日々想うこと

日々想ったことを綴っています

1月29日 お前はガキなんだよ!

最近パソコンの買い換えを考えているので、昨日、横浜のヨドバシとビックに行く。
午後7時頃の横浜駅発の相鉄線急行の3両目当たりに乗ると、なにやら年配男性二人の話し声がそばで聞こえてきた。
「安いジーパンを買うの!」「三ツ境は…」「ずうっと、やってんだよ!」
などと断片的に耳に入ってきた。
さらに二俣川につく頃だったか、
「お前は、ガキなんだよ!」
駅を降りた後でなにげなくその男達の顔を見ると頭が薄く人相が悪いその一人は、こちらをジッと見ていた。
あれ俺のこと?
本当にわからないことだらけだ…
トヨタは本当に悪いのか?
昨日、株式の実況中継を聞いていたら、リコールは基地問題にたいする報復だというような噂が出ているような事をチラッといっていたが…。
今日は、アメリカの自動車会社がトヨタやホンダから乗り換えると10%引く、とかいっているとニュースでやっていたが…
新しいパソコンMacにしようと思っていたけどやめようかな。

スポンサーサイト

PageTop

1月26日 ○○さんの親父

先週の土曜日(1月23日)15時40分頃、横浜駅から京浜東北線で桜木町へ行く途中で、たしか先頭車両だったか?電車に乗ると先ず、ちょっとお水のお姉さんのような人が、私の隣に座りかけたので一つ横にずれたが、その人は私の前の列に座る。私が座るとすぐに目の前にコスプレをしたウタダさんみたいな女性が立ち、後から少し太めのやはり秋葉系に扮した男が「座りなよ!」その女が「いいのよ!」などと言いながらその横に来た。
そして、男のほうがこともあろうか携帯電話で女の写真を撮り始めた。私が写されるのでは、横の年配の女性達は、と思うほど微妙な角度で二枚ほど撮っただろうか?その後、私の視線に気がついて男は携帯をポケットに入れた。女の方は「言わないのがいけないのよ!」などと能天気なことを言い、桜木町で電車を降りた。
ホームに降りた時だったか私のすぐ後ろで「アオモリ!」と男がつぶやいた。
連中も降りたか?と思い振り返ると離れたところから女が、私に向かって手を振っていた。最後までピンボケな女だったが、これはいわゆるオタクの人ではない、ような気がした。
パソコン売り場などで話すオタクの人は、たいてい見かけはともかく礼儀正しいというか、他人をわざと挑発するようなことをする人間達ではない。
とすると、この連中は???
駅を降りると今度は「それなりに経費がかかっているのよ!」「それでも楽しいのよね!」などという女の声がした。

桜木町で気に入ったものが買えなかったので、こんどは川崎まで京浜東北線で向かう。そうだ、さっきのことをメモしておこう、と16時ちょうどくらいに携帯にメモを始めると、「あの人、メモするからダメなんだよ」とかなんとか、前の席の長髪の男が横にいたマスクをした女に話しかけた。彼らはベビーカーに乗せた赤ん坊を連れており、女の方がジッと私の方を見ており、川崎で降りるとその連中もホームに降りたが、同じホームの反対側で横浜方面の電車を待ちはじめた。
なにこの連中!

今日は、夕方5時過ぎに瀬谷区の野球場のそばの公園で軽く運動をして図書館へ行こうとすると後ろから「偶然のをやるのよ!」「○○さんの親父!」という女の声がした。○○さん、というのは近所にもいる人の名前で意味不明だが私に言ったような気がした???
図書館で30分くらい本を読んだ後で、6時過ぎに図書館を出て、瀬谷の駅前の書店へ行き、PCの買い換えを考えているので雑誌を見ていると携帯を耳に当てた若い女が話しながら店内を徘徊していた。しばらくして時間を見ると6時半過ぎているのであわてて帰ろうとすると先ほどの徘徊していた女がすれ違い様に「買わないの?」などと言ったが、なにこの女?

PageTop

1月22日 そんなことやってる場合か?

国会が始まりましたが、無駄な審議というよりは優先順位がおかしいような気がします。
鳩山総理や小沢幹事長の政治資金の問題に注目が集まっているようですが、政治と金の問題はなにもいま始まったことではない。
いま一番必要なことは、一に景気対策、景気刺激策です。それとともに雇用の創出、それも目先的なものだけではなく中長期的な視野にたってのもの、無料、または廉価の職業訓練、ハローワークの民営化、失業者への簡易宿泊施設の拡充等々、喫緊の課題はいくらでもあるはず。
民主党に期待しましたが、期待は裏切られたような気がしています。しかし、いまの惨状は自民党時代からのつけが回ってきたものなので、もう少し見守りたい。
小沢幹事長の独裁について巷間で噂されていますが、私は道場生同士が自由に会話できない、自由に練習できないといった独裁国家のような空手団体にいたのでその歪みがなんとなく実感としてわかります。
やめて10年たったいまでもどういうわけか、求職活動の妨害はもちろん、買い物や外食には常に尾行がつき、電話、メールの盗聴、さらに最近では重要な郵便は検閲の恐怖を常に感じながら自宅と離れた所から出す、といった毎日です。
もしその風評が真実だとしたら、今後その体質がエスカレートしていかないように歯止めをかける必要がある。
しかし、よくわからないのはなぜ国会の直前に小沢幹事長の問題が再燃したのか?
そんなこと国会でやってる場合か?

PageTop

1月14日 不毛地帯

12月からフジテレビの「不毛地帯」というドラマを見始めました。ドラマは途中からですが、昔の日本人はすごい!というのが第一印象です。
小説も買い、少しずつ読み始めました。まだ読み始めたばかりですが、主人公が近畿商事の社長面接の際にシベリアでのことに言及され、思い出したくない記憶が脳裏を掠める場面が出てきます。
人間には大なり小なり、誰しもそういう部分があるかもしれません。子供の頃に激しいイジメにあったとか…。私も高校時代に野球で挫折したので、その頃の記憶はあまり思い出したくない、というよりあまりおぼえてないのが現状ですが、といってもその頃の同期と飲みに行くのは楽しみですが…。
昼に東京駅の八重洲口の目の前の北海道の物産店のようなところでラーメンを食べた後に「不毛地帯」を読んでいると、横に来た眼鏡をかけ昼からビールを飲んでいる年配の男性が「イキ!」と主人公の名を、立ち去り際につぶやきました。

PageTop

1月9日 言うは知らず

株を見ていて面白いのは、論理能力なんていうものがいかに当てにならないかがわかることです。
経済評論家、コメンテーターが毎日の株価についてもっともらしい理屈をつけて説明していますが、それは彼らは専門家なので一般の人が知らないような知識を沢山持っているからすでに終わったことについては理路整然と説明できるが、未来のことについては、来週のこと、明日の株価、いやその日の終値のことについても予測がはずれるのがしばしば。
それでも私はまだ駆け出しなので色々な話を聞くのはとても面白いのですが…
むかし、むかし武道関係の本で読んで、ずうううっと謎だった「言うは知らず」という言葉がなんと最近なくわかって来ました。
ベテランの人は株価が上がるのは色んな要素があって、とても知りつくせないし、また語りつくせないということを知っている。
自信たっぷりにもっともらしいことを言うのは駆け出しか、ほんの一面しかわかってない証拠だ。
わかっているの人ほど、わからない。そんなところか…

PageTop