日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

10月22日 蛇のような執拗さ

最近疲れ気味であまり外に出ていないが、それでも毎日夕方少しは出るようにしている。
たいてい二俣川駅周辺には行くが、それでも変な付き纏いに合う。おばさんが多い。
そういえば、25年前の1984年に妙な事があった。
半そでを着ていたので夏だったと思うが、グリーングリーンの前あたりを歩いていると二ノ宮書店の前あたりを、三人位の化粧品販売員のような格好をした女性が「美少年登場!ああいうのを美少年って言うのよね…」などとこちらを見ていっていた。
私は、むくつけきなんとかタイプではないが、とても美少年タイプではないのでとても印象に残っている。そのことを数年前にやはり二俣川近辺で言われ思い出した。
二俣川近辺で用を足し、その後自転車で三ツ境の長屋門公園へ行き、ベンチに座りメールをしていると、白いセダンが目の前に止まり、女が降りたような気がしたがドアを開けたままどこかに行った。
その後、犬を連れた年配の女性が同じ位の男性と共に「あなたT先生に二年くらい習っているのよ。」などと通りすがりに言う。Tと言うのは、昨年父が入院していた先のリハビリ医の名と同じだ。まったくまったく無くはないが珍しい名だ。偶然だろうか?
その後、別の公園に行くと「下の田んぼのところだろう!」などという男の声がした。そうだ昔は家の下に田んぼがあった。
さらに別の私たちが子供の頃よく遊んだ森の公園へ行くと小学生が野球をやっていた。私の少し前で、一人が「たこ坊主、ホントごめん。気にしてるよ!」などとたわいも無いがなにか引っ掛かった。さらに一人が「いいねえ!いいねえ!」などとやたらと相手の球をほめていた。
そして、家の方に向かい交差点を超えると、それまで止まっていた車が急に動き出した。
あまりにも自分の自転車を待ち構えていたような動きでハッと驚きかわしたが、その車は昨日書いたアズキ色のステップワゴンだった。ナンバープレートを見る余裕が無かったが、4という数字が記憶に残っている。運転していたのは、中年の女だった。
最近、妙なおばさんたちに付き纏われるが、実はあの時の化粧品販売員の格好をした女のメンバーが実は25年間ずっと蛇のようなしつこさで、付き纏っていたのか?あの時の女達も、もういいおばさんになっているはずだ。
そういえば、前に書いた初詣のストーカーも女だった。(9月14日分参照)

スポンサーサイト

PageTop

10月21日 しつこい!

いわゆる足利事件の公判が始まり、これほど世間で脚光を浴びようと、毎日のように警察官の不祥事が新聞に取りざたされても、この10年間の私の回りでのわけのわからない秘密警察かなにかが、付き纏ってきてはなにかをでっちあげようかとでもいう態度は、一向に収まらない。
昨日は、夕方6時少し前に三ツ境ダイエーの食品売り場のレジで「袋はいらないよ!」「ご協力ありがとうございます」「他所みたいに何円か引くとか、しないの?」「いえ、それは…」と気持ちよく会計を済ませた後に背後で「うるせえー!」という自分が済ませたばかりのレジの若い丸い眼鏡のお兄さんの声がした。
ダイエーのようなまともな企業が、まちがっても普通のアルバイトにこんなことを言わせるはずがない!たぶん、誰かがけしかけているのだろう。
先日は二俣川の西友でまったく逆のことがあった。不祝儀袋を買い、レジで会計をしている際にやたらと年配の女性の愛想がよく「雨なのにたいへんですねえ。」などと話しかけてきたが、その際に私が来る前にレジにいた女性が二言、三言そのレジのおばさんに言い含めていた。
日曜日は、母親と鶴間のイオンに行き、幸楽苑でなんとかしょうゆラーメンを食べた際に、その前にトイレに入ると二人の若い男が入ってきてなにか皮肉というか嫌がらせのような言葉を連呼していた。
先に用を足しほんの少しだけだが外で待っていると、出てきた一人は違う方向へ行こうとしていたのが見えた。
9月14日の夕方にここの一階のスタバで一服した際の小柄な若い男の店員もおかしかった。
ミネラルウオーターを頼むと、この店には置いてないそうで、わざわざ私の脇に来てやたらにバカ丁寧にわびながら言葉の合間に絡んできた。飲み物とパンのようなものを注文し食べていると、もう一人の店員の男が「おいしい」などとすぐ後ろで言っていた。
上の階に行き買い物を済ませた後に、もう一度スタバの前を通り本当にその男がスタバの店員なのか確認すると、ちょうど控え室から出てきて、私がいるのを知っていながら知らないふりをする表情で若い性と外に出た。
別に追う必要もないので私は自転車で帰ることにし、しばらく走り大和のヨーカ堂の前でふと買い物を思い出して道路を横切ろうとして止まると、後ろから来たたしかアズキ色のステップワゴンでナンバー1○×の運転席の男がとっさに顔を隠そうとした。
あのスタバの男だ!

PageTop

こまかい!

三連休も本日で終わり。
体育の日に学生時代やっていた格闘技の試合を見に行った。
母校の試合を見るのは実に18年ぶりなので楽しみ半分、しかし行きには自宅の最寄り駅のそばで他人を脅し慣れている刑事のような口調の男に「G和会でやるの!」などといわれ、また付き纏いの予感を気にしながら電車に乗り込みました。
会場に行くと、やはり顔見知りの先輩や後輩に「ソウだ。ウツだ。」などとヒソヒソ言われ不愉快な思いもしたが、さすがにD師範の笑顔を拝見したら
「(型中心ではなく)実際に闘う格闘技の師範を長くやられてきた方の器の大きさ」
とでも言いますか、そういったものを感じ心が洗われた。人柄か?
今日もそういったことがあり疲れていたが、迫ってきた父親の法要の食事会場に行ったあとで、母親と横浜の大戸屋で食事をした後、リラックスするために数年ぶりにシェラトンのラウンジでお茶を飲んでいると、横にいた年配男女の女性の方が立ち去り際に「負けるわけないでしょ!」と私の耳元で言った。ゲッ!
小一時間いた後で、ホテルを出ると「リラックス出来た?」という女の声が背後でした。
またストーカーかよ!実に、こまかい!
年がら年中こんなことをやられていて、リッラクスできるわけが無い。

PageTop

10月10日 悪魔の論理学

数日前の夕方、三ツ境の橋の上で一人の小学生が私の目の前で「もう少し頭を使え!」と叫んだ。別に私に言ったわけでは無いだろうが、この何気ない一言は、響いた。
そう、最近、頭だけが良い人間が増えてきた。
頭ばかり使う人間、目先のごまかしで勝とうとする人間が実に増えた。
「世の中、頭が良い人は多いが、心がある人はなかなか…」
これは左に書いてある私のブログの紹介文の一部です。
最近、削除しましたが、「特にリーダー層がそうだから最近の日本があやしくなってきたのかなあ…」つい先日までは、などと続いていましたが、民主党が政権をとり、そして前回書いたように亀井大臣のような心のある方が、リーダーとなられたので期待を込めてその部分はとりあえず削除しました。
私が昨年見た医療の世界は本当にひどかった。
人の命をもののように扱う秀才達も実に頭が良かった。
彼らのやり方は、
1. 最初に信頼を揺らがせるようなことをさりげなく患者やその家族である私に言う。
2. 1の結果その病院への不信感を持たせ、口に出させる。
3. それによって言質をとり自分達が最善を尽くさなくて良いようにする。
というものだ。
具体的に書かないと話がわからないと思うが今までにも書いたし、今後も書いていくが本当に頭がいい、違う言い方をすると実に論理的だ。
一年経った今でもまんまとしてやられたという気がしている。
けれどもそうやって彼らが日本の医療全体に対しての評価を落としていることはなにも頓着しない。
つまり日本の医療全体のことは考えずに自分達のプライドとか立場とか、はっきり言えば金とか、そんなことだけを考えている。
本当に目先のことしか考えていない、頭の良い目端の利いた秀才達。
そして彼らの悪魔の論理学。

PageTop

10月7日 亀井さん

金額は小さくとも株をやっているとやはり株主の観点から物事を見てしまいます。
そういった観点から見ると今話題の亀井大臣のモラトリアム政策は、あまり歓迎できない。
けれども亀井さんが言っていることはまともなことなのではないか?
新聞はじめマスコミは叩いているが、ああいう方がまともな心のある政治家なのではないか?
銀行株が下がるのは痛いが、下がったものはまた上がる。上がらなかったら乗り換えればいい。
けれどもつぶれた会社は???
雇われていた人は???
職を失って自殺した人は???
今日のクローズアップ現代でもやっていたが、働き盛りに職が無い、孤独死。
何でもかんでも自己責任じゃあリーダーや政治家なんて要らないのではないか?
マスコミにだまされるな!
がんばれ亀井大臣。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。