日々想うこと

日々想ったことを綴っています

5月27日 寝覚めするなよ?

夕方、自然公園内で池を見ていると「ねざめするなよ!」という男の太い声。
まわりにはほとんど人がいない。
なにか変だなあと何気なく聞き流したが、家に帰ってよく考えると、たぶん「寝冷え」か?
湯冷め、や、寝覚めが悪い、という言葉は聞いたことがあるが…
先日、夏のように暑い日があり、そのよる毛布一枚で寝たら翌日鼻がつまり風邪気味になった。そのことは母親に話したが。
もしかしてまた盗聴???
池の所に行く前に白バイに乗った警官とすれ違った。
最近、に限らずだいぶ前から警察官の不祥事が毎日のように新聞に出ている。
昨日のは県警の警察官が中学生に金を渡して…、たぶんこんなのは氷山のごくごく一角だろう。
もちろん不祥事を起こす警官もごくごく一部だろうが…

昨日のニュースで熱海の旅館のことをやっていた。昨年の春、母親の喜寿の祝いで熱海の旅館へ行った。大きな食堂で、バイキング形式の夕食をとっていると、色眼鏡をかけた変なばあさんが私の横に来て「○○(私の苗字)を中に入れる」などと言って離れて行った。翌朝、露天風呂に入ろうと脱衣所へ入ると若い男が裸の小学生の女の子を連れてこちらの反応をうかがっていた。また、別の風呂へ行くと今度は湯船から女の子を出してこちらをジッと見て「違う?」などと言う男がいた。
たぶん、何年か前に小学生や幼稚園の姪たち遊んでいたので幼児性愛者のレッテルを貼りたかったのだろう。
左にされたかと思えば、右にされる。ともかくデッチ上げでも何でもいいから自分たちの無理を通したい。
日本国憲法も読んだことがない、本も新聞も読まないから言葉も思考回路はでたらめ。
バイクや車に乗るのだけは上手い、残念ながら最近の警察官のイメージはこんな感じ。
暴走族か暴力団と勘違いしていませんか?

スポンサーサイト

PageTop

5月26日 ワールドカップが近づいてきた

またワールドカップの時期が近づいてきた。
色々変なことを思い出す。
もう8年前になるのか?
日韓共同開催の頃に、横浜駅のシャルの中にあったヤ○キースとかいうスポーツバーで仕事帰りの疲れを癒しながらテレビでワールドカップを見ていると、どうも不穏な空気を感じた。一度は、店長らしき竹山さん似?のメガネの男がビールだけ頼んで飲んでいると「食べ物も頼んで」みたいなことを言い。また、別の日には注文したビールを持って来た若いウエイトレスが恐怖にかられたような顔をして置いていき、そのビールを飲んだ後から急に性欲がなえたことがあった。つまり何らかの薬の入ったものを飲まされたような気がしたことがあった。
あれは、4年前か?
「タマダァ、ナカタァ、…、…、マアアキ(巻選手のこと)」とジーコ監督の代表選手の発表をお笑いの人が真似してたのは。
あの頃、よく図書館に行った帰りに商店街を歩いていると正人高校(仮名)の生徒らしき連中が通りすがりに空手のG会の東大の連中を連想させるようなことを言ってたなあ。
ジーコ監督になぞらえて「カマノ、タカオカ、イイムラ、カワハラァ…マアアキ」などとメモって一人で爆笑してたっけ?(俺もやることが小さいなあ)
そういえば、一度駅前で見知らぬ若い男女がすれ違いざまにからかうようなことを言うので、引き返して顔を見に行ったら男がなぜか凍り付いていたなあ。あれも6月だな。翌日だったか、サングラスしていたけど多分同じ男だと思うが同じ場所で前からバイクで「ウッソウ」とか言いながら突っ込んできたが、なんでわざわざ交番の前でやったのかなあ?女の前でビビッたのが悔しかったのかなあ?キチガイに権力持たせるとろくなことせんなあ!
ちょうどその頃、野村證券の新人の営業を名乗る男が玄関で父親に執拗に食い下がっていたけど、ドアの中から「けっこうです!」と叫んだら我に帰って退散したけど、昨年野村で聞いたけど新人に個別訪問させるようなことはない、と言っていたから、たぶんこれも…。
そういえば2000年の春だったか、父親がサッカーが見たいと言い出したので、唯一Jリーグを新横浜の競技場に見に行ったが、あの時もわけのわからん付き纏いがいたなあ。
「お前は中学校喪失なんだよ!」などと言ったり、地下鉄の中で信心深い父親の前で「仏様が…」などと目の前に来て言う汚らしい若い男、なんとなく見覚えがあったのでたぶん秘密警察かその手先だろうか、それとも空手カルトゲンワの手先なのか。競技場で背後に来て神経を逆撫でするようなことを言ってた連中がいたが、偶然写真に写っていた女は…ア…、違うかなあ。
まあ、今回は強豪ばかりのブロックだと言うけど、頑張って楽しませて欲しいです。

PageTop

5月19日 立ち食いそば屋の平田さん

引き続きPIGSの信用不安のため株式市場は軟調。
大引け後外出。
株価を見ているときは運動が出来ないので軽く走る。
走る前に小さな子供を連れた若い男に「ファイト」などと声をかけられる。
たぶんこれも…
20分走るつもりが、15分で面倒になりやめる。
その後かるく体操をするが、少し離れたところを白いジャンパーの男や白い大きな犬を連れたおばさんが何度かいったり来たりしていた。
あれ?ここは林の中で小さな丘の上なので犬の散歩に来るようなところか?
その後、某駅に向かい用を足し、腹が減ったので駅に隣接する立ち食いそば屋に入りおにぎりを頼む。
注文したおにぎりが出てくると背後から男の声がした。
ああお客さんだなあ、と思いおにぎりを食べ始め、ふと横を見るとその声の主の男がこちらをジッと見ていた。あッ、蒲田行進曲の人だ!しかし、名前が出てこない。
白いジャンパーを着ているその男が口を開けて私を見ていた。もしかすると先ほど運動していた際にいた白いジャンパーの男か?
とすると後をつけてきて、後ろから脅すつもりで何か叫んだのか?
先ほどヤフーで検索してわかった。もちろん別人だが、私がここで言う蒲田行進曲の人は平田満さん。
その後、昨日買い換えた自転車で移動。
隣駅の前で信号待ちをしていると神経を逆なでするような女の笑い声。ふと顔を上げると二人のふてぶてしそうな若い女が「パパになるより…」などと話していた。
中古車センターをのぞき、フジスーパーへ行き商品を選んでいると「自殺の可能性がある…」などと話すおばさんの二人組み。
「自殺の可能性がある」などと理由をつけて24時間体制でわかるように尾行するのは秘密警察の得意技だとある本に書いてあった。
帰り際に商店街で正人高校(仮名)の生徒らしき連中が「セイシに行く」などと叫んで大喜びをしていた。

PageTop

5月13日 厚木のスイーツ親方

前引けを見た後で外出。
駅に着くと両親と娘と言った年恰好の男女がおり「青山へ行くのよ」「スイカ持っているんだからチャージしなさい!」などと言う。青山?俺が好きなのは銀座だよ!
ホームへ降りると反対側のホームに先ほどの3人も降りてきて、娘の方が私を見つけるとなぜか背を向けた。
相鉄を待っているとそばに若い男が携帯を耳に当てながら歩いてきた。
私の前を通り過ぎるのかと思ったが、すぐ手前でストップ。耳に電話を当ててはいるものの会話はしていない。しばらくすると「たしかにやりにくいけど…」などと話し出すが会話と言う感じではない。この男みおぼえがなくも無い(曖昧だからこう書いた。)
このブログをはじめた頃の品川職安で携帯を耳にあて「ひとつき五百万の仕事ないかなあ」と言った男に似てなくも無い。OLのいじめみたいで気持ちが悪いので離れる。
この連中が組織的にストーカー行為をしているなら同一人物だろう。
この二つの出来事で気分が重くなった。
久しぶりに厚木に行ってみた。以前なんどか厚木の職安へ行った。
今日の目的は職安ではなく中古車センターと証券会社だ。
昼食後またブックオフに行き車の本を買う。車の本の書棚のそばに30歳位の女性がいた。別に気にしなかったが、私が本を見ている間はしゃがみこんで本を選んでいたが、私が本を持ってレジに向かうと同時にその女性も立ち去った。別にたいしたことでもないが。レジには先にスイーツ親方のような人が漫画の本を何冊か買い「ポイントは使って、袋は要らない」などと言った。私の番になり店員がポイントを使いますか?と聞いてきたが「何円の世界でしょ?」と聞くとそうだというのでためることにし、買ったのは2冊だけど袋には入れてもらった。
駅のそばの証券会社で時折株価をチェック。
合間に中古車センターへ。
受付でその旨を伝えると男の人が電話をとって「警察が…、ケースバイケースですね」などと言う。あまり気にならなかったが、また暇な連中が警察の名を騙って先回りかよ、などとも思った。
そういえば大引け後に行ったところの店員は質問したことには愛想はよかったが、まったく売る気は無かったなあ。
厚木に行って感じたのは、駅のそばを離れると本当に空がひろびろとしており、雲が少し黒くなっており、あまりの広さになにか圧倒されるような気がした。
夕方、以前よく走ったハイキングコースへ行き、ランニングしていた坂を走ってみたが、とても走れない。あんなところを一時間近く平気で走っていたのと、それが一日の運動のほんの一部だったなんていったいどんな体力してたんだ!
どんだけー!
運動を終え、ハイキングコースから降りるとちょうど階段をふさぐように横向きにヴィッツが止まっており、またその前にももう一台おなじシルバーの旧型ヴィッツが止まっていた。
今日これの色違いのヴィッツみたな。
さらに下るとフィアットの小さな車を女の人が運転していた。
これは格好よかった。
たいした運動量ではないのに家に着くと体がバラバラになる感じがした。

PageTop

5月12日 これもセリカか?

大引け後、午後4時過ぎに家を出ると家のすぐ上の道にシルバーの車がこちらから見ると横向きに止まっていた。
その止め方がなにか言いたげな様子だった。
昨日書いたことに関係があるのか?と一瞬思ったが、見たことのない流線型の屋根であまり私の趣味ではないし、行く方向と反対だったのでそのまま外出した。
少し歩いて5時15分くらい前に車の本を買うつもりで南台のブックオフへ行くと駐車場にパトカーが二台止まっていた。二台もいたのと、店に入ると一部のお客さんたちが明らかに動揺していたのでなにかあったのかと思ったが、別段そんな風には見えなかった。
目的の本があったのでレジに持っていく。本とTポイントカードを出して代金を出す。レジの若い男性がちょっと動揺した様子だったが、カードを返す際に「千人のお返しです。」とつぶやいた気がしたが、気のせいか?隣の若い女の店員は明らかに私を見ながら動揺していたが。
その後、某中古車センターでカッコいい赤いステーションワゴンを見た後、立ち去ろうとする途中で二人のオバサンが話しており、私を見ると「ボーン!」と爆発するような声を出した。その人はカレー事件の人に似ていたが、よせよ、車買ったら爆弾仕掛けるつもりかよ!それじゃあテロリストだよ!などとわけのわからないことが頭を掠めながら歩き、自然公園のようなところで10分くらい走った。
40歳以上の人は一日1時間以上歩く位の運動をしてください、という通知が区役所から来てた。昨日見たテレビではしっかり腕を前後に振って歩かないと運動にはならないとか。
ふと気がつくと誰かジッとこちらを見ていた。よく見るとタクシーの運転手さんで車がそばに止まっていた。
その後、厚木街道を歩いていると昨日書いた「私をスキーに連れてって」の車に似た車がまた出てきてアッとい間に走り去った。
けっこうとばしていたけど、あの手の車は1980年代の車じゃあないのか???
乗っていたのは男一人で、原田知世さんはいなかったが…
しかしよく見てみると結構古い車って走ってますね。
野菜を買いに相鉄ローゼンに入るとアルバイト店員だろうか、昔のガチンコファイトクラブにでも出てきそうな少年と目が合った。
この手の子はつるかめの方が似合うぞ!違うか…
その後商店街を歩くと、後ろから「たいして強そうじゃあねえよ!」などと声が聞こえた。
人は見かけじゃあわからんよ!
数人の高校生か中学生が前から来てメガネの子がすれ違いざま「歴史!」と言ったのが聞こえた。歴史は大河ドラマ見て勉強しなさい。
さらに歩くと後ろから咳払いをしながらスーツ姿の男がついてきた。
するとまた5,6人の男子学生が前から来てなにやら大声でふざけあっていた。するとなぜだか後ろから咳払いをしながらついてきた男が、その子達と私の間に入るような場所に移動した。
家に帰って、車の本を見ると偶然、出掛けに家の上に止まっていた車にそっくりな車が出ている。しかも同じ角度から撮った写真も出ている。
あの車は、スポーツカータイプのセリカだ!
そういえば昼間、株価見る合間に、私をスキーに連れてって、の車を検索したついでに見たっけ。


PageTop

5月11日 不思議な車のお話

これは冗談だが、自分には念じたものを現実に出す念力があるのか???
一時興味を失ったが、昨年の今頃から車に興味を持ち始め車の雑誌などで現行車などをずいぶん見た。
またインターネットなどでもずいぶん調べた。
インターネットで調べた車、雑誌で見た車が日を置かずして次々と目の前に現れる。あまり型式の古くない車ならそこかしこで見て当然なのだが…
今年の冬だったかバブルの頃にはやった「私をスキーに連れてって」をBSで少し見た翌日に三ツ境駅そばの橋のあたりだったか、映画に出てきたのと同じタイプの白い車(セリカ?)が目の前に現れた。
また、ひとつきくらい前だったか、免許をとってから最初の頃に運転した80年代式のカローラをインターネットで調べた翌日に、またそっくりな車が突然現れた。
1980年代前半に造られた車だぞ!フェンダーミラーつきだぞ!
いったいこんな古い車どこから持ってくるんだ???誰が?
と思っていたが、今日ピンと来た。夕方散歩をしていると、車の整備工場の前に駐車場があってそこにはフェンダーミラーつきの古い車が何台も置いてあったからだ。

そういえば、昨年の4月8日(水)の午前9時15分頃に、妙な電話がかかってきた。
電話に出ると「アンゼンキブンシャさん?」「アンゼンキブンシャさん?」などと男の声で聞いてきた。素直に漢字にすれば「安全気分社さん?」くらいが妥当か?違うというと何も言わずに切れた、と記憶している。
数日後、電話機に残っていた番号を何気なくインターネットで検索すると、横浜市都筑区の自動車リース、整備、販売業という会社の電話番号と一致した。言うことがおかしかったので一応番号と時間をメモしておいた。
そのことはすっかり忘れていたが、そういう会社ならば色々な車があるはず。

しかし何のために???
まさか毎日インターネットを盗聴しているわけもないし、「私をスキーに連れてって」を見たといってもせいぜい15分ぐらいだし、やはり念力か???
わけないよね!

PageTop

5月11日 お父さんが

夕方6時頃だ。
銀行から金をおろすのに午後6時以降や土日祝日だと100円以上取られる。利息から比べると手数料はバカ高い。
ぎりぎりセーフだった。
二俣川のグリーングリーンの前を歩いていると、バスを待っている列の中から帽子をかぶった年配の男がこちらを見ながら「父親の代よりなかに入れる。」と言った。横には同年輩と思われる女がいた。この手の男、以前書いた2005年の衆議院選挙の直後にそばに来て「民主党に入れやがった。」と言った男に感じが似ていた。
私はボーッとしながらそれを見ていたが、もう一軒銀行に寄った後ふと我に帰り顔を確認に行くとバスが来ていてその男女はいなかった。
そう言えば昨年だったか…町を歩いていると「お父さんが県警の実力者なんだって!」という若い女の声が聞こえた。しかも一度ではない、三、四回あった。ただし、一度は「お父さんが県会の…」と聞こえた。
そうなると「親父!あいつ生意気だから締めてくれよ!」「ヨシ、わかった。」てなものか。
いやまさかそんなことを言うのだったらせいぜい小学生だろう「パパあ!あの人怖い!いじめてええ。」「そうか、そうか、わかった。」「(部下に向かって)あいつを脅してこーい!」
そういえば、昨年のゴールデンウイークにヤマダで、店員がそばに来て「部長のガキがビビッているから。」と言われたが、その直前か直後にパトカーに自転車の防犯登録のチェックをされた。
防犯登録といえば、先週の木曜日の夕方、みなとみらいの某ホームセンターで愛車が古くなったので、自転車を見ていると、20後半~30代位の二人連れの男が自転車を買い、店の人に防犯登録のことを聞かれると「別に強制じゃあないんだよ。してもしなくても良いんだよ。」「盗まれたからって、警察が捜してくれるわけじゃあないんだよ。」などと話が聞こえた。その後一人が「尋問されてるの」などと言った。すぐそばだったので自分に言ったようにも聞こえた。
よせよ!うっかり信じて防犯登録しなかったら…
案外あの帽子の男がそのお父さんだったりして。

PageTop

5月1日 立ち飲みでも

11時ごろ横浜へ。
相鉄線の中で立っていると「うつ!」「痴漢は犯罪です。」「…(忘れた)」などと横から声がする。気がつくと、またいつの間にか若い男女がさりげなくそばに来ており、ジーンズをはき黒ぶちメガネで変装をしている男が私と目が合うとギョッとした顔をして目をそらせた。女の方は私に背を向けていたが、だらしない服装をしていたような記憶がある。横浜駅につくと「俺をにらんだから。殺すぞ!(刺すぞ!だったか?)」ともかく息巻いて降りていった。
品川でよく行く駅内の立ち食い蕎麦屋で昼食。店の外に出ると「中野へ行け!」という声が聞こえた。
品川から歩いて田町三菱自動車のショールームへ。ショールームのそばまで行くと店の前で写真を撮っている男の人が見えた。
店に入ると「いま昼休みだから誰もいないぞ」などという笑いを含んだ声が聞こえてきたが、別にお話するために来たわけではない。
一通り乗ってみる。
特に話題のi-MiEVを見る。思ったより中は広い。
そばに店の女性が来たので「i-MiEVとiはサイズは同じですか?」と聞くと、なぜか笑いながら「内装は違いますが、高さが1センチ(i-MiEVが)高いだけで後は同じ」だそうです。あまり感じはよくなかったが、またいつものごとく「女の子と話したいから来てる。」みたいなことを言われているのかと思った。そういえば後から来た年配の男女が店の女性にRVRの説明をそれなりの時間受けたあとに帰り際に私に向かって何かいっていたな。
そういえばだいぶ前に横浜の○○カメラに行き、店の人に説明を求めると「ここはそういうところではありません。そういうお店へ行ってください。」などとわけのわからないことを言われたが、そういうつるし上げの一種だったのか。
眠くなったので途中とばすが、夕方アメ横へ行くと、ちょっと驚いた。
海鮮丼を出す露天とでもいうのか、オープン式とでもいうのかそういう店が何軒か通りに出現していた。築地の市場のそばにあるような店がアメ横へ。
腹が減ったがしばらく歩いてみて、立ち飲みに入ることにした。
以前はよく入ったが、立ち飲みに一人で入るのは久しぶりだったので、ほんの少しだけ呼吸が必要だった。
ホッピーを飲んですぐ出て海鮮丼へ…の、つもりだったが、煮込みはいまいちだったが、焼き鳥類が旨かった。
ちょこっと飲んで、気軽に出れるところが良い。
まさかここまで尾行してこないだろうと思い、良い気持ちになって店の人に「旨かった。」というとホントうれしそうに喜んでくれた。
しかし、店を出ると背後でなにやら声が!
ゲッ、またか!

PageTop