日々想うこと

日々想ったことを綴っています

3月23日 チッチャああ!

なんだか知らないけれど、相変わらず毎日ネチネチネチネチ…

今日は、夕方5時ごろ駅構内の某パン屋でパンを買うとレジのところで横から来た若い女が「やーさん…」などと言う。昨日も某100円ショップで会計を済ませるとライターを持った若い女が横から出てきて「充電…、ハナキ…」などと言い、すいませんなどと言い立ち去った。

その後、某二俣川のみぞほ銀行へ行くと警備員のほかに二人の若い男が待ち構えて
「振込みだけ!」などと言う。
意味がわからなかったが「記帳だよ!」と答えて記帳する。
そういえばニュースでみぞほのシステムトラブルのことをやっていたなあ!
念のために大丈夫か聞くと、今ひとつ的を得ない答えが返ってきた。
まあ若い社員なんてそんなものだろう…こちらも細かく説明してないし…
と、思って帰ろうとすると背後から「態度はいいよ!」などと声が聞こえた。
ゲッ!こういう言い方をするとは、こいつらも特攻???

そして、他の銀行へ行き用事を済ませて帰ろうとするとリクルートスタイルのような若い男女がぞろぞろと入って来た。
気のせいか、カチンと来るようなことを言った。
気のせいだろうか?ATMの後にいた一組の男女の男の方がちらちらこちらを見ていた。
5時半に近かったので、こいつら公務員か?(笑)

その後、三宮書店の二階の文房具売り場で封筒などを選んでいると、横にいたおばさんが「ジェイソン!」などと下を向いてつぶやいた。
これは間違いなく!
でもあまりの小ささに思わず、チッチャ!

まあ、おばさんは、使えないだろうけど、若い男女に無駄飯喰わせてないで、被災地へ派遣して荷物でも運ばせれば?そのほうがよほど日本の役に立つぞ!

それと新聞配達やシロネコヤマトの宅配のお兄ちゃんを使ってネチネチ年寄りをいびるなんて、
やることが小さい小さい!

ネッ!二俣川の特高さん!

スポンサーサイト

PageTop

3月17日 今日も計画停電は無かった

三日連続で計画停電の肩すかし。
懐中電灯とろうそくを用意して暖かい格好をして停電を待ち構えていたが、一向に停電にならない。今日も昼間なるはずだったが…
まあ、いまは大変な時期だから。
こんな時でもしっかりと特高の嫌がらせは来る。昨日も某スーパーで買い物をしてレジに並ぶと「邪魔よ!」などと言う声がしたので、振り返ると幼稚園か小学校低学年位の男の子を連れたおばさんがこちらを睨んでいた。
レジを済ませて義援金の募金箱があったので小銭を入れるとそのおばさん何か言っていたが、お前、俺を脅したんだから10倍募金しろよ!(笑)
今日は大震災後はじめて電車に乗った。
車内が暗くて昔通勤で使っていた真冬の早朝5時台の電車のような気もした。
横浜の某証券会社で株価をチェックしていると変なおっさんに絡まれた。日経CNBCを見ていると「ミエネエダロ!」などと毒付き、相手にしないと「バッカじゃあないの!」などと捨て台詞を残していなくなり二度と来なかった。
たぶんやらせ、エージェントの類!
しかし、本当によくやるよ!エキストラを透かして演出家のせこさが見えてくる。
大震災が来ようが、沖縄へ行こうが、ロンドンまでも付き纏ってきて嫌がらせ!「ああ無情」ってこんなに執拗な話なの?

それはともかく、こういう大変な時に、「今の政治家にはリーダーシップを取れる人がいない」などと安易に言うべきではない。
総理や官房長官がどれだけ激務なのか?
それはわかるが、一方で批判をしないと進歩も無い。
普通の人が見越せない先を見通して出来ないことをやるのがリーダー!
菅総理が「東日本がつぶれる…」云々と言われたそうですが、もしその発言が真実ならば、外に漏らすべきではなかったと思う。
午前中、このことを称してバカじゃあないの!と言ったので、テレビが見えないから…なんて小さい、小さい。
結局、わが町は今日も停電は無かった。

この記事を書いた翌朝、時々我が家の外で吠えてる生計のおばさんが、
「指定だからよ!」
などと叫んでいた。

PageTop

3月15日 自分に何が出来るのか?

今回の大震災の被害にあわれた方々にお見舞いを申し上げます。
阪神大震災の際には距離的にかなり遠いということや、自身が世間から孤立し、ボランティア活動を毛嫌いする師範のいる空手団体に入っていたのであまり感じなかったというか、なんと言うか、しかし、今回はつくづく感じる。
自分にいったい何が出来るのか?
仕事があって、女房子供といった家族がある人はそれを守ること、会社の命令に従って行くことで精一杯だろう。
しかし、私のように母親は同居しているものの、仕事もなく、資産も自転車操業ほどの株式しか持たない人間は、震災の被害にあわれた方々に同じ日本人として何が出来るのか?

地震があった日の午後五時過ぎにある街に行ってみた。電車は止り、改札の外に人が溢れていた。
あるスーパーの前には店員が立っており中へは入れなかった。
別のスーパーは、五時に閉店したという。
しかし、もう一つのスーパーは何ごともないように営業していた。
今川焼きを平然と作っている店員が不自然に見えたが、食料品を買って帰った。
でも、どちらが良識的か?
それは人それぞれ感じ方があると思うが、あとになって私は閉店した店の方が良識があるような気がした。
食料品を選んでいる最中にもまた、携帯を耳に当てたいつもの嫌がらせも来た。こんな時にも…
昨日は、ある駅前で某政党ののぼりを立てた人が寄付を呼びかけていた。
「何々駅で募金を呼びかけたら、1万円を入れてくれた人もいました…」
聞き間違いか?おまえ、そんなことを大声で言うなよ!
本当に被災者の方々に届けるのか?
うさん臭いな!
金に困っていても「赤い羽根」や「足長募金」くらいには協力しているけど、そんな言いかたしたら怪しまれるぞ。おもむろに募金した若い男もサクラに見えた。かんぐり過ぎか?
いったい自分に何が出来るのか?被災地に行っても邪魔になる?
そんなことはない。救援物資を運び込むのだって手渡しでやれば人は多いほどいい。
じゃあ行けよ!
車も無いのにどうやって行くんだよ。
寒くなる?
根性ねえなあ!お年寄りはもっと寒いんだぞ!
株 暴落!
こんな時に株?金儲け?不謹慎な?
じゃあサラリーマンは不謹慎なのかよ?
震災の日もずっと現場で働いている大工さん達は金の亡者かよ?


PageTop

3月10日 久しぶりのハローワーク

前引け後に外出。
二俣川から相鉄線各駅に乗る。四人がけの席に座ると、前の席のメガネのおばさんが私の顔を見ながら携帯を耳に当ててなにやら言っていた。
横浜駅西口のアメリカ風ファミレス?で昼食。昼食後、少し本を読んで後場が始まった頃に店を出ると数人のスーツ姿の若い男が待ち構えており「下値不安が…」などと株を連想させるようなことを言う。
後場の途中で関内まで行き馬車道の証券会社で株価を見る。

その後、久しぶりにハローワークへ。
受付の女がなぜか私を刺す様な目つきで見ていたので、もしかすると特高か?
そういえばハローワークへ行く途中で引越しを連想させるようなことを言う連中がいたっけ?検索するのに三人くらい待ってパソコンの前に行く。パソコンへ向かうと前の席あたりで「また胃を焼く」とかなんとか言っていた。たぶん1998年の石川町の郵便局内でサンコーという会社のアルバイトをした際に、空手カルト玄和の関係者と思われる連中や特高と思しき連中に数ヶ月間一日中つけ回されたり、ご丁寧に夜中の一時過ぎに自宅前で叫ばれたり、妙な噂を流されたりして胃炎になったから、その時みたいなことをまたやるぞ!と刷り込んできたのか?
そういえば横浜駅西口のダイヤモンド地下を歩いていると「こうしているほうが好きなことが出来ていいじゃあない」などと若い女が刷り込んできた。

パソコンでの検索法が一新されており戸惑う。新鮮な気がするが、以前に比較して求人票を一件一件見なくてはならないのでメンドクサイが、使い方に慣れればまた違うのか?
一部上場企業が営業の求人を出していたのでまた株のことが頭をよぎる。
もう3年近く面接すら行っていない。2005年ごろでさえ色んな職安で「無い、無いに決まっているでしょ!」みたいな嫌がらせを散々うけたのにいまさら受けてもなあ。
求人数は増えているのか?検索の方法が変わったのでわからないが、なにか勝手が違った。

その後伊勢佐木町の有燐堂やブックオフへ寄った。清原選手の番長伝説とかいう本があったので手に取り少し読んだが、やはり痛快だった。やはり男は清原に魅かれる部分があると確信した。

中央図書館へ行く。この図書館も良く通ったなあ!
十年間目がおかしくなるくらい英語の勉強したのに。
特高やカルトの付き纏いや刷り込みによる嫌がらせさえなければ今頃は…
久しぶりに3階へ行き雑誌を読んだ。さすがに今日はタイムの英文を読む気力は無かったが、Consumer Reportsのスマートフォンや車の部分を見た。

PageTop

3月5日 子供は正直だから

今週は寒い日が続き、外で運動も出来なかった。
まだ寒いが昨日今日、軽く運動をした。
帰りに食料品なぞをスーパーで買う。
やはりストーカーはついてくる。ついてくるというより常駐していたりして。
たいていレジで並んでいる時や、精算後にスーパーの買い物かごから袋に移し替える時に、いつも間にかそばに来て嫌味のようなことを言うだけ。
最近寒いので耳まで覆う帽子をかぶっていることが多いので良く聞こえないことも多い。

たいてい30代前後の女で小さな子供を連れていて、子供に話しかけるふりをしながら嫌味を言ってくる。
昨日も二俣川の西友で18時ごろそんなことがあった。
この手は男も使う。数年前に空手カルト玄和の関係者Kが良く使った手だ。

子供に話しかけるような言い方をするので、なにか言い返されても言い訳が出来るわけだ。
しかし、子供がいつも協力的であるとは限らない。

今日のは、少し面白かった。
16時20分頃、あおば、というたまに行くスーパーでレジをすませて買ったものを袋に詰めていると後から来た子供連れの女が、なにやら嫌味のようなことを一生懸命言っていた。
しかし、子供は正直だから、私がその場所を離れるやいなや「(あの人)だあれ?」などと言っていた。

こちらこそ聞きたい、おばさんだあれ?
お母さんの仕事なに?

PageTop