日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6月30日 雷はどうして鳴るのか

今日も暑くなった。午後、三時頃までは…
二時半頃だったか、株価を見ていると玄関のあたりで声がする。よく聞くと、強引なセールスを母親が何度も断っているようだ。私が出て行って「結構です。」と言っても引き下がらないので「断っているんだからもう良いだろう」と言っても作業着に坊主頭の若い男はまだブツブツ言っている。最後に「どうせつぶれるんだから…」???などとわけのわからない捨て台詞をつぶやいて去った。去ったというよりも、母親がドアを締めた。聞けば昨日も来たそうだ。
そういえば、前にもこんなことがあった。ドイツでワールドカップがあった年だから2006年で、やはり6月だった気がする。玄関で声がするので見にいくと父親がしきりに断ってドアを締めようとしているのに、セールスの男が引き下がらない「いいじゃあないですか、話しましょうよ!」などと言っている。私がドアの外から「結構です。」と言うと、その男はハッとしたように引き下がった。父親が言うには、某大手証券の新入社員だと言うが、数年後私がその証券会社の人に聞いたところによると、新人を個別宅のセールスようなことをさせることはない、そうだ。その日、3時過ぎに出て図書館へ行こうとすると、駅前の交番の前あたりで何か用事がありそうな若い男が私を見ながら目の前を横切ったのを覚えている。彼は、何をしたかったんだろう。
大引け後、外出。急に空模様が怪しくなったので、傘を持って運動に出掛けた。
ある小学校の前を通ると下校時間にぶつかり、大勢の小学生が三々五々歩いていた。
雷が遠くでゴロゴロ。
「冬の雲と夏の雲がケンカして鳴るんだよー」
「ケンカしなければいいのに」

どこからともなくそんな話し声が聞こえて来た。
声の主は、赤いランドセルを背負った女子児童達らしい。どうやら雷はなぜ鳴るのか、を話しているらしい。
のどかな会話に癒された。
しかーし、特高はやはり私を見張っていた。
その後、二十年くらい前の大学の後輩に似た若い女性が不安そうに私を見ながら通り過ぎ、しばらく歩くと、私の出身幼稚園の制服を来た男の子を連れた女が「手でやるのよ!」などとすれ違い様に言ってきた。こんな品の無いことを平然と言うのは、まず特高。
土砂降りをやり過ごし、運動を終えスーパーによって帰宅。
自宅そばの、空手カルトの草の家の前で思い出したので「マーム」と独り言をつぶやくと、すぐ前の家の庭から「マームがいるから…」などと見知らぬ女が言いながら出てきた。
見たことがない女のようだったが、勝手に入り込んでいたのか?よくやる手だ。
この草の家はいつもどこかで見張っているのか、家の前を通ると家の中から思わせぶりな音がするが今日はしなかったので変だなと思っていた矢先だった。
なんだこいつとは思ったが、疲れていたのであまり気にならず。するとチラシ配りを装ったような女の二人組みがまた何ごとか言い、前の家のおばさんと話していなくなった。
なにこれ、あのセールスマンの仲間???

スポンサーサイト

PageTop

6月26日 海老名へようこそ!

午後から外出。
家を出るとゼストに乗った男が意味ありげに駐車場へとめる。
駅へ向かう途中で、にやけた男女が向こうから来る。こちらを見ながらニヤニヤして感じが悪い。二人でおそろいの黒ぶちメガネをかけていたっけ!
用事をすませて海老名行きの電車に乗る。
電車の中でなんとなくみおぼえがある男が前の座席に座っていた。頭が薄くなっている。
空手カルトにいた際に、合宿から一緒に帰ったことのある当時の大学生だ。
頭が薄くなってはいるがよく似ている。しかし、別人であると確認した。
とても感じの良かった彼も、私が自称カリスマの師範を「あの人」と言ったことから、その団体で文化大革命のような吊るし上げをくった後はよそよそしくなった。
海老名といえば今やビナウオークだが、あそこも特高が多いので、あえてイオンへ行き、某ファミレスへ行く。
○×ーズなら安心だと思ったが、裏をかいたつもりだったが、やはり甘かった。特高のねちっこい嫌がらせは、とどまるところを知らない。
韓国料理のスペシャルメニューがあったせいか、案内された席のそばには韓国の人達と思えるような子供連れの家族がいた。
ウエイトレスが来て、注文をする際に「サラダがつきますがお選びください。」というので母親が何か言うといきなり「五月!」などと言う。意味はわからないが、勝ち誇ったような顔をしていた。
私が頼んだ料理が店の責任者といっても通じる位の年配の長身の男の人が運んでくれたが、メニューの写真と違うのでその旨を言い、メニューで確認することにしたが、メニューの渡し方、結局持ってきたものは私が頼んだものだったとわかった後の料理のおき方、ところどころに本職ではないなと思わせる素振りがあったが…
その後、やっぱりビナウオークの丸井へ。
食料品や衣料品売り場などを見ていると、何組かの男女がすれ違い様になにか言って来る。
4階だったか、ふてぶてしそうな女が「気が弱そうじゃあない!」などと行ってきたので、男の方に
「小僧、試してみるか?」と言ってやった。 (心の中で)
某登山品売り場の横を通ると「行ってるから…」などと言う声がしたので、そちらを見ると、一年位前だったか、服を試着した際に酒のにおいをぷんぷんさせながら話しかけてきた店員が目を伏せながらいた。この人も???
海老名から乗る相鉄線はいつもガラガラで気持ちが良い。
しかーし、相鉄線に常駐するヤクザは、常に隙をうかがっている。
まず、場末のバーに居そうな編みタイツの女とそれに似合った男、数駅後から、「チェンジ」などと言いながら、また貧相な若い男女が前の座席でべたべたしたり、ヘラヘラ笑いながら乗ってふざけている。おまけに大和あたりからは、日光浴をするベティちゃん?のTシャツを着たやくみつるさんを貧相にしたような男と連れらしき女、さらに子供3人が乗ってきて普通の会話をしていた。そのやくさん似が降り際に「カワハラ!」などとつぶやいた。そして、子供の一人が「あぶないけど…」などとニコニコしながら私に向かって言う。
ギョッ!
この連中も!

PageTop

6月24日 相鉄線のトキワさん

某社株主総会へ出るために八時半過ぎに外出。
希望ヶ丘の駅の階段を昇っていると、工事している幕の中から
「また、はめてやる!」
などという声が聞こえてきた。
声の主は、相鉄線周辺に常駐するケイサツと言う名前の暴力団か?
この時間帯にしては相鉄線が空いていた気がする。きっと、各社節電のためのサマータイムを導入しているためだろうか?
横浜の大和證券で株価確認、昨日売った株が今日も上がっている。すると前から来た若い女が「バカだから○×の株売っちゃった!」などと言う。
また電話盗聴してるの?特高さん!

会場は、超一流ホテル。
総会後、ホテルの中を見物。なんとなく気持ちが良い。
しかーし、気分を壊す場違いな面をしたスーツ姿の坊主頭の若造。
「GP」とかなんとかわけのわからないことをヘラヘラ笑いながら私の前に来てつぶやいた。
たぶん特高!実に品が無い。こんな貧相な面で人前に出るな!
貫禄の違いを感じてコソコソといなくなったように見えた。(俺には…)
時々、特高が尾行をやめたようなことを刷り込んでくるが、二十年以上やっているのに辞めるわけがない。
昼食後、大引けまで証券会社で株価をチェックした後で、有楽町のビッグカメラで買い物をする。横浜駅のヨ○バシでもそうだが、ビッ○でも特高がついてきて色々吹き込むとみえて、店員がやけによそよそしかったり、やけに失礼だったりする。

銀座の某デパートの21よ永遠に!(仮名)というアパレル専門店では、服を見ているとポロシャツにメガネ(どうせ変装だろう)の男が、レジのそばで「お前、公安で犬の真似しろ!」などとわけのわからんことを叫んでいた。「お前がやれ!」(もうやってるか)あまりに暑いので、新橋の、もす、に入る。愛想の良い店員に「ラッシー」という飲み物を注文し、席に着く。しばらく読書にふけっていると、二人でマシンガントークをしていた横の席のおばさんの一人が「酔うから…」などと言い席を立った。戻ってきた時に念のために「犬?」とつぶやくと「彼犬なの…」などと言い残し「オガタサンによろしく」などと言い足早に立ち去った。
横浜に戻り、ユーリン堂でインクの無くなったボールペン三本の芯を換えてもらいに行く。新しいボールペンを買っても何十円しか違わないのにせこいと思われるかもしれないが、もう、十年近くもそうしているので、何千円かの節約になっているはず。いやエコですよ!エコ!
レジで待っていると「<お前は、シンなんだ!」などとすぐ後で大声がした。
たぶん、西口の特高!
またかよ、と思ったが、一生懸命換え芯を探してくれた店員さんに感謝を述べて立ち去る。
相鉄線に乗り、座席に座ると前に、後に背負うバッグを前にかけた若い女性が前に立った。
暑そうだったので、「そのかばん網棚の上に乗せましょうか?」と言ってみたが、感じよく辞退された。「見てると暑苦しいから…」と言うと、また感じよく笑った。
たったそれだけだったが、なんとなく印象に残った。
家に帰ってTVで岡本太郎さんの特集をやっていて気がついた。
なんとなく似ている、トキワさんに…
とすると、最近、テレビで胃腸薬かなにかのCMにトキワさんが出てくる。
「好いなあ!」
と思っていたが、またそっくりさんを使っての嫌がらせ?
いや、今日のは嫌がらせにはなっていないが、横で笑っていたおばさんは気になる。
帰りに駅のそばでおばさんの声で「ギリシャ!」などと言う声がした。
さらには、雅人高校の生徒の集団から私の苗字を叫ぶ声がした。
偶然だろうが、神出鬼没の特高のこと案外まぎれていたのか???

PageTop

6月20日 横浜版生類憐れみの令

先ほどTBSの番組で江戸時代の悪名高い生類憐れみの令についてやっていました。
横浜市旭区近辺には、いまでもこの生類憐れみの例があるような気がします。
お犬様ならぬ特高がその対象で、彼らの前には現代日本の法律も通用しません。
電話やEメールの盗聴もなんのその。手紙の検閲もやり放題。
ストーカー規正法も関係ない。法務省へ行こうが、市役所や県庁へ助けを求めて行こうが意に介さない。
父親の入院先まで追いかけてきて平気で嫌がらせをする鬼畜の所業。

昨日も往復5時間かけて自転車で出掛けたが、要所要所でそれらしき連中に出くわす、帰りに瀬谷区某所の床屋へ行き、散髪が終わろうとするととなりの席で散髪を受けていた男が携帯を耳にあて私の方をジッと見ながら「お前がいやだから、警察辞めるの…」などと言い出した。意味がわからなかったが、ちょっと見たら固まってしまった。笑点をテレビでやっていたが、そのお犬様ゲラゲラ笑っていた。
弱い犬ほどほえたがる、ひ弱な特高ほど威張りたがる。
25年前にでっちあげた一つのウソを隠すために20年以上も嫌がらせを続ける。
平成版生類憐れみの令のおかげで健全な市民生活が成り立ちません。
黒岩県知事さん、林市長さん、ご存知ですかあ。

PageTop

6月4日 恥ずかしくないの?

午前中、「またネットで行く」などという若い男の大声が聞こえた。
さらに、家の前に出ると、紺色のヴィッツが目の前に突っ込んできて運転していた男が「キクが…」などと偉そうに言う。助手席の女は見覚えがある。
夕方、三ツ境辺りを自転車で走っていると
“恥ずかしいの?”
などという女の声が聞こえた。
そうだ、特高の生活課とかいう人達は恥ずかしくないのだろうか?

なんかの犯人と決め付けた人間の電話の盗聴、インターネットの盗み見、郵便物の検閲、家の前での嫌がらせ、付き纏い、無関係とわかっても犯罪のでっちあげのための薬物混入、ストーカー行為、年老いた家族への嫌がらせその他諸々、こんなことを毎日毎日税金を使って平然とやっているなんて、
私だったら恥ずかしくて、恥ずかしくて…とうに自殺してますよ!
かっこワルー

おまけに若い女は「ヨンさま~!(仮名)」「カッコイイ人出してよ!」ってなんだそれ?
一人前に色気づきやがって…
「はやく人間になりた~い!」
みたいな男女が、職権乱用して税金で遊びやがって。

昨日だったか、三時半頃かなあ、二俣川の相鉄線をくぐる地下道を渡っている時に、ノーネクタイでスーツ姿の男(女もいたかな)の一人が「トゲ!」などともっともらしく言ったが、たぶんその類だろう。
本当にどういう頭をしているんだろうか!
黒岩新知事や、林市長は、旭区近辺の特高がどんな悪さしてるのか知っておられるのかなあ?

PageTop

6月2日 読書の梅雨

午前中から外出。梅雨らしいというより、もっと寒い。
途中、階段のところで、ヘナヘナした若い男が出てきた。なぜか勘が働いた。
その学生のような男は、「トカゲ」と小さく叫んだ。
「ん?なんかいったか?」と言ってみたが反応はない。
駅につくとまた目の前に現れた。今日は相鉄線のストーカーは現れないなあ!などと漠然と思っていたが、特高はそんなに甘くない。横浜駅に着いた頃に背後で「自分ばっかり…」という女の声がした。
駅に着くと、先ほどのヘナヘナ君がまた目の前に来た。改札を通る時に
「君は犬ですか?」
と穏やかに聞いたが返事はない。あるわけない。さらにその男は、ジョイナスの1階へ降り、後を気にしながら以前のCIALの方へ歩いていった。
そんな小物然とした奴を追っても仕方がないので、まっすぐ株価チェックのために証券会社に向かう。
以前挑発された男女を追っていったら東口の交番に入り込んだこともあったし…あれは2006年の6月末だったか?
2004年の1月には、今日のように最寄り駅からつけられたので目の前で写真を撮ってやったが、それでもその二人はウンともスントも言わなかったが、一人は空手カルトの東大生そっくりだった。
特高の執拗さは、ヘビ以上だ。
彼らは税金を湯水のように使えるので限度を知らない。
株価のチェックをしながら合間に本屋で時間を潰す。
途中で「またシーハンの本に行く」とかなんとか男が言っていたが、
あんなものはすでに歴史の歯車に押しつぶされた紙屑でしかない。
本は好きな方だが、目が疲れるので最近とみに読書量は減ってきた。それではいけないと思い、ちょくちょく立ち読みさせてもらっているので、ルミネの有隣堂で本を一冊買った。
すると気がつかなかったが、やはり犬がついて来ていた様子。レジで目の前に割り込んできて「マ~ム」などと言うので、同じことを言ってやったらレジで商品を受け取りながら「またそううつになる…」などと言っていたが、目が合うと持っているスマートフォンの中に隠れてしまった。(どんな表現だ!)レシートには15:52とある。
本を買っていつか読もう。そう思いながら何年もほって置いてある本が何冊もある。
そう思ったので、横浜駅から少し歩いたファミレスで買った本を読み始める。
1時間位だろうか?本の世界に没頭していた。ときおり「サル!」「放置!」などと神経を逆撫でするような女の声がした。
さすがに帰りも相鉄線でのストーカーは来なかった。6月にしては寒い。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。