日々想うこと

日々想ったことを綴っています

2月27日 横浜の「山月記」みたいな話

以前も書いたが、中島敦という作家の代表作に「山月記」という文学作品がある。
詩人として名を成そうとした役人である主人公が、功をあせりついには虎となってしまうという話だ。
これは学生時代に国語の教材にもとり上げられていたが、私もこれと似た経験がある。
もっとも私の場合は功をあせったのは私ではなく、相手方だ。

1998年11月上旬、場所は山下公園。
石川町からほど近い郵便局で、単純作業のアルバイトをしていた。
その頃、昼休みに中華街へランチをとりにいくことが多かったが、毎日店を変えているにもかかわらず、毎回のように妙な男達に付き纏われた。
あるときは、先回りして、またあるときは後からついてくる。何をするのでもない、ただそばに来てこちらの注意をひくだけだった。
記憶にあるところでは、ある店でこちらが、イヤーフォンで英語の勉強をしているとニコニコしながら「デタラメに英語を聞いてもダメだよ!」などと言ったり、中国風のお粥の店ではわざと食事中にタバコを吸い始めて「大丈夫だよ!」などと言いだしたりする。

その日は、昼休みに弁当を買って山下公園に入り、海沿いに歩き出した。
すると、一人の男が私を確認し「アッ虎だ!」と言う。「虎だ!虎だ!お前は虎になるんだ!」といえば少し前に話題になったタイガーマスクだけれど、この日はそうではなかった。

それが合図だったのだろうか?
一人の言葉を皮切りにおそらく十人いや二十人いやもっといただろうか、10メートル、20メートル歩いても、周囲の人々が口々に「アッ、虎だ!」と言う。
しばらくしてその声は途切れたが、気分が悪くなった私はベンチで休んだ。
弁当を食べ終え、昼休みが終わりに近くなったので中華街の中を通って帰ろうとすると、
また周囲の人々が「虎だ!」と言う。
今度は少し余裕が出来、道を一本ずらしてみると「くそー」「チクショー」などという咆哮が聞こえてきた。

いまだにこの不思議な連中の正体はわからないが、郵便局の入り口に昼休みにバットを振っていた男がいたのが記憶に残っているが、大池公園の駐車場や希望が丘高校の早朝野球の中でも見かけた気がする。

山下公園へ行き、ベンチに座り楽しそうな子供連れの家族をみながら当時のことを思い出していると、例によってそばにいたアベックの男の方が「無理だよ!」などと言う。

無理などということは無い!
月が変わるので再度今年の目標。
この山月記の主人公のように、功をあせり心が獣のようになってしまった税金ドロボーみたいな連中の洗脳に負けずに、生活を立て直し、家庭を持つこと。

スポンサーサイト

PageTop

2月16日 公安警察の手口

十年位前だったか、二俣川で国民年金を払った後に「やることが小さいんだよ!」
などという比較的若い男の声が聞こえた。
横浜駅近辺で「地下にもぐれ!」などと数回言われたこともあった。
何度も書いたが、このブログを始めた2008年の春頃(職安のテレビでは大相撲をやっていた記憶がある。)には、品川の職安で仕事を探していると「ひと月五百万の仕事無いかなあ?」などと帽子を目深にかぶった男が携帯を耳に当てながらすぐそばで何度かつぶやいた。昨年、東京駅そばの丸ビルで昼食をとろうとするとYシャツ姿の若い数人の男がついてきてそのうちのへなへなした一人に「山籠りをして…」などと言われたこともあった。
こうしたバラバラの出来事が頻繁に起こるが、実はつながっておりある組織がやっているようだ。
そう思えるようになったのは、鈴木邦男著の「公安警察の手口」(ちくま新書)という本を読んでからだ。
先日も、東京駅で知人と待ち合わせしていると「ビール飲め!」などと何度も言ってきた。
そして実際にビールを飲んだ帰りの東海道線で隣に座ってきた男が何かつぶやいた。おそらくしらふならカチンと来るようなことだったと思うが、こちらは連日の飲み疲れでぐっすり気持ちよく眠っていたのでうっすらとしか記憶が無い。ビールを飲ませてケンカでもさせようと思ったのか…
公安警察を批判するというと、左翼かなあ?と思われるかもしれないが、この本を書いた人は元右翼の活動家だ。
そして実に私の事例によく当てはまる。この本を買ったのは一昨年の師走ごろだったか、横浜ジョイナスにあった本屋だ。
そして、本を読んだ頃「あの本お前によく当てはまるだろう?」などと相鉄線のホームだったかでガタイのいい男に言われた。
奴も転ぶのか?


PageTop

2月8日 マックでも

最近、携帯だの光だのが発達してきているので、電線や電柱の工事がやたらに多い。
今日も自宅の前で工事をしていた。
5年ぐらい前だったか工事の男が「会津磐梯山は~」などと大きな声で歌った後に、わけのわからんことを毒づいていたのを思い出した。いま考えるとこれも?
今日も昼前に何か恫喝するような叫び声を聞いた。気のせいか?
午後から外出。大引けまでは証券会社で見る。
4時過ぎにドン○のマックに入る。
入ると待ち構えていたように若い女の店員が誘導する。カウンターの横には、何か言いたそうなおばさんが仁王立ちしていた。
「ミルク!」と注文すると店員が露骨に嫌な顔をする。「180円です。」と言われておどろいて本当に180円?と聞き返した。だって野菜生活は100円だろ?
その際に、その店員か別の店員かが何か嫌味のようなことを言ったが良く聞き取れなかった。
品物をもらう際になかなか相手が離さず「くっついている!」とかなんとか言われたが手が汚かった。(余計なお世話か…)

20分くらい読書をして、お年玉つきの年賀はがきの当たりを持ってきた事に気がつく。
ああ、もう10分位で郵便局が閉まる。と思い、店を出る。出る際に前の席のおばさん二人?組が「殴ってるからよ」か「嬲ってるからよ」などとさりげなく言う。
また尾行?この連中も特高?
店を出ようとすると先ほどの感じのよろしくない店員さんがゴミ箱のところにいた。
郵便局へつくともう店じまい寸前でセーフ!
切手をもらったが、店の奥の方にまたもや郵便局の服を着た男女の男が私の方を見て何か言っていた。
これも?
その後、いつも株価を確認している間に立ち読みさせてもらっている二俣川ライフの本屋さんで週刊誌を買うと、店員さんがニッコリ笑う。商売はこうでなくちゃ!
マック見習え!

自宅まで帰る途中、犬を連れた小学校3,4年位の二人の男の子が近づいてきて「フェラ○×」などと恐ろしいことを言う。そばにもあっちの方を向いていたが、同じく犬を連れたおばさんがいたのでその女が言わせたのだろう。しつけのために殴りつけてやろうかと思ったが、今はそういう時代じゃあないのでやめた。
この女も特高だろう。最近の特高は品も無い(昔からか?)

PageTop

2月7日 ダンナ!

世間とはいったい無責任なものだ。
昼間、証券会社で株価を確認するために外出すれば「徘徊してる!」「あぶない!」
などと言われ。自宅で株価を見ていると「ひきこもっている!」「オタク!」などという噂を流す。

午前中は、天気が良かったこともあり外出して証券会社で株価をチェック!
ずっと見ていると目が疲れるので、銀行で用を足したり、本屋で立ち読みをしたり。
本屋へ行くと、例によってアベックの男女が近づいてきて何か言おうとするので、目で制すると「小さい!」などと女の方が毒づきながら言い、別の方向へ行った。
男女で暇つぶしのパトロールのつもり?でもこの手の中に手をつないで、さらに抱き合ったりするのもいるからオジサンわけがわからない。

午後は自宅で大引けまでおり、その後床屋へ行く。
床屋で、「この辺まで刈り上げて…」と言うと、隣の席で散髪していたいた男の客が笑った。
どうせ特高だろう?その後、なにか嫌味のようなことを言いながら店を出て行ったっけ!
ひまだねえ!床屋にまで付き纏って、こんなの十年前から!

ここは安くて腕がそこそこ良いから来ているだけ。
今日も店の人に話したが、安くてもひどい床屋だとトラにされるから。
数年前に某1,000円の床屋でトラにされて、家に帰ってから気がついたので翌日もう一度同じ店に行きやり直しをさせたことがあった。
トラにされた時にその店員が笑っていたので、わざとかもしれない。翌日行くと引きつっていたので。

帰りに某スーパーによると、おばさんの声で「ダンナ!」だって。
毎日付回して、わけのわからんことばかり言いおって、なにがダンナだ!この特高もどきのババアが!

どないせえーちゅうんや!怒るで、しかし!

PageTop

2月5日 プッ!

朝から外出。
二俣川へ寄った後、横浜で株価チェック。昼は、12時15分くらい前に西口の松屋へ。この懐具合が苦しい時に豚飯並が290円とはありがたいが、サラダをつけるべきだった。
食べている最中に、スーツ姿の線の細そうな若い男が隣に来て、おもむろにスマートフォンをとりだし小声で話し出す。「細かい」などと言いすぐしまう。
大引け直前にN証券で株価を見ていると帽子をかぶったおっさんがそばに独り言を言いながらそばにきて「成立しねえよ!」などとつぶやく。
大引け後、日産の本社へ行きリーフを見て、みなとみらい経由で紅葉坂へ。
坂の途中のコンビニで肉まんを買い、食べようとしたら、紙の袋に肉まんの皮が張り付いてしまいだいぶ損をした。しかし、具は旨かった。
中央図書館へ行き、格闘技の本を読んでいると前の席の男が目をあわさずに「プッ!」と侮蔑したような音を出したが、たぶんこれも。
どこだか忘れたが、「ない!ない!って言われて…」などというおばさんの声がした。
2008年の5月までは、ハローワークで仕事を探していたがそのつど興信所のような連中がついてきて、検索していると「(仕事は)無い!無い!って言っているでしょ!」などと随分やられた。
英語の勉強をはじめた最初の頃は、「外資系!」などとずいぶん煽られたが、空手カルトの近藤の声も聞こえた。
先日「テレビで苦しい時は相談窓口へ行き声を上げて下さい。」
などと言っていたが、区役所へも何回か文章で相談したもんなあ!
そうしたら、即日成人病の検診の割引券かなんか送ってきたけど、どういう意味だろうか?
成人病だから特高が求職活動を妨害しますってか?
成人病でおかしくなった人間が、50歳近くなって英検準1級やTOEIC750以上出せると思うか?
洗脳に負けるな!

PageTop

2月1日 拍手御礼

昨年の11月28日に書いた、2008年10月29日のブログの拍手数が倍に近いほど増え、39となっていました。
拍手を下さった方々、まことにありがとうございます。
でも、人の上に立つ人達にも、あそこに書いたような精神を持ってもらいたいですよね。他人の痛みを知ろうともしない。
たぶん、今の政治家の人達って、大臣とかになることが目標で生きてきて、大臣になったら、舞い上がって、満足しきって、なにもできないで終わる人が多いんじゃあないでしょうか?
例えて言えば、東大に入ることが目標で生きてきて、東大に入ったとたんに燃え尽きて、あとは平凡に生きる人、みたいなものかな?
大臣になって日本をこう変えてやろう!と口だけではいうけれども、実はなることが目標、小沢さんは違うけれども、なんか今の民主党の人たち見ているとそんな気がします。
くやしかったら株価上げてみろ!(笑)

2月に入ったので再度今年の目標。
生活を安定させ、家庭を持つこと。
庶民的だけれども、これが基本。

PageTop