日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9月27日 押し売り

お年寄りを狙った、振り込め詐欺や、リフォーム詐欺、詐欺まがいの被害があとをたたない。
ご近所で、それに近いことがあった。
まったく油断も隙も見せられない。
ただ、私があっているガスライティングの経験から、警察なり公安なりが本気で対策を考えれば、かなりのものが防げるはずだ。
前にも書いたが孤立死などもだ。

まだ、父親がいた頃に週に数回散歩に付き添った。
すると、誰が知らせるのか?かなりの頻度で原付に乗った警官が現れた。
場所は、たいてい孤立死のあったお宅のすぐそばだ。
また、露骨に散歩中に嫌がらせをする連中もいた。
防犯のジャケット着て、犬の散歩にかこつけていたので、どやしつけたこともあった。

先日、横浜の某デパートの紳士物の靴下・下着売り場へ行くと、中年の女の店員がジロジロと遠慮のない視線を送ってきた。売り場にいる間中そんな感じだった。そのデパートには、バブル頃にそうやって圧迫して売りつける店員がいたのを思い出した。気分が悪いので、別の売り場で買い物をした後でもう一度寄ったら同じことをされたので注意をしたが、売り場を離れる際に、その売り場にいた目つきの悪い男の店員がこちらを睨んでいた。髪が薄かった(笑)
その後、地下へ行き、レジへ行くと気のせいかレジの若い女が「文句!」「読んでください!」(書いてください、のことか?)などと言う。

翌日、二俣川の某スーパーへ行くと、レジのそばで女の店員がゲラゲラ笑っていた。その時、言われたか確信はないが、どこかで「押し売りに間違われたの…」などという声が聞こえた。
ということは、あれも暇をもてあましている、特高の仕業か?
レジの男に袋と商品を別々に渡された。

今日も、夕方、最近よく行くスーパーで、5分ぐらいの滞在時間中に35歳よりは若いとおぼしき女性2人が入れ替わりにやたらに私のそばに寄ってきた。うれしいというより不気味だった。スーパーへ入る際に、ニコニコ笑ったおばさんがついて来た。

その後、某ブックオフへ行くと、今度は本棚を隔てたところから中年の男女が大声で話しており、時折、他人をからかうような文言が入っていた。いかにも…という感じだった。

特高が、暴行や痴漢のでっち上げに躍起になっている時に、お年寄りや、社会的な弱者が詐欺や孤立の危険にさらされているかと思うと、なんのために税金で給料をもらっているのか不思議になる。

追記:この文を書き始めると、にわかに外で女の咳払いが聞こえ始めた。
さらに、原付が来て「やめろ」などと言って走り去った???
こんな夜中(午前一時半ごろ)にも赤外線?で監視しているなら、その労力をご近所の困っているお宅に向けられないのか???

追記2:翌日、午前中外に出ていると、自称(他称?)○棒のシュミーズさんの家から「わかってるよ!わかってるから、のってて…」などという怒号が聞こえてきた。私に言ったのか?勘違いか?

追記3:9月29日、数年ぶりで日本橋の百貨店へ行くと、ある階では「またで」という女のうれしそうな声がした。さらに上の階で祭事というのか通路に店を出しているスーツ姿の若い男に、「手で…」「防止!防止!」などとすごい勢いで言われた。さすがにムッと来たが、ここで切れると特高並みになるので、グッと堪えた。

さらに東京駅前の書店へ行き、色々本を選んでいると若い男女がついてきて「久しぶりに哲学の本読もうかな…」「岩波」などという。男の方は、青っぽいYシャツを着ていたので、日本橋の別のデパートの前で絡んできて、私に睨まれた男かもしれない。その後だったか「わざわざ犬がいってやってんだぞ…」などと意味不明の叫び声が聞こえた。
店を出ると、「まだ出来てない」などとスーツ姿の若い男が携帯を耳に当てながら叫んだ。

その前の週も墓参りの後にその本屋へ行き本を読んでいると、そばに来て電話をする振りをしながら「アイフルの…」などと言う三十代位の男がいた。「外でやれ!」と言ったが、効き目は無かったようだ。店を出ようとしてくだりのエスカレーターに乗っていると「きれいなおじさん」などという声が、すれ違った大学生風の数人の男の中から聞こえた。
まったく特高の自己中心的な行動には、いつもながら辟易する。


スポンサーサイト

PageTop

9月19日 ダイヤモンド地下街の石川ひとみさん

嫌なことを日記に書くのはどうも負の連鎖のような気もするが、夕食時に母親に不満をぶつけてしまったので、やはりブログの発散は必要ではないかと思う。そんなわけなので、書きます。
そうそう、その後でアゴケンさんご夫婦が上機嫌で家の外に出てきて、「そうか…か、ありがとう」などとやっていた。以前も姉と口論した後にアゴケンの息子がうれしそうに真似していたが、また盗聴してたのか?

9月19日木曜日。
朝9時半頃に家を出る。駅への途中、最近、出来たような家の前を通りかかると、そこの住人だろうか、若い男と植木屋風の男が、「これジインベリー」などと言い笑いあう。この家は、長く時間がかかったようだが、建築の最中に通りかかると、何度か挑発されるようなことを言われた記憶がある。また、昨秋事故にあった日に相手側の親類の人が、なぜかこの家のことを言っていた。
今年の5月頃だったか、その家の前を通ると、小学校低学年位の数人の子供が、小さな岩のようなものを投げつけてきてヘラヘラ笑っていた。こういうことを私にするのは、やはり住人は特高か?

多少混雑している相鉄に乗り後ろ向きのまま少し下がろうとすると、後ろの人ががんばって下がれなかった。そういえば、6月に英検1級を受けに行った際に、横浜で降りようとすると相鉄線内で後ろから何回か脚を引っ掛けられた。
だから、俺はアゴケンじゃあないって!
でもわざとだよな!
そういえば6月がどうのと7年位前から言われるけれども、二俣川でアゴケンに絡まれたのは、1984年の6月だったのか?

横浜駅に着いて株価をチェックするために交差点で信号を待っていると、目の前に髪の毛を茶色に染めた若い女が出てきた。またいつの美人局か?さらに株価をチェックし終わると、高島屋の前の交差点で今度は別の女がスマホで電話しながら後ろ向きに立っていた。背中に絵が描いてあったが、これも?

その後、11時ごろに有隣堂へ行き、スポーツコーナーへ行き少し本を眺めていると、横に「お前邪魔だどけよ」までは行かないが、それに近い勢いで若い男が来た。普通は気を使って場所を移動するが、こういうタイプは…と思い、動かなかった。すると反対側の店の出入り口方面に若い女がいて、ジッと私を見つめていた。
往年のアイドル歌手の石川ひとみさんのような感じで、髪型も「あまちゃん」にも出てくる1980年代の聖子ちゃんカットみたいな、今時いないだろ!みたいな女だった。それこそ、じぇじぇ!だよな。
この女が興信所なのか、神奈川県警の美人局なのかは知らないが、その後もう一度株価を確認しに行った後で、やはりダイヤモンド地下街ですれ違い、相手は目を伏せていたから間違いないだろう。

その後、そごうへ行き食料品売り場を見て回り、まずパンを買うと、すぐ後で台車を押しながら来たメガネに短髪の学生のような男が、「間違ってる!」などという。さらに、惣菜を買った後、中年の女が「何も買わないと言われるから…」などと言って笑っていた。
いや、腹が減ったから買ったんですがね。

株価が気になったので家に帰ることにする。
相鉄の改札を入ると「アー!」などと失望する女の声がした。
12時半頃の横浜発の相鉄線急行。ホームに着いたときに「じゃあ、44分の快速に」という男の声がした。よくある特高の刷り込みか?
電車に乗るとすいているが、ガラガラではない。
座れるが、結構昼の電車内は傍若無人な人がいる。
一人で二人分を占領したり、携帯電話で通話をしている人もいる。
そういえば、最近あまり電車に乗らないが、十年位前に比べてあまり電車内で通話している人は見かけない。
数人分離れた座席で、口ひげを生やしてはいるが、会社員然とした服装の若い男が、やはり二人分を占めて携帯で話していた。二俣川までは気がつかなかったが、いや気にならなかったが、二俣川近くなった時に「わかったの?」などと言った。二俣川を過ぎて、また電話をかけ、車内放送で「携帯電話での通話はご遠慮ください」というのが流れても、話し続けているので思わず見てしまった。
すると、急にわれに帰ったのか「いま電車内だから…」などと言って通話をやめた。
希望が丘で降りるとどこからともなく聞き覚えのある女の声で「入れたの」だか「出したの」だか忘れたが、した。どうも昨秋に事故にあったときに止まって相手方の車を入れたミニバンの運転手の声のような気がしたし、やはり昨年だったか、寒い頃に、駅を降り中央通りを歩いている時だったか「妹!」などと後ろから行ってきた女の声のようだった。
ストーカー犯の一員だろうか?

追記:9月20日、昼12時少し前に、車を運転していて南台の交差点を曲がった時に
「…を、振り切るのよ!」
などと女の叫び声がしたが、同一人物のような気がした。

PS:翌朝、庭で新聞を読んでいると、アゴケンの娘がアゴケン家に来て、オリンピック、と言い残していった。
そういえば、その昔、希望が丘にオリンピックというスポーツ用品店があった。


PageTop

9月14日 敬老の日だろうが・・・

明日から台風だというので、敬老の日の前倒しで、日頃の感謝をこめて母親と食事へ。
特高の嫌がらせは、敬老の日どころか、法要でも、葬式でも、結婚披露の集まりでもお構いなしだ。
私が、一部の警察関係者を特高と称する所以だ。

11時40分頃に家を出る。追い出し屋の家の前で、戸を開け閉めする音が聞こえ笑い声と共に「痴呆」などという男の声がする。どうしても絡まないと気がすまないらしい。
希望が丘の駅に着きパスモにチャージしていると、叔母の真似をした女や「ダメだ…」という男の声が聞こえた。

母親との待ち合わせに時間があったので、色々見て回った。モアーズの前の東急ホテルが無くなっており、テントが張られ屋台か何かが出ていた。東急ホテルで、父親の三回忌をやった際も特高がボーイに紛れていて、私の真面目なスピーチの途中で露骨な笑い声を立てた。

結局、老舗のビルのイタリアンへ行ったが、私の直前に割り込んで、予約をした中年女は見覚えがあった。順番が来た際には来なかったので間違いないだろう。

いつものことだが、ウエイターやウエイトレスも言葉の端々に挑発するようなことを言う。
だから、俺はアゴノじゃあないって…
いやただの粘着系の嫌がらせだな。
横の席にいてドラマの話を声高に語り合っていた意地の悪そうなおばさん二人もエキストラかなんかだろ。

食事の邪魔をしてなんの意味があるんだよ。
帰宅後、8時過ぎだったか、アゴケンさんの奥さんが道に出てきて「訴えてやる」などと言ってた。
まったく困ったもんだ。

PageTop

二俣川の特高 その2

9月12日昼頃、二俣川の王将で昼食。後から隣に日焼けとタバコの脂がにじみ出たような渋いおじさんが来た。私の注文が来た後に男の店員が伝票を持ってきて、「またイットをやる」とかなんとか横で言う。
隣のざこば師匠風の男の肘が軽く私に触れる。その後、「大丈夫だ…」などとその男が言う。
だから俺はアゴケンじゃあないって何百回やるんだよ!触った位でぶちきれたりしないって!
29年前にその近くで起きたことを根に持って、毎日ストーカーじゃあたまらないよ。
会計の時には、私のすぐ前に入った母娘風がいた。娘風は高校の制服のようなのを着ていたが、私に向かって「レバニラ」などと叫んだ。エージェントだな。
さらに夜になってもSEXとか言いながら、女がついて来た。昨日は、我慢汁とか相鉄の地下道上の駐輪場付近で王将にいたのと似たようなメガネちゃんが言ってきたが、同じ連中か?

9月13日15時半ごろ。そのそばの銀行で用を足して出ると、中年男がジッとこちらを見ている。横には、ふくらはぎに絵を描いている男が、背を向けて電話をしていた。駐輪場で自転車を出そうとすると、バイクに跨った男が、まるでロデオかなにかのように白いバイクの上で動いていた。横にいた年配の男と中年の女は私の反応を見ているような気がした。この連中も…

PageTop

鶴ヶ峰の美人局 その2

鶴ヶ峰の美人局を書いた頃に、思いついて美人局について検索してみた。
すると「警視庁美人局」という漫画が出てきた。
明るい系のエロ漫画だが、内容は100%創作とは言えないと思う。

ウィキペディアには、
正式名称は警視庁特別捜査支援室82課。痴漢などの性犯罪者を取り締まるための専門部署として秘密裏に設立される。全国から集められた美人警官で構成されていることから美人局と呼ばれる。その美貌を生かしたハニートラップ(いわゆる美人局〈つつもたせ〉)によるおとり捜査を得意とする。
などとある。

そして、最初にこの漫画のことを調べた際には、この漫画に描かれているようなおとり捜査は実際に行われており、何人か警視庁の担当者が処分された…と書いてあったが、削除されたようだ。

私もそういえば…ということがいくつもある。病院ばかりでなく、風俗店にも“おや?”と思うような女がいた。また、昭和の終わり頃だが、満員電車の中で目の前の若くて美貌の女性が、スカートのホックを外したこともあったが、どうやら囮だったようだ。
美人局のことを書いた交差点のそばのブックオフで、この漫画を買った際に、気がついたら自転車のタイヤの空気が抜かれていた。
以前もブログに批判を書いた翌日に、ランニングしている間に自転車のタイヤの空気が抜かれていた。

コレハケイコクダ…
みたいな?

露骨なおとり捜査は、憲法違反のはずだけど…
まあ、あの人達は憲法なんて関係ねえ!という感じですけどね。

PageTop

新宿駅の美人局

9月7日、横浜中央図書館へ行き、閉館時間の5時で出る。出て階段を降り、下の石のベンチの所にいると、短パンの若くて脚の長い女が階段を昇り始めた。一瞬目で追ったが、横に座っていた目の細い若い男が反応を確かめるようにこちらを見ていた。
9月8日、午後2時少し過ぎ。新宿駅の東口のアルタ方面の階段を昇っていると、ミニスカートの女が昇っていた。一瞬見たが、その直後、階段の途中にいた女が、私に向かってOKサインを出した。16時台に新宿のルミネ近辺で、いかにも…という感じの二人の若い男が前から来て「痴漢にするってよ!」「そりゃあ良いや!」などと私を見ながら笑っていた。
18時何分か、希望が丘の駅で「大丈夫だよ」「ほんの一瞬見るだけだ」などと笑いながら若い男女が語りかけていた。
そんなことをやるために、わざわざ新宿まで尾行かよ!
新宿に3時間位いたが、エレベーターガールに声かけろ、とか、風俗へ行け、とかやっていたのも、公安???

PageTop

9月1日 東横線の前髪クネオの不思議

メモというのは、やはりしておくものだ。
憶えているから大丈夫と思っていても2,3日経つとコロッと忘れている。

9月1日、たぶん18時ちょうどあたりの渋谷発急行元町中華街行き。
何十年と慣れ親しんだ東横線渋谷駅のホームが、今年から変わってしまったので、どこの辺りに乗ったかは、はっきりとはわからない。

電車に乗るとシルバーシートに二人の大学生位の男が座っていた。
一人は、俳優の三浦春馬さんを百倍位田舎くさくしたような感じで、もう一人は少しごつい。二人とも帽子をかぶりストリート系の格好をしているが、どことなく学生っぽさが抜けていない感じだ。
しばらくして気がついた。もしかして、この連中もストーカーの一味?と思っていたら、言葉の端々にそれと匂わせることを言う。
そして、たいてい彼らは単独ではない。そう思ってまわりを見るとすぐ横にそれらしきスーツ姿の男がいた。ということは、この二人はアルバイトか???
ともかくシルバーシートの前に立っていると一人が、
「前髪クネオで…」
などと言う。ご存じない方のために、前髪クネオというのは、NHKの「あまちゃん」に出てきた物語上の歌手で絶えず前髪を気にしながらクネクネ踊っている人です。
意味は、分からないが、後は「優等生みたいなことばかりして…」
などとも言っていた。

その日も運動生理学のことについて調べたかったので、東京の某図書館へ行ったのだが、読みたい本が貸し出し中だった。しかし、ベンチで本を読んでいると横にいたグリーンの短パンをはいたMrビーンをもっと若くしたような男が、ファッション雑誌を読んでいたかと思うと「明日のアサは、ナンパするの…」などと突然言い出した。
なぞのストーカー集団に「明日」とか「アサ」とか言われているので、じぇ?(これも「あまちゃん」に出てくる表現ですが、実際に岩手で使われているようです)と思ったが、こんなとこまで尾行か?と思った。
この連中ともかく自分達が思い描いた人物像にするためには、何でもやる。
暗示をかける、薬物を飲ませる、電車内やホームで肩をぶつけたり、言葉での挑発、そして美人局(まあ女を囮に使うことですね)。
そして神出鬼没!どんなところにも潜り込み、何にでも化ける。(眠くなってきたので詳しくは書けない)そして、その日もそうだったが、電車などであらかじめ乗っている点。
いまは携帯電話があるから、見張りをつけて連絡を取り合えば良いのだが、携帯の無い昭和の頃からやっていた節がある。いややっていた。
不思議だが、眠くなってきた。
ともかく、この二人は横浜駅で降り、昇りのエレベーターに乗っている際も、「ケンタロウ君ジャン」などと言って笑っていたので、「イヌ!」と言ってやったら、たぶん電車内で横にいたスーツ姿の男だろう、後ろから来て「ガッキ!」などと言い捨てた。楽器???

PS:これを書き始めたらアゴケンさんが家から出てきたようで、ギャク!などと言っていた。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。