日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7月29日 同じ男

夕方某郵便局に配当金をもらいに行くと、
「痴漢にしたいからやったんだよ!」
などと言う男の声がカウンターの中から聞こえてきた。またいつもの嫌がらせか?このあいだ書いたブログの反響か?
カウンターにはどうも見覚えのある年配男性の職員がいる。
昨年そことは別の郵便局でたくさんの人が配当をもらっている際に、私にだけ身分証明書の番号を控えて良いか聞いてきた人だ。
金額が多いから…
などと言っていたけれども、私のはウン千円かそこらで、私の前に何万ももらっている人達がいたので、
「どうして私にだけ言うのですか、嫌がらせですか?」
みたいなことを聞いて、
「私の判断でしました。」
のようなやりとりをした記憶もある。
しかし、その日は身分証明書を出そうとする前に配当金をよこしたので、思わず
「身分証明書はいいの?」
と、聞き返した。
「良いですよ!」
などと威勢良く言っていたが、私が受付に行くと椅子から転げ落ちそうになったので明らかに動揺していたので気の毒になった。
同じ日にお菓子を安く売っている店に行くと、店の人にどうも見覚えがある。
あとで気がついたが、この春、某書店で無愛想に振舞っていた若い男の店員だが、この日は愛想が良かった。
なんで同じ人が???
移動と転職???
そういえば前に、人権擁護委員会と、社会保険事務所の受付に同じ若い男がいた。
これは???

スポンサーサイト

PageTop

7月26日 やるの、やらないのって?

24日でアナログ放送が終わったが、私はすでに一昨年地デジへの移行を済ませた。
日経の情報を元に5千円以下のアナログテレビ用のチューナーを西友で買いアナログテレビでも地上デジタル放送を楽しんでいる。
しかし、最近このチューナーの調子が悪くなってきた。頻繁に途切れる。
もう2ヶ月位前からだったか?インターネットで検索すると、このチューナーを作った会社は倒産したそうだ。
ガーン!
地デジ用のテレビも一台あるのだが、このテレビも必要な時もあるので、電源を切ったりしながらまだだましだまし使っている。やはり聞いたことの無いメーカーはダメか?
夕方、瀬谷区某スーパーで買い物。
スーパーへ入ると不穏な空気を感じたが、まず二階のトイレへ行く。疲れていたので、エレベーターを使うとベビーカーを押しながら若い男女が乗ってきた。
普通は、ドアを開けといてもらったら会釈位はするのだが、この二人連れはそんなまともな人ではなかった。ベビーカーを押している男は、壁を見ながら「アマノ(仮名)はもうすぐ切れるって…」とかなんとか独り言をいいはじめた。女はおもむろにストレッチを始めた。
またしてもテロリストの襲撃か…
不注意だったか…
しかし、私はゴルゴ13ではない。
一階へ戻るとやはり様子がおかしい。レジの女の子達が私の方を見て笑っている。
すでに特高が…、まあいいや…
すでに時代は変わりつつある。公安とか生活科とかいう暇人のねちっこいいびりに遭っている人達が私のように日記をつけてくれると、その時給稼ぎのくだらないいやらしさの社会認知度が高まって、少しは世の中が明るくなるだろう。
レジでポイントカードを出すと、ポイントがつくまで10数円足りなかった。
ガーン!
品物を袋詰めしていると、若い大学生位の二人連れが笑いながら「やめるって…」などと言いながら立ち去った。これも…
やめる?このストーカー行為を?
そりゃあありがたいけど、二十年も続いているんだから、ありえないでしょ!
自転車を走らせ家路につく。すると案の定、女の声がして「やるって…」などと刷り込んできた。この連中はこういうのが得意だから。
ブックオフの前を通ると縁石に座っている二人の男が笑いながら「20円足りなくて行かなかった…」などという。
また少し走ると前からギャル雑誌に出てくるような10代らしき日焼けした二人の女が「パンツチラチラ見せているのが…」などと言っていた。
ああ、何年か前に相鉄の中で小便でもついてそうな汚いパンツ見せポーズとってた女が二回位出てきて、その女が2009年6月19日に二ツ橋の交差点に現れて「生意気だからやるの…」とか言ってた。ああいう若いくせに人を人とも思わない態度をとるのは、特高に洗脳されている証拠らしい。
ああいうのが痴漢のデッチ上げとかやるのだろうか?
さらに走っていくと、ある女が「○○って書きなさいよ!」などとそのそばの某ファミレスの名前を言っていた。

PageTop

7月25日 今から行きます

夕方、軽く運動をした後でいつものように自転車を走らせていると隣町の小学校の前だったか、携帯を耳に当てた太ったおば様が、「いまから行きます」などと私の方を見ながら言う。相手は誰だろうか?
私が今から行くのはスーパーで牛乳を買いに行くのだが…
そして、そこには二件のスーパーがあり、一つは安さを売り物にし、もう一つは普通だが果たしてそのどちらに行くかわかるのだろうか…
そもそもこのおばさんは、このあたりに巣食うスパイだろうか?
私に向けて言ったのだろうか?
そんなことよりも牛乳は、どちらのスーパーが安いのだろうか?
しかし、安い牛乳は、体に良いのだろうか?高い牛乳とどう違うのだろうか?
などと、哲学的な???思索にふけりながら結局普通の方のスーパーに入る。
牛乳も色々ある。いつもなら安いものを買うが、毎日のように採る物だから体に悪いものは良くない、100円以下は心配だ。
ということで、中くらいの値段のものを買いレジへ行く。
どこが一番空いているだろうか?一番前のレジへ行く。
サービスカウンターには見覚えのあるわりと若い女の店員がいてジッとこちらを見ている。
前のおばさんが、たくさんの小銭を出してレジの人をてこずらせている。後を見ると背の高い中年の男が並んでいた。
すると先ほどの女が私の後ろのレジに入ってきて、つまり私のすぐ後ろに来て「大丈夫」などとレジの人と言葉を交わした後で「ふん、トイレに行かないから…」などと言う。なんとなく意味がありそうなことを言う。
私の記憶には不快な色がついているので、たぶん前にこの女に不快な事を言われたのだろう。
前の人はまだ小銭を数え終わらない。
再びサービスカウンターを見ると、別の女の店員が先ほどの見覚えのある店員に対して、自分の顔の前に片手を持ってきて謝っている。
ようやく数え終わった。
会計を済ませカウンターで買ったものを袋に詰めていると先ほどの中年男性が横に来て、すばやく袋つめをしている。
私は、先に袋つめをすませ彼の背中に「お先に…」と言ってやった。
ちょうど六時頃だ。

PageTop

7月20日 書かないでよ!

台風もようやくおさまったか?四時過ぎに外出。
緑園都市方面へ散歩。
冷蔵庫のビールがなくなったから買おうと思い5時少し前にMという酒の量販店へ立ち寄る。
二十年くらい前は、この手の店はスーパーなどと比べても大変安く感じたが、今は下手をするとスーパーやホームセンターの方が安く売っていることがある。買う量にもよるが、私が見たかぎりでは種類によってはスーパーの方が安い。
店に客はいないので気を抜いていたせいかまたやられた。
後から来たふてぶてしそうな二人のおばさんのうちの年取っている方が、私の後ろから「イモグチ」だか「イモムシ」などと叫んだ。
あっけにとられていると、二人でうれしそうに「ビールじゃなくて発泡酒」「のどごし」などと言いながら、「のどごし」を手にとった。
わざわざ尾行してここまでやる執拗さ。これは特高か?そのエージェントか?
店を出ると、白い軽の脇に性格のきつそうなおばさんがたしか犬を連れてしゃがみこんでいたが、私が通り過ぎるとそちらの方から「書かないでよ!」などという声がした。
最近この「書かないでよ」というフレーズをよく聞くが、書いて欲しくなければこの手の陰湿なOLのような嫌がらせをやめれば良いのにと思うが?
ひょっとして、普段目立たないこの手の連中、自分達が目立ちたくてやっているのかも知れない。

面倒だけど、書いてあげよう!

PageTop

7月16日 逆じゃあねえの!

半月くらい前だっただろうか?
自宅の塀をモルタルで補修していると、小さな男の子を連れた男が通りかかり
「フン!ラッツ!」(だっけ、マウスだっけ?)とか言いながら通り過ぎた。
いかにも、僕は賢いんだぞ!という夢の中にいるような態度だったが、顔はそれほど賢そうではなく、むしろ電波系だった。
5月のはじめ頃だったか、道を自転車で走っていると、
「ホント、運が良いな!ブログがなかったら今ごろなってたんだよ!」
などと言う男がいた。
そうだ、ブログがなかったら今ごろなっていたんだろう、何に?
精神的に破綻をきたしていたのだろうか?父親のようにストレスからパーキンソンになっていたのか?
ということは、計画的にそうしようとしていたという犯行声明とも受け取れる。
この男は、特高関係者のような気がした。

ブログが発散になっていることは確かだが、ブログをはじめたのは2005年頃ではじめたきっかけは、友人へのメールをことごとく盗聴され、勤務先等々でばらされるので仕方がなく始めたのだったと思う。

この24時間体制でどこに行ってもの、妙な付きまといが始まったのは、1991年頃で、激しくなったのは1997年の順天堂医院で掃除のバイトをしていた頃から。
東大系の秀才の多い空手カルトにいたのは1992年から1998年のはじめまで。
順天堂には、空手カルト玄和の大幹部近藤成美准教授がいる。
ホームページで肩書きを見ると医局長などとあるので、白い巨塔よろしく権力を私的に濫用している可能性がある。

今朝、8時過ぎにパソコンで仕事を探していると
「フン、電気は(?)嫌なことを書くから…」
という男の声が外で聞こえ、続いて小さな男の子の声が聞こえた。案外冒頭の男だろうか?
「書いちゃったからもうないのよ!」
という女の声もしたが、リアルタイムで盗聴しているのだろうか?

もう一度書くと、ブログで空手カルトの批判を書き始めたのは、2005年以降。
特高のこととなるとごく最近の去年くらいから。
妙な付きまといが始まったのが1991年。
1992年から正社員としては働いていない。
書いたから、付きまとう?
書いたから、仕事がなくなる?
おかしくねえ?
どう見ても逆だろう?


PageTop

7月14日 指図をするスーパー

昼頃から外出。暑い!
横浜へ出て株価を確認。今週の頭までは、この夏にどこまで株価が伸びるか、という期待があったが、またユーロ圏の財政不安、米雇用統計の予想外の悪化等で、期待が薄れる。
駅周辺を歩いていると、「また秋葉原へ!」などと刷り込んできた。
また暇な東大系のパシリにされている特高か?
昼は、すき屋でも行こうかと思ったが、うどん屋の割引券があることに気がついたので東口まで行ったが、ちょうど正午ごろだったのか、人が大勢並んでいた。
外に出て店を探すと「文化堂」という新しいスーパーがあることに気がついた。
弁当でも買おうかと思ってみていると、自分でおかずを選んでグラム数で値段を決めるという画期的な方式だったので飛びついた。
おかずを選んでいると、「茄子、茄子、茄子を買うの!」などと横で誰かが言っている。茄子は、嫌いじゃあないけど、予定外なので却下。横を見るとそこで計って値段をつけている店のおっさ…いやナイスミドルいやシルバーかな、だった。
選んだものを持っていくと、私が茄子を選ばなかったのになぜかうなずいていた。
彼は、この調子でいつもお客さんに接しているのだろうか?
いつもこの調子で売り上げを伸ばしているというなら笑えるが、私だけにやったんだろう。
きっと生活科とかいう特高にそそのかされたに違いない。いや成りすましか?
連中は店の評判とか責任なんて言葉を知らない世間知らずだから、気をつけたほうが良い。
大引け後、帰ろうかと思ったが、暑いので早く帰っても仕方がない。みなとみらい方面へ。
日産のギャラリーで新しいラフェスタを見る。ここはゆっくり車が見れるので数ヶ月に一度は行く。金があるときに車を買っておけばよかった。
しかし、レンタカーをかりてもしっかりと特高は尾行してくる。
もう十年前になるが、2001年に仕事でレンタカーを借りて栃木の方へ行った際に、途中でタイヤがパンクしたが、あれも???あの時にガソリンスタンドのそばで、軽自動車に乗って私の行き先と反対側をだまって指差していたおばさんも?
その後、セキチューへ行く。
この辺は特高が多いらしい?不快な思いをすることがあるが、場所柄行ってしまう。
しかし、ここも1階のレジのお姉ちゃんや、2階のレジのお兄ちゃんが精算をした後で「何か文句ありますか?」みたいな態度だったので、いたのだろう。
いたいた1階で私の前に並んでいおじ様、領収書をもらっていたが怪しげ。
店を出ると先週書いたような存在感の薄いクールビズ姿の二人の男が「偉いじゃん」などと言いながら私の前を歩き、そのままその隣の中古車センターの事務所の方へ行った。
私が中古車センターへ行くと、特高が先回りをするか、ついてくるらしい。
24時間、365日体制で、陰に日に付き纏って嫌がらせをする。
まさに本に書いてある通り。
帰りの相鉄線に乗ると、爬虫類系似にている若造が、さきほど書いた軽自動車に乗ってたおばさん似の人と私の後から乗ってきて、すぐそばに立ち、あれこれ挑発してきた。

PageTop

7月7日 七夕のへび

午前中から外出。10時頃に横浜の大和證券で株価をチェック。するとどこからともなく「大物がいないから…」などという声が聞こえてきた。声の方向をみると交番の前に数人のクールビズ姿の男達がこちらを見ながら笑っている。
株価をチェックする合間にひさしぶりに○フマップへ行く。
古いPCのメモリを増設しようかと思い、中古のメモリーを見る。それらしいものがあったが、前に見たものと形が違っていた。
今日は七夕だ。
昨年の今ごろ入谷の朝顔市へ行ったなあ!
会場からスカイツリーを見たっけ。会場へ行きスカイツリーの写真を撮ると警備の警察官の方から「ケイカンを写す」などという声が聞こえてきた。私に言ったのだろうか?
ここで昨年のブログを見てみた。あれからもう1年たったのか?
思い出した。八重洲の感じの悪い寿司屋で昼食をとったあとで日比谷公園へ行き休んでいると、横にきた男がそのころ自宅内でやっていた英語の発音練習をはじめた。そして、八重洲のみずほ証券の前を通ったら挑発されたような憶えがある。
朝顔市も魅力的だし、今朝のNHKの“あさいち”で最近秋葉原で線量計を売っているというのをやっていたから、メモリを探しに行くのも良いなあ。
東京へ出る。
途中昨年よく行った品川駅の立ち食い蕎麦屋へ寄るつもりだったが、もうなかった。
八重洲のセルフのうどん屋で昼食。
大引け後、有楽町駅から秋葉原へ行くことにして、増設用のメモリを探す。駅のそばで「田町!」などと言う男がいた。先日は東京から田町経由で品川まで歩いたのだ。
この日、秋葉原のソ○マップで最初に聞いた店員は、はずれタイプで、やたらに横柄で「PCいくつですか?」などと問い詰めるように聞いてきた。メモリの型番はわからないが、パソコンの機種を言うと、調べてくれたが「あ、それは当店にはありません」などとぶっきらぼうに答えた。次に別のソフ○ップへ行くと、とても感じのよい店員さんで、結局そこにもなかったが、型番まで紙に書いてくれた。うれしくなって何か買おうかと思ったが、そのときに横で笑っている男がいた。やはりついてきたのだろうか?特高は!
その後、べつになくても良いや!位の感じで、数件をあたり結局5時半頃に小さな店で見つけた。その店の店員もけっして感じよくなかったが、こんなマニアしかこないような店で丁寧に答えてくれるわけもない。「ちょっとうれしい」などという女の声が聞こえてきた。
その後、JRに乗り帰る。小さな話だが、秋葉原から横浜へ行く場合、品川で一度改札を出たほうが70円位安い。それだけではなく、このブログをはじめた頃によく品川の職安へ行き、帰りにecuteといういわゆる駅仲を見るのが楽しみだったなあ。あの頃は、まだ父親もそこそこ元気だったのに…
トイレに行ったあとでふらふらと、そのころも買った揚げまんじゅうの店による。
横には勤め返りのOLのような女性がおり、試食などをしていた。買う予定はなかったが、私も試食品を出されたので、買うことにした。試食品を食べると買いたくなる。
「ゴマね!3個!」思いつきで買うから3個でいいや。
すると横にいたOL風の女が「けち臭いのよ!」などと言い残し立ち去った。
ゲッ!まさか、あの女も特高の類?
まさに10年一日のごとく蛇のような執念深さでの付きまとい!
夜7時前に希望が丘の駅につくと、数人の男が誰かを改札の外で待ち構えている様子だった。お葬式の道案内か?しかし、礼服ではない。
改札を出るといきなり「本業があってこそ!」などという声がした。
私に言ったのだろうか?本業があってこその株式投資と言いたいのだろうか?
しかし、あの連中の本業はなんだろう?尾行、盗聴、いやがらせ、事件のでっち上げ…
税金を使ってこんなお遊びをしている虚業家達が、人のことを言えるのだろうか?
まてよ、あの改札にいた数人の男。午前中に横浜の交番の前にいた連中か?
残念ながら、あまりに存在感が薄かったので記憶に残っていない。
やはり大物はなかなかいないよ!

PageTop

7月6日 二俣川の鈴木先生

今日も暑い!
何時ごろだったか?家の外で「暮れてるからやるのよ!」などという女の叫び声がした。
近所に住み着いた空手カルトの草の声だ。暑さでおかしくなったのか、最近よく怪気炎をあげている。しゃべり始めたばかりの幼児に「真似するから…」などと言わせているようだ。レベルの低いカルトの真似してどうする!
子供が居ると強気になるのはわかるが、こんな小さな子供のうちからスパイ教育をしているのか?
午後4時過ぎに外出。
途中で黒いオデッセイに抜かれたが、すぐに渋滞中のオデッセイを抜き返す。
オデッセイよりも速いママチャリ!
二俣川への坂を上りきると、どこかで見覚えがある、しかし妙にしぼんでる男とすれ違う。
二俣川のトカゲだ。こいつが25年前から私を探っていたという元公安だろうか?
奴に気がついたのは、1997年ごろだが、2006、7年ごろ本当によくすれ違った。
1985年に銀座のおでん屋かどこかで、数人連れの一人の中年男が私に思いっきり肩をぶつけてきて、私が文句を言うと逆切れして、会社の先輩がとりなしてくれたことがあったが、その時の男に似ている。特高は1984年から眼をつけていたそうなので、可能性はある。
しかし、暑さのせいか干からびていた。
用事をすませ18時20分頃西友へ。
駐輪場へ止めようとすると、妙なおばさんがジロジロこちらを見ている。妙だなと思ったが、どうせ生活課とかいう連中の嫌がらせだろうと思い気にも留めなかった。
店に入ると先日終わったドラマの鈴木先生に出てくる中学生のようなメガネの少年が目の前を横切る。飲料水売り場で私が行くと店員の若い男同士がなにか言っていたが???
買い物を済ませ外に出ると先ほどのおばさんがまだ居てしきりにこちらを見ている。
化粧のぶ厚いおばさんには興味がない。
その後、黒ぶちメガネの若い男が携帯を耳にあて、笑いながらこちらを見ながら歩いてきたので、おばさんを無視してその男の顔を見ると笑顔だったのが凍りつき、そのまま固まって歩いて行ってしまった。
この人、トカゲにも似ていたが、どことなく鈴木先生に似だった。
(このトカゲは二俣川のトカゲ氏とは別人です。)


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。