日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1月25日 んー!

午後から図書館へ行き、数冊本を借りた。
その後、伊勢佐木町をふらつき、桜木町へ向かう途中、
信号待ちで手持ち無沙汰だったので、鉄柱を軽く蹴って遊んでいた。
後ろには、自転車に乗った男がいたが、別に意識したわけではない。
信号が青になり、ランドマークタワーなどが見えてきた。
すると、止まっているトラックから、いかにも鳶職かなにかの格好をした人が降りてきて、
荷台のあちこちを蹴っている。
運送屋にいたことがあるので、別に気にもしなかったが、変な奴だなあーとは思った。
すると、どこからともなくヒヒヒヒヒ…などと、男の笑い声がしてきた。
振り返るとそばの陸橋の上に男がいてこちらを見ていた。
なんとなく気がついた。
先ほどの自転車の男は、私の後をつけて来たはよいが、私が遊んでいるのを見て凍り付いてしまった?
私が遊んでいたのを、自分を脅すためにやったと思い、報復に仲間の鳶の男に荷台を蹴らせた???

よくわからないけど、異様に傷つきやすいから、こちらも疲れます。
怒鳴られたとか、睨まれたのを根に持って、15年も30年嫌がらせをし続ける。
ガラスのハートってよく言うけど、ていうか、んー…、病気でしょ?

こんなこともあったが…
http://yuuyake10.blog71.fc2.com/blog-entry-317.html

やはりこっち系の方々かねえー
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140123/crm14012320280021-n1.htm

スポンサーサイト

PageTop

1月11日 暴行やるの!

1月8日、夕方、保土ヶ谷図書館へ行き本を借りる。
少し雨も降っている。
18時20分ごろ星川の駅に着くと、券売機の前にマスクをした制服姿の警官が立っている。
「変だなあ?」と思いながら傘をたたみ、建物の中へ入ろうとすると、いきなり脇から傘で腹を突かれた。
すると女の声で「すいません、申し訳ありません」などと平謝りの声がした。
偶然だろうと、意にも介さずに切符を買って改札を入り、ホームへ降りた。
ホームへ行き、電車を待っていると一人の中年女が寄って来た。
各駅が来たので乗ろうと思ったが、8分待つという放送があったので、来た快速に乗った。
すると、その女がそばに来た。
なにか言いたげに、ただ横に立っているだけだった。
私は、メールをしていたので、時間が特定できる、18時33分には、その女がいた。

なんとなく見覚えがあるが、わからない。
家に着いてから「もしや???」と思い、2005年の元旦に明治神宮で私を写した写真を見てみると、そっくりな女が写っている。
参道を歩いている時に、当時小学生だった姪に撮らせたものだ。
私のやや後ろに私を挟むように二人の女が写っている。
撮った瞬間に「写真撮るなー!」という女の叫び声がした。
一人は、2002年の1月2日に川崎大師で、参拝待ちの際にガスライティングに来た集団を撮った中に写っている女で、もう一人が、その女に似た女だ。
2008年4月に犯罪被害相談窓口にもって行った際に、偽名のようだが、八柳と名乗った元警察官という人には、「違うよー」などと、とぼけられたが同一人物だ。
電車内にいた女は、後からホームに来たような気がする。
傘で私の腹を突いた女と同一人物の可能性がある。
そうなると、白昼(でもないが)堂々と県警の警察官立会いでの暴行ということになる。

1月8日は、みかんを買いに松原商店街へ行った帰りだった。
店は、雨が降ってきたためか、ほとんど閉まっていた。
結局、スーパーでみかんを買ったが、その際もレジで若い女の子に何か言われ、その後
「変わらないか…」などという女の声がした。
その後、立ち寄った100円ショップでもレジのおばさんに犯罪者か何かのような目でみられた。
たいてい、買い物客に扮した探偵か警察関係者が、先回りしてレジの人になにかいうと言うやり口だ。
同じ女だったのだろうか?
しかし、2005年ならもう9年、2002年なら12年、付き纏ってきたことになる。


今日も17時10分ごろ、鶴ヶ峰ココロットの菓子屋へ行くといきなり「ニテンは、無理」などと男が言う。
菓子を買った後、メールをしていると、いつものごとく「刑事さんよ」などと女の声がした。
その後、その上のTUTAYAの本屋へ立ち寄り雑誌を見ていると何人もの男が、私の持っている鞄にぶつかってきた。
特に気にしなかったが、「暴行やるの!」などと言う男がいた。
また、横浜の特高の強引かつ執拗な囮捜査か?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。