日々想うこと

日々想ったことを綴っています

6月27日 健康的なストーカー

某社株主総会へ。
ローゼンの前に小学生の集団が座っていた。中から「言えば!」などという声がした。駅前交番の前にも大勢の小学生が座っていた。無邪気な子供には交番もかたなし。
その集団の中から「指名手配!」などという声も聞こえてきた。

9時55分横浜発 京急快速最後尾に乗る。
気がつくと若い男が横にいて、何かをいいたげに盛んに髪を撫でている。おそらく蒲田から品川まで、しきりにそんなことをやっていた。
品川駅に着くと、私の後ろが開いてるにもかかわらず、無言で私を退かそうとする。無視すると、こちらを睨み首をかしげながら降りたが、直後に見覚えのあるおばあさん系の二人のご婦人が、笑いながら、すいません、と言い前の席に座る。

総会の会場に入る前にペットボトルのお茶を持った数人のクールビズ集団がなにか言いながら威嚇してきた。
総会は、すでに終わっていた。
社員の方が「毎年、30分位で終わるんです」
などと言っていた。
その後、某証券会社で株価を見ていると、その直前にすれ違ったおばあさまが話しかけてきて少し株の話をした。「秋くらいから上がるんですって…」などと言っていた。
11時頃、愛宕神社に坂から登った。縁起を見ていると、隣りにおばさんが来て「躁鬱」などと言う、その後数人の団体が来て「もう決まってるのよ!」などと口々に言うので少し驚いた。
その後階段を降りると上にもいたアベックがいて、かなり良い、などと言う。

13時頃、霞が関ビルの前に行き陽だまりで求人誌を眺めていると、「その前は何やってたの?」「総武線!」「府中にいっぱいある」「山崎かいてるの、気持ち悪いよ」などとクールビズ集団が口々に言う。
当初は、バスで行こうと思っていたが、バスを待っている間に後から人相の悪いクールビズの三人が来たので、というわけでもないが、色々寄り道しながら赤坂、乃木坂、青山経由で歩いて渋谷まで行く。

東横線にのる。東横線が、埼玉の方へ行くようになり便利になったと言えば言えるが、渋谷からは座れる確率が低くなった。
歩いて疲れたので各駅停車に乗る。
19時10分頃、妙連寺から灰色ズボン、Bのバックルのベルト、ネクタイはしている人としていない人がいた、の少年達が乗ってきた。周りの席が開いてるにもかかわらず、私の周りに立ち、決して眼はあわさないが、「いまさらあやまってもらっても…、でもむかつく」「むかつく」などと、どことなく引っ掛かるような話をする。降りる際に、「テストと仲間で…」とかなんとか言う。
その前は、武蔵小杉からHマーク、青いズボン、伸びかけ坊主頭の二人が乗ってきて、タチバナがどうのというが、私は疲れが出て居眠りに入った。
このHマークの二人のうちの一人そっくりの男が、翌日二俣川近辺に現れた。
どうやらこのふた組もガスライティングのようだ。

横浜から相鉄線急行に乗る。座席に座ってメールを始めるとどこからともなく
「いままでのこと憶えていてまた書いちゃう…」みたいな女の声がした。
すると前に若い二人の女が来て一人はマスクをしていて、
「強すぎるから、マークしなきゃあ」
などと笑いながら言う。
陰湿なストーカー行為を、さもスポーツかなにかのように健康的にやられたようで何もいえなかった。
19時45分ごろ希望が丘に着く。
つるかめの前で、ちょい呑みフスティバルの券を売っていた。
2500円も高く感じる。
鳥正の前に救急車が来ていた。


追記:これを書いた当日の朝7時15分ごろ、家の外で「…時45分でコウウツ…」とかいう男の叫び声が聞こえた。
追い出し屋グループだろう。

スポンサーサイト

PageTop

嫌がらせだけは、一人前

先日のNHKの特報首都圏で、今は若者達中心にツイッターやLINEといったインターネット上のつぶやきが流行っていて、彼らの多くは、パンクしないために呟いている、とやっていた。
本当に不思議だが、ためないで呟くだけでもだいぶ精神的な負担は軽くなるのだ。

ためておいたことは色々ある。
もちろん日々のガスライティングのことだ。
4月15日 昼の13時45分ごろ二俣川の三菱UFJ銀行から出るとパトカーがUターンして急にサイレンを鳴らして「左のオシ」などと放送し、希望が丘方面に走り去る。
「左」とか「オシ」(差別用語)というのは、ガスライティングの連中が私に言ってくる言葉だ。
その後、家に戻って株価を見ていると14時20分ごろ「警棒に行ってるだけだって…」などと女の叫び声が、品の無い笑い声と共にこだました。
4月18日 午後16時半ごろ、三ツ境のみずほ銀行から出ると、ああいう車何というのだろう?ワンボックスにサイレンをつけたような車両が現れて「デンコウをお願いします」などと言って走り去った。
デンコウと言うのがしばらくわからなかったが、たぶんその頃、電気工事士に興味を持って少しかじっていたのでそのことだと思う。
もちろん、この二つは私に言ったと限定されるわけではないが、思い当たる節が多々あるので可能性が高い。
これだけでなく、走っている救急車に何か言われたこともあるが、公安関係のの成りすましの可能性もある。

6月20日、21日両日ともに雨のために大引け後は、二俣川駅の周辺へ行く。
20日は、西友へ行くと「アゴケンはカワイイのよ」などと言われた。声の主は見なかったが中年以上の女の声だった。その後、ライフの本屋で癌についての本を立ち読みをしていると、「また行く!」などと女の叫び声がした。
21日は、18時半ごろドンキホーテの情熱食品で買い物をすると、いつもここであるようにレジの女性が意味不明なことを言い、その後「フン、買うの?とっとと出て行きなさい…」などというたぶん生活課関係の女だろう、声がした。
その後、二俣川駅の建物内で民主党の街頭演説が始まりかけていた。
前にも書いたが2005年の小泉劇場と言われた衆議院選挙の際に民主党の議員に入れると数日後、「こいつ民主党に入れやがった」などと帽子をかぶった男に言われた。この男、当初は70歳位かと思っていたが、案外私の年齢に近いかもしれない、と最近思うようになった。憲法違反の候補者は何人かいる。
その元議員もいたので、ガスライティングのことも含めて言ってみようかとも思ったが、どうも不穏な気配を感じたこともあって見送った。すると、王将や仏具屋のそばの駅の建物から厚木街道へ出るビルの階段を下りようとすると、後ろから圧迫するようなことを言いながら二人の男が来て一人が「押したくない」などと言う。こちらに「怪我したいの?」などと言う暇も与えずに、笑いながらエスカレーターに乗り込んでいった。
一人は、黒いTシャツにメガネ、もう一人は良く見なかったが、スーツに白Yシャツノーネクタイだった気がした。
帰りに相鉄線の歩道橋を渡ると少し伸びかかった坊主頭の男をはじめ数人が待ち構えていて「7月に終わる」「8月に終わる」などと口々に言っていた。

まったく、嫌がらせだけは一人前!

追記:6月23日、横浜からバスで鶴ヶ峰まで神奈中バス帰ってきた。
後ろの席と横の席、たぶん他にも数人のガスライティングの連中がつけて来て、18時10分頃に鶴ヶ峰駅前で降りるとすぐにすれ違いざまに「ずっとやる!」と言われた。


PageTop

脅迫は、警察も認めている

最近名古屋で、暴力団が警察の捜査官へ「家族に危害を加える」という脅しをかけ、その犯人を逃がしたので弁護士が逮捕されたというニュースがあった。

思わず笑ってしまった。
なぜかというと、私は、自宅や横浜近辺で家族に危害を加えるという脅し、70代、80代の親への脅しを、この15年位に数え切れない位受けてきたからだ。
「希望が丘に住めなくしてやる」という脅しや、商店街での嫌がらせも無数に受けているからだ。
その脅しによって、求職活動を執拗に妨害されてきたからだ。
しかも、加害者は神奈川県警関係者を匂わせているからだ。

これに関して、6月13日18時ごろだったか、横浜駅近くの某デパチカの漬物屋で「脅迫は、○ネコ(私にだけ通じる警察の隠語)も認めている」と言う白衣姿の男がいた。
盗聴は?風評被害は?スリは?薬物を飲ませたことは?放火は?私が乗っていた車をパンクさせたのは?塩攻めは?「撃たれるぞ!」「刺されるぞ!」という脅しは、認めないのか?

犯罪とわかっているなら自首しなさい!

追記:これをアップしたとたんに、アゴケンの息子が「アッ・イタタタタ…痛い、失敗した」みたいなことをうれしそうに言いながら外に出て騒ぎ出し、アゴケンさんが「出ないからだよ」などと、言い訳をがましいことを言ってライフで出て行った。
さらに夕方5時過ぎに緑牧場(仮名)へ行くと、若い男がそばに来て「この野郎、書きやがったな…」などとOLのいびりのようにこっそり言って逃げた。

PageTop