った、展望レストランからの眺めが印象的だった。
そこへ行こうとエレベータに乗ると後から親子連れが入ってきた。
夫婦と小学生位の子供。
夫の方が「あれだけ書いてもまだ…」とドスの聞いた声で言う。
嫁らしき方が「西側…」などと言い、
私達が向かう一つ下の階で、会釈もせずに降りた。
ずっと尾行してきたのか?
食事が終わり下へ降りると、今度は「扱いが悪い」などとうれしそうに言う親子連れの男がいたが、
先ほどの男かはわからない。

久しぶりに親類の家へ行く。
ちょうど2時間位おじゃまし帰るが、帰り際に最寄り駅が近づくとなにやら付き纏いの気配が。
しばらく歩くと、警官の格好をした2人の男が、ジッとこちらを見ていた。
これは推測だが、希望が丘駅で後ろから尾行してきた連中の可能性がある。
二年位前に隅田川の辺にお花見に行った際にも似たようなことがあり、帰りに希望が丘駅前でその際に見た
警官似の男達が、制服を着てこちらを見ていたから…
よくやるよ!




書きかけです。



PageTop

3月10日 モノミだよ!

大引け後外出。
出掛けにアゴケンさんが出てきた。
気のせいか、ニコニコしていた。
希望が丘の駅に着くと、反対側のホームから「出かけるのがそんなにうれしいの?」などという女の声がした。
声の方を見ると、ベンチに座った若い女だった。

来た電車は、各駅停車横浜行きでそれに乗った。
16時25分頃、二俣川を出た。
2号車で、同じシートには、二人のあんちゃん風の男が座っていた。
携帯にメモするとかすかに動揺が見て取れた。
和田町からタレントのカリナさんを太らせて少しけばくした女性が、なにかブツブツ独り言をいいながら乗ってきた。

タイプではないので、星川で降りるために移動すると、先ほどのうちのひとりがなぜか、いやらしい…などと言う。
いやらしい、ってお前の黄色がかった金髪の方が気色悪いよ。
用意していた台詞のようだったが、この二人もコーア〇?
さらに同じ車両の別の場所にいた男が、ああ、帰っちゃう!などと言う。

その後、ホームセンターのコーナンに行くと、何処からともなく、「モノミだよ!」などという男の声がした。
数日前に、昼間に和英辞典で“つえ”という語を引いたら、夕方に希望が丘駅前で“つえ!”と叫ぶ男がいた。
どんな奴かと引き返すと、思ったよりづっと歳をとった男で、やはり男二人連れだった。

ここまで書いて気がついた。
モノミには、物見すなわち戦国時代などで使われた、斥候を表す用語という意味がある。
あの二人が、斥候つまり鉄道コーア〇の類、という意味だと思っていた。
しかし、モノミには、別の意味もある。
ものみの塔、から連想されるのは、宗教団体という意味だ。
希望が丘で宗教団体?ソウカ?
アドケンさんや、いつも自宅の二階に上がり、パソコンに向かうとなぜか咳払いが聞こえるカスノさんもソウカ?
そうならなんとなく納得出来る。

いや違う、ここは、素直に物見だろう。
コーア〇の類でしょ?
どうでも良いけどしつこいね。
気がついてからは、15年に及ぶ執拗な囮捜査だよ。

財布の中身をしっかり確認しなかったので、目当てのものは、手持ちの金額を少し上回った。
少し迷ったが、別の物を買い、最後にトイレに行くと、どこからともなく作業着や私服の男達が集まってきた。

なにか面白いことがあるのかと少し期待したが、作業着の二人は急いで個室へ。
残りの一人は、ジッと私の手元を…

ホモ???

これも、物見?
お見せするほどのモノではないけど、赤外線でのぞいているらしいじゃあないですか、自宅の中まで。


PageTop

3月4日 横浜橋商店街の菅さん

140305_212052.jpg

大引け後、外出。
希望が丘のローゼンの前あたりで隼人高校かな?それらしい制服の女子が「イカシカ!」などと私に向かって叫んだ。「医科歯科?」大学病院の名前なら「順天堂」でしょ?
この執拗なガスライティングは、順天堂でアルバイトしていた頃からだけど…
しかし、これも?
シバトラとかいうドラマがあったみたいだけど、本当にいつも感心する。

そういえば先日、家の前で雪かきをしていたら真面目そうな坊主頭のメガネの男が「順天堂の頃にいる」とか言っていた。あの男は、順天堂の関係者か?

最近、よく横浜橋商店街へ行く。
横浜橋商店街は、かなり歴史があり、笑点の歌丸師匠の地元としても知られているようです。
私のような新興住宅地で育った人間が、通ぶっていくところではないというのは承知しているが、電車賃を払っていっても安いから…

着いたのが18時半近かったので、シラスを買おうと思い前回眼をつけていた店はすでに閉まっていた。
別の店で聞いたら出してくれたけど、そこはその辺のスーパー並みだった。
せっかく来たので、別の店でホッケのひらきや、漬物を買って帰ったが、どこかの店で、菅元総理に似た人が私を見て笑っていた。

帰りに家の近所まで来ると、例によって別の道から男が出て来た。
何をしたいのか?たいてい圧迫するように後ろからつけてきたり、大きな音をたてたり、咳払いをする。
今回は、一人でブツブツ話している。
今週の日曜日は、朝から出かけたが、やはり似たようなことがあったので「怪我するぞー」と言ってやった。

この日は、最初、中国語で話しているのかと思ったので、「中国の人ですか?」と言ってみたが、当然反応はな
どうせ〇高のいやがらせだろうけど通り魔かと思った。
まったく通り魔と公〇は紙一重だな。

PageTop