日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

8月18日 相鉄バスのストーカー

今週の日曜日にズーラシアへ行った。
ナイトズーラシアというもので、夏季限定だと思うが気持ちが良い。
今までも何回か行ったが、色々な思い出がある。
オカピを始めて見たときは、今のように檻の中に入れられてはおらず、最初はやはり炎暑の中でほんの少し後姿を見ただけだったが、そちらの方が神秘的だった。
何年前だか忘れたが、レストランで食事をしていると、空手カルトの本部道場で一緒だった当時の大学生の男が現れた。別人だと思うが、実によく似ていた。
「瀬木(仮名)をやった時、面白かったなあ!」などという声がすぐ後に聞こえてきたので、集団による意図的な嫌がらせだろう。
閉園時間ぎりぎりまでいて、8時55分発の鶴ヶ峰行きのバスに乗った。
親類の子供達が前の方に座り、私は少し離れて一人席に座っていた。
バスが発車し、しばらくして携帯を見ると
「河原(仮称)さんからメールが来ないの…」「勉強してるんじゃあない?」
などという声がした。直前にメールを出したので、少し気になり、顔を上げると目の前に立っている三十歳位の少しふくよかなメガネの女だった。降りてからわかったが、男一人、女二人のグループのようだ。疑ったが、とても特高には見えなかったのだが…
しばらくすると、すぐ背後の二人席の会話が聞こえてきた。なにやら挑発しているようでもあった。
「リオット…これは少し動揺しただろう」
リオットは、発音が悪いが、たぶんriotでその前の日かに自室で以前録画したBBCかなにかのビデオを見ていた際にriotという単語が出てきたので、盗聴していて、それを自慢したかったのだろう。
そして、降り際の最後に
「ナンゴウ!」
と、言い出したのでカチンと来た。ナンゴウというのは、空手カルトのさえない教祖の名だ。やはりストーカーか、それにしてもナンゴウはこんなガキにさえなめられているのか…
ここではじめて後の席を見ると若い男女が座っており、男の方は眼をあわせないように下を向いていたが、いかにもエージェントかなにかのような連中だった。
「フン、お子様!」
と言ってやったら、反応が無かったので降りようとすると、
「最後に…」などとまだ言っていた。バスのストーカー行為も結構ある。
例えば、昨年の10月16日都岡のかっぱ寿司で少し早めの夕食を食べた後で、三ツ境まで乗ったバスの中でも、私の後ろの席の若いグループがそれらしい態度だった。
まったく、おちおちバスにも乗れないねえ!

スポンサーサイト

PageTop

8月7日 トカゲの腹筋

もう五年位前だろうか?母校の中学校のそばの公園で体操をしていると、小さな男の子を連れて、飛行機か車のおもちゃを持った若い男がやってきた。おおかたの運動も終わったことだし、子供連れなので気を使って場所を譲ると、その男は勝ち誇ったような薄笑いを浮かた。
「俺が怖くて逃げたんだろ…」と顔に書いてあった。
この手の男は、小、中学時代にクラスではまったく目立たずに、ごくごく少ない相手とよからぬ遊びをしていた、そんな鬱屈した過去を大人になってから晴らしている人のような気がした。
こんな書き方をするとはなはだ不遜だが、そんなタイプはどうも合わない。本気で相手をしようという気が起こらない。気が起こらないが気分が悪いので…
午後から外出し、横浜の某書店へ。ここは駅から少し離れているせいか人は少ない。
五番街の入り口で、若い警察官が私服の男と前から来て「残りを…」などと言う。
立ち読みというのはあまり良いことではないが、買ってしまうとそれで満足してしまい、積読になってしまいがちになる。良い本ほどそう思う。
気に入った本を読んでいると、上に書いたようなタイプの二人の男がそばに来て、一人が「○○ちゃん」と知人の名前を言った気がした。あまり良く聞こえなかったのと、この手の立ち読みでの嫌がらせは、以前よくあったが久しぶりだったせいかピンと来なかった。本に集中していると、いなくなり別の場所でその二人の話し声が聞こえた。
すると、また別の二人組みが来て、赤い表紙の本をとって「これすげえな!」「買おうか…」「いや高いよ…」などとそばでごちゃごちゃ話し合っている。うざかったが、まさか、邪魔だからあっちへ行け!とも言えないので、そのままにしておいた。
だんだん疲れてきたので、店を出ようとするとレジにいた先ほど私の顔を確認するように来た店の男だろう「今度来たときにあの本買え!」などという声がした。俺に言ったの?…聞きに行こうかと思ったが、やめた。この横柄なものの言い方は、きっと店の人の格好をした特高の類だろう。
その後、知人達と合流して東口で食事。
前に何度か行ったことがあるビルへ。景色の良い店で夕食をとることにした。
何組か待ってから入る。ここには来ないだろう…と思っていたが、そうでもないようだ。
注文を聞きに来た若いあんちゃんに、あのゼロックスの隣の細い鉄塔なに?と聞くと、さあ?なんで僕がそんなことを聞かれなくちゃあならないんだろう…みたいな態度だった。
店の印象はちょっとしたことで悪くなる。ああ、あんなのはアルバイトだから相手にしなくて良いよ、と言って終わった。その後、トイレに行こうと店を出ようとすると「タイソン」などとつぶやく男の声がした。俺のことか?するとまたストーカー???
トイレに入り用をたし終えると、若い男がなにか言いながら勢いよく入ってきて小便器の前に、さらに後から茶髪の貧弱なハーフ風の男が何かを小さく叫びながら入って来て、洗面台に向かう。
思わず、こいつら俺のことを脅しに来たのか?と思うと噴出してしまったが、半信半疑だったので「犬か?」と言い残してトイレを出た。トイレを出ると正面のベンチにトカゲのような顔をした男が、何か言いたげに細い気色の悪い眼で私をみながら足上げ腹筋をしていた。
広場では、知らない歌手がステージで歌い、それなりの人達が見ていた。
夜7時ごろだったか、そごうから日産へ行く辺り、いつもならこのあたりの夜景が気持ちが良いが、蒸し暑いのと節電のせいか?
あまり夜景が楽しめなかった。

PageTop

8月5日 介入したのだ

今朝は、男女の話す声で目が覚める。
「○×△%&…」「トイレのことよ…」
しかし、以前背後で男の声がするので振り返ると、そこには若い女しかいないことや、話し合う声がしたのでそちらを振りかえると、一人しかいないことがあった。どうも録音した音声を使っているらしい。しかも、こういうことをするのは、それを生業にしている興信所や特高の類だからできるだけメモにとどめておこう。
午前中から外出、横浜へ。
西五番街口を出て、大和證券の前あたりで女の声で「さえてるじゃない。ランニングしてるもん…」などと聞こえてきた。交番の前に、黒っぽいパンタロン(って今言うの?)を着ている女と眼があうと、あわてて向こうがそらしたので声の主と関係は???
次に「岩崎弥太郎だよ!」「波だよ」「違う」などと刷り込んできた。
午前中なぜか株価が上がっている。下がったものは上がるのだから問題は無いが…米の雇用統計か?
まあ、いいや。(後で政府・日銀が為替介入したと知った。)
昼は、先日書いた指図をするスーパーへ弁当を買いに行く。
普通、横浜のように人の多いところは、少々のことを書いてもどこの誰かもわかるわけはない。しかし、心なしか違う。グラム数を計る男の人は、気のせいか私を避けるように出たり入ったりしていた。
やはり生活クラブが先回りしていたか?
だが、何ごとも無かったんだからまあいいや。最初牛丼にしようと思ったが、最近一時的な肉恐怖症に陥っているので魚を食べようと思いさばの切り身を入れる。
後場になりまた株価をチェックしながら過ごす。
ここ2週間ほど暑さが和らいだが、今日は久しぶりに暑くなった。暑くなると、女性の肌の露出が高くなる。こういうときに美人局のような連中が暗躍する。
何年か前の夏、東口のルミネの前あたりで、一人でメールをしている女がおり、その少し離れたところから、数人の作業着姿の男がジッと見張っているという光景を見た。
ちなみに夕方だったが、作業着は汚れていなかったとようだった。
株価をチェックして、五番街の郵便局の前当たりを通ると、なぜか背後に人の気配がしたので立ち止まる。このような場所は人は多いが、第六感とでも言いますか…
立ち止まって振り返ると、なんと小学校時代のガキ大将仲間がいる。太っているので別人か疑ったが、そうだ。しかし奴は教師のはずだが… 夏休みか… 私が立ち止まったので動揺したのか、そいつも引き返し郵便局の中に入る。
ダイエーの本屋へ行こうと五番街を歩き始めると、あやしげな風俗のティッシュを配っている男が、私を見て一瞬確認するように「痴漢をするところを…」とか言っていた。
また株価をチェックしながら為替が2円ほど円安になっているのに気がついた。
介入した野田(のだ財務大臣???)
大引け後、先日のように日産ギャラリーへ行くが今日は閉まっていた。

PageTop

8月2日 陰湿な正体を見せ始めた奴ら

最近、朝屋外を通る人間の声で目が覚める。
昨日は、「あっち、こっち」という声だ。
今日のは、「村にする」でかなりはっきり二度繰り返していたが、共に男の声だった。
村にする、というのは聞きようによってはとても陰湿な言葉で「村八分にしてやる」という脅しかもしれない。
しかし、声の主はたぶんせいぜいこの十年以内にこの辺に越してきた人間で、やっかいなことに警察関係かもしれない。
他に可能性として大きいのは、空手カルトの草だが…被っている確率が高い
大引け後、母親のお供で外出しようとすると原付のエンジンをかけようと躍起になっている音が聞こえる。近所のおばさんだ。駅前に着くとこのおばさんが、すでにバイクで先回りして前から走ってきて母親と私の方を見て渋い顔をしていた。
相鉄ローゼンの前を通るとご老人達が屯している。それは、まったく構わないがその中から何かこちらに向かって捨て台詞のような声が聞こえた。
先週の木曜日に外出しようとして、午前中にこの辺を通ると背後からピタリと人がつけてくる気配がしたので、さりげなく手を振ると「○○は躁鬱だぞ!」などと私の苗字を叫ぶ声がした。チラリと振り返ると白い帽子をかぶり、すでに60代か70代くらいの男だった。
この手の年配の男が、2005年の郵政民営化が争点となった衆院選挙の頃にも私のそばに現れて「こいつ、民主党に入れやがった」などと捨て台詞を残した。
戦前の特高警察の生き残り…にしては若すぎるが、まあその類だろう。
夜は、学生時代の友人と飲み会。
横浜駅に着くと、前から来た男が「正面の男と合う」などと言いしばらく歩くと別の男が「俺と合う」などと刷り込んできた。他にもヨドバシへ…などと言ってきた。
この手の人海戦術による刷り込みは、98年に中華街などでさんざんやられた。
99年には横浜駅で酔っ払って相鉄線を待っていると列車が来た際に「飛び込め!」などと言ってきたことが、2,3回あった。たまに列車に投身自殺する人がいるが、その何割かは案外こういった特高関係者が糸を引いているのかもしれない。
待ち合わせの店に着くと、すぐ後からクールビズ姿の若い男女が入ってきて我々のすぐ後ろに座った。まさかとは思ったが、2時間位過ぎこちらも少し酔ってくると、やたらと私の手や肩に後の席の人間がぶつかってくる。後は先ほどから変わらないメンバーだ。
この時点でようやく気がついた。特高かもしれない。
店を出る頃になると、今度は別のクールビズ団体が、私の方を見てせせら笑ったり「ノリがおかしい」などと言ってきた。
眼が合うが私の位置がずれると微妙にそれる。しかし、目線の先には誰もいない。
「あいつは、我々に逆らう危険人物だ。顔をよく覚えておけ…」
とでもやっているのだろうか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。