日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11月30日 本人同士はわかっている

つい今終わった昨日の内藤VS亀田戦についての番組を見てしまった。
内藤選手は記者会見ではいさぎよく負けを認めていたが、試合直後にジムの関係者と話した際には「負けてねえよな!」と「この傷は(目の上の傷)相手(バッティング)だろ!」と悔しそうに言っていた。私も多少格闘技の経験があるが、えてしてそちらの方が本音で客観的事実であることが多い。
採点競技だから判定によって勝ち負けは決まるわけだが、ジャッジよりも闘った当人同士がよくわかっているということは往々にしてある。仮の話だが、判定を下す人がてごころを加えたとしても、判定が真実として通る可能性が高い。私も実は心の中ではわずかに内藤選手が勝っていたのでは?とも思ったが、判定で負けと出たので試合が終わった時点では、すでに負けを前提にものを考えていた。
亀田選手は冷静だった。バランスの良い好選手だと思うがもう少し攻めて欲しかった。
それはともかく人生には往々にしてこういうことがある。私にこの10年間いや20年、いや前に書いたように水面下で25年前から付きまとっている連中。
ウソを真実に変えようとしている連中。
昨年は入院中の父親を脅していた暴力団顔負けの連中。
営業の得意先の一軒一軒、引越しの仕事をするとその行く先々でもでたらめな噂を流す連中。
転職フェアでも職安でもおかまいなしに付きまとう連中。
転職活動を徹底的に妨害して「あいつは働いてないからやるの」などともっともらしい顔をしているのもその連中。
今日も家に帰る直前に商店街の信号のところで「変なことをいうと書くから気をつけて」と携帯を耳に当てた若い男がすれ違い様言った。昨日の嫁コンのことか?
昨日の判定は覆ることはないだろう。
けれども本人同士はわかっているのかもしれない。
今年の年初に南町田のグランベリーモールに行った際に「中に入れてるんだよ!」と背後から言った男がいた。
いわゆる、無理が通れば道理が引っ込む、というやつだろう。

スポンサーサイト

PageTop

11月29日 内藤選手お疲れ様でした。

内藤VS亀田戦。ひさしぶりに試合前にワクワクしました。今回は亀田選手の老獪さに内藤選手が負けたのか?
今後どうするのかは知らないが、内藤選手のような普通の人のような人間味がある選手が世界チャンピオンになってくれたことは、すばらしいと思う。また内藤選手の闘い方は格闘技ファンとしてもとても面白かった。世界戦のような高度な試合を解説するほどの力はありませんので控えますが、一言書かせていただくと、内藤選手は最終回のような技術をもっと早い回から見せられれば違った結果になったような気がします。
今日も午前中はOKストアで、午後は横浜駅近辺および相鉄線内でストーカーに会いました。四時頃だったかジョイナスの上りのエスカレーターで背後から若いジャージ上下のさえない男が携帯で話しながらぴったりくっついてきた。本屋で本を見ているとまたご丁寧に「本読むな。」という声、週刊誌コーナーでは二人の女の片方が「みたいな…」と言って笑う。この二人は格闘技コーナーで本を読んでいた際にそばに来てTOEICと言った連中か?その際に格闘技コーナーの脇の英語のコーナーに先ほどのジャージ男が立ち寄った。「みたいな…」と言うのは昨日の夜、なにかの拍子に思い出して独り言を言ったがそれは自宅内。また盗聴疑惑の刷り込み?
午後6時少し過ぎ横浜駅発急行、何両目かは忘れた。電車内ではいつものごとくおとりのような若い男女一組と回りに仲間らしき連中数名。並んでいると後ろに来て「インターネットの話やめて」とか言い、まず注意をひきつける。すぐ前にヨドバシでインターネットのケーブルを買った際に店員と話したことか?その後、背後でイラつかせる様に話し出す、今日は二人で何かのメロディを数度私の耳元で口ずさむ。ドアが開く寸前に男が「左、左」と連呼。
私が降りる際に一人置いて左側に座った男の方と目が合ったが、すぐ男は寝たふりをしたのでほんの5ミリほどですが靴を踏んでやりました。ストーカーにはこれくらいしてもいいでしょ。たぶん周りに仲間がいて見ていたらしく、駅を降りると「カワイソー」という大人の男の声と「指名手配されるよ!」という子供の声がしたので、子供連れのストーカー親が子供に言わせたのでしょうか?
6時半ごろ、例の嫁コン君の家の前を通りかかるとガチャガチャ鎖をいじる音がし、本人がこちらに背を向けていたので前に言われた「ハチブル!」と一声かけてやったら、まったく驚きもせずに、なぜだか素直にうなずいていた。私が通るのを予想していたともとれるが、そうすると電車内の一味と連絡を取り合っているのか?それとも前回は同じと思われる人間が本屋→自宅と先回りしていたので今回も?
ともかく内藤選手お疲れ様でした。

PageTop

11月20日 ハチヤブル

昨日の夕方、日産の本社へ新型フーガを見に行った際に女性の案内係に二言、三言質問をすると、すぐ後にアンケートのような紙を持った少し女性っぽい男が「イットは大丈夫だろ?」などと思わせぶりにそばで言い、その女性係員に何事か聞いていた。さらに受付の女性達も何か言いたげにこちらを見ていたので、なにか言い含められていたのかもしれない。それは確認すればわかるはず。
そういえば八月末に横浜駅の西口で林市長候補の街頭演説を二日ほど聞かせていただいた。林市長のような長いセールスのキャリアを持つような方だと、たぶん一度会った人はすべておぼえているのかも知れない。というのは、1998年に日本空手道玄和会をやめた頃から露骨なストーカー行為にあい、中田市長時代の2000年には県警に、2007年には横浜市の人権擁護委員会、さらに昨年の春は露骨に就職活動を妨害されて労働基準局、労働時間相談所、犯罪被害者相談窓口などへ相談に行ったが、どこでもたらい回しというかなんというか…。横浜地裁の横の法テラスの窓口にも行ったが、前にパトカーが止まっており、女性事務員の応対もやる気をなくさせるようなものだった。
そんなことばかりなのでまともに相談できる所が無い。そういう意味でまともに聞いて欲しい、という意味で握手させていただいた際に「市民の声に耳を傾けてください。」という意味の言葉を二日ともかけましたが、二日目は「ああ!」という驚きの声を出されていた。たぶんその前にも握手したことを思い出されたのだと思う。
その際にジョイナスの書店でいわゆる足利事件の菅家さんが書いた「冤罪」という本を手に取った際に若干障害をもたれているような男性が近づいてきて、そばに来ると急に真面目な口調で「その本読むな」と言ってまたもとのようなふりで去った男のことはすでに書いたと思う。さらにその本を買って家に帰る途中のこと。私達が子供の頃に溜まり場だった家の跡地に最近引っ越してきたNという家の前を通った際に、そこの住人が(いつも嫁がいるときだけ、強気になってイヤミをいうのでマザコン、とか嫁コン、と私はあだ名をつけているが)「あいつハチヤぶるぞ!」「ハチブル!」「ハチブル!」などと隣人と嫁と飼い犬がいたので強気になったせいか言っていた。
その男が、あのジョイナスの本屋で「その本読むな」と言ってきた男に背格好や髪型まで良く似ていた。眼鏡をいつもかけているが、はずせば同一人物なのかもしれない。
さらにもっと家のそばの本だのゼストに乗っている男も、ギョッとした顔で私を見ていた。
ハチヤというのは、キム元死刑囚が大韓航空爆破事件の際に使った偽名だが、同じ~ヤ、つながりで、菅家さんのことをほのめかしている、つまりあいつは菅家さんを気取るぞ、と牽制球を投げているのだろう。とうことは彼らは…
今日のニュースでキム元死刑囚が出てきたのでこの話を思い出しました。

PageTop

11月4日 相鉄線内のストーカー

昨日は3時ごろに出かけ、横浜のヨドバシなどで買い物をし、夕方6時10分頃相鉄線の横浜駅発急行最後部車両の進行方向右側の7人掛け座席の右から3番目位に座り、すぐに新聞を読み始めると、前に後から来た男女が立ち、何事か私に向かって言ってきたのが聞こえた。新聞を読みかけていたので、しばらくしてから顔を上げると、男は眼鏡で携帯型のゲーム機のようなものをしきりに見ていたが、黒ぶち眼鏡はたぶん変装用か。女も腹が膨らんでいたがどうも不自然で腹に何か入れているようにも見えた。というのもこの10年間相鉄線内に限らず横浜近辺でよくストーカーまがいの連中に付き纏われるが、たいていアベックが多く、電車の中では腹を膨らませた女性の場合も多い。左後方では白い携帯をこちらに向けて構えていた女がいたが仲間か?腹の膨れた女が「燃やされてるのよ!」と言い、私と同じ駅で二人は先に降りたが、これも鉄道公安官???
さらに駅の階段を下りると、待ち構えていた中年の男が軽く肩をぶつけてきた。なんと表現してよいのか、あまりにこういうOLのイビリのようなことが多いので、あった時点でメモをしておくこともあるが、あまりにもバカバカしいのと執拗なのとで辟易。普通の人は気にしすぎではないか?などと言うかもしれませんが、そりゃあ私の立場になってみればわかりますよ。世の中にはとんでもなく執念深い連中がいるんですから。
また今日も大手生命保険のセールスを名乗る女から電話があり、やたらに強引だったのとどうも要領も得ないので確認のために、あとからその会社の事務所に電話をして、名前を聞き忘れたので着信履歴に残っていた携帯の番号を言うと、該当する番号はありませんなどと言う。電話はやたらとザーザーと雑音が多く、しばらくすると先ほどの女らしき人がいちおう出たが、こちらが「来なくていいですよ」と言っているのにそれでも強引にアポを取ろうとしてきた。混線しているのか盗聴しているのか途中で「また、行ってる」などという女の笑い声が聞こえた。これもニッセイのやること?
10年以上前に入っていた空手団体をやめた後からしょっちゅうこんなことをやられている。
うつだの、そうだのいう人もいますが、前にも書きましたが一昨年ですが英検の準1級やTOEICの700点台後半をとったような集中力のある人間が他人に言われるようなソウやウツですか?
彼らはたぶん仕事でこんなことを毎日やっていると思うが、どこから金が出てくるのか、財源は?
本当に税金使ってない?


PageTop

11月1日 国立病院のFBI

先日、昨年他界した父の一周忌を行った。
会社関係、親類の方々、大勢来て下さった。また、その後も自宅に来て下さったり、色々な方がお電話を下さったりして、父の生前の人徳がしのばれた。
私は、挨拶の中で「最近格差社会などといわれ、力を持ったものが自分達の利益にのみ恐々としていますが、世のリーダー層が父のように中庸的な考えをすればもっと暮らしやすくなると思います。」原文のままではないがこんな内容の挨拶をした。私としては、私たち親子が受けた仕打ちに対して、場の雰囲気を壊さない最大の批判のつもりだった。
昨年の今日のブログで横浜医療センターのナースステーションにやくざのように目つきの悪い医師がいてこちらを見ていたこと、退院の日にその男がすれ違い様に恫喝してきたことを書いたが、実はその男は、長年でっちあげや、吊るし上げのみを考えている警察の関係者かもしれない。
ある時、父は医療センターのリハビリ医を「あの人FBI!」と言った。
その後そのリハビリ医は「○○さん(我々の苗字)わかってるんですね!」と脈絡無く言った。FBIというのは、よく知らないが公安警察の類か?ともかく税金を使って抵抗できない患者や家族に蛇のように付きまとい、嫌がらせをする質の悪い連中だ。
翌日の朝、父は息を引き取った。
息を引き取ったのは旭中央病院というところで、ここは緑に囲まれ環境は良かったが、その他はなにもしない、やる気が無い、という印象の病院だった。
昨年の今日はPEGの手術を数日後に控えて、鼻からのいわゆる経管栄養に切り替えていたが、夕食の時間が過ぎても白湯注入の気配が無い。ナースコールで呼んで、柔道のヤワラちゃん似の担当看護師に何度か言ったが、うるさそうに何事かイヤミを言うだけだった。
午後四時半についたのち一度も体位の変換にも来ない。しかたが無いので、ナースステーションへ行き別の看護婦に催促すると八時頃にすると言う。
八時が退出時間だったのでベッドを起こし、注入を開始したのを見て帰ったが、これが最後だった。
病院の出入り口だっただろうか、「親は入れる」という男の声が聞こえた。
どういう意味だろうか?やはりこの声の主も・・・・

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。