日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1月31日 心 その2

左側のブログの紹介文に書いた事は、昨年末に漠然と感じたことを書いたことですが、どうもいま実際に世界中で起こっていることにも通じるようです。
どういうことかといいますと、世界中を大きく揺さぶっている同時不況。その原因になっているものの一つに、サブプライムローンはじめとするいわゆるデリバティブとかなんとかいう金融に関するわけのわからない商品の破綻があるらしいです。
これは、いわゆる金融工学とかいう物の天才達が、頭脳を駆使して理論的には完璧に仕上げたものを、日本では東大出のようないわゆる優秀と言われ、世間的に信用力のある連中が世界中の金融機関に売っていたようです。それがアメリカでの地価の値下がりだかなんだか知りませんが、前提となる条件の崩壊であっさりはじけ、世界中に散らばっていた金融商品が破綻した結果、それを持っていたイギリスのノーザンロック銀行やアメリカのリーマンブラザーズの経営破綻が起きた…?かどうかよくわかりませんが、そんなようなことが最近読んだ本や雑誌や新聞に書いてありました。
世間的に信用があり、論理的には完璧でも、現実の世間を知らない頭でっかちの連中に日本だけではなく、世界中で皆だまされてこんなひどい現状になったようです。総合するとそんな感じです。
日本でも、数年前に頭がすこぶる良くて、大金を持っている人が、関西の人気球団を買収しようとしまして、ファンから大顰蹙を買いました。あの人が、今回の毒入り餃子ならぬ破綻債権入りの金融商品を売っていたかは知りません。球団買収の話は、頭だけが良くて、心がないということを虎ファンが見抜き共感が得られなかったようですが、金融商品の場合はそうもいかなかったようです。
ただ、怖いのは一時的にせよ日本のマスコミもだいぶ持ち上げていたこと。
この金融工学の天才やそれを売った人達の話の場合は、心というのはその分野での経験ということになりますが、今まで少し書いたヤクザや詐欺師のような医者の話もそうですが、( http://yuuyake10.blog71.fc2.com/blog-entry-89.html )昨今優秀といわれる連中はただ単に記憶力や論理的な思考能力がすぐれているだけなのにそれだけで世間が信用して言うことを鵜呑みにする風潮があるから結局こんなひどい事が起こっているような気がします。
やはり日本もまずい方向に流れが向いていますよね。

スポンサーサイト

PageTop

1月26日 男は、なぜ清原が好きか?

先週、本屋で清原選手の自伝を読んでいたら、つまらなそうな男がそばで「フン、ミーハーなんだよ!」と吐き捨てました。
まったく気にせず読みはじめ、主にPL学園時代の部分を読みました。私は、高校時代に野球をやっていましたが、卒業後は格闘技の方が好きで、あまりプロ野球は見ません。(ちなみにWBCは見ると思います。)巨人時代に彼のスイングをテレビで見ましたが、天才だと思いました。
でも、プレーよりも清原選手のトークが好きなんです。
うまく説明できませんが、男ならわかるでしょう?
清原選手なら「俺の親父が亡くなってヨー!」と言ったら、一緒に酒飲んで泣いてくれそうじゃあないですか。
それを、単なるパフォーマンスじゃあなくて、地でやりそうなタイプだから男は清原が好きなのでしょう!

PageTop

1月23日 真冬のスリ

今年初めて友人と飲みに行きました。ホルモン焼きです。
ホルモンというと、煙、ガムのような歯ごたえ、生ビールの大、有楽町のガード下、好きですがあまり上品なイメージは持っていません。しかし、その店は多少違いもう少し上品でした。
今は、みなあんな感じか?
途中で、20代半ばから30代位の男女数名が隣に来て、「ネギシ」と叫んだ後、大声で話しだしました。途中から酔っ払いの常なのか挑発しているようにも感じたが、何度も同じ事を繰り返しわめくので注意しようか、店を移ろうかと考えあぐねていましたが、まあギリギリの許容範囲なので…。
この不況下にあんな子供達でもしっかりとお金を持っているのが不思議でしたが、自分もあの位の頃も結構飲んでましたから。彼らの一人が店に入ってきたときに言った「ネギシ!」と店を出る前に「さあ、これからネットカフェに行こう!」と言ったので思い出したのが、約6年前の平成14年12月7日・・・

横浜の伊勢佐木町オデオンのネットカフェ。仕事の帰りに、同僚のBさんに連れられて、根岸の立ち飲みで酎ハイを飲み、Bさんお得意のスケベエ話で盛り上がりましたが、その酎ハイがやたらに強かったのと周りにいたオヤジさんたちが妙にニコニコしていたのを覚えています。時間も早かったので帰りにネットカフェにより、その頃凝っていた外人の友達をつくるというサイトで知り合ったメル友に英語でメールを書いているとやたらに酒が効いてきて少しの間ボーっとなりました。その少し前に、日本人か東南アジア系か区別がつかない男がそばに来てこちらの様子をうかがったのは覚えています。
少し眠ったか、眠らなかったか…、いざ帰ろうと思いポケットを探ると財布が無い!カバンを探しても。
先払い分で済んだので、会計には問題が無かったのですが、店員に財布をスラれた旨を伝えると、店長らしき男が「全員のお客さんを引き止めて、警察を呼びますか?」というので酔っていたせいもあり「お願いします。」と言ったところ、、、、何もしない!
結局、少し待たされた後に名刺をもらい、落し物で届けがあるかもしれないので後ほど連絡下さい、程度で終わり。
近所の派出所に届けた後、銀行に電話をして、キャッシュカードを使えないくしてもらいましたが、帰りの電車賃がない。派出所では「お金は貸せないのでタクシーで帰って家に着いてから払ってください!」ときっぱり言われましたが、まだ電車が充分にある時間でしたので、結局そばで店をやられている友人のお母様に千円を借りて帰りました。
妙だったのはスラれた後に町を歩いていると「後ろにいたのよ!」「気がつかなかった?」などと通りすがりの女に複数回声をかけられたこと。集団でやったのか?
さらに数日後、友人に携帯で「免許を使われて偽造パスポートでも造られたらどうしよう」などと話していた翌日に「じゃあ免許は返そうか?」などとまた町で見知らぬ男に言われた事!

読んでくださった皆さんはこんな妙なスリにはあったことは無いと思いますが、酔った時は特に懐にご用心!

PageTop

1月20日 オバマ頼み

最近、非常に変なといいますか、なんとも言えない光景に出くわします。
それはセルフのガソリンスタンドがやたらに増えた事です。
昨年までの原油高でガソリン価格が高騰しアルバイトすら雇えなくなったガソリンスタンドのオーナーが経費節減のためにセルフ式に切り替えた、かどうかは聞いてみないとわかりませんが、ふたたびガソリン価格が戻ったにもかかわらず、ガソリンスタンドのそばを通ってもアルバイトの若いお姉ちゃんやお兄ちゃんの「あーりがとうございましたあああ」という声が聞こえない。
世界のごくごく一部の大金持ちの人達や機関投資家の人達が、投機のためにアメリカのWTIとかの原油相場をやたらに引き上げたために日本の大勢のアルバイトの首まで切られた!かどうかも実は定かではありませんが、それも原因の一つに挙げられるとは思います。
こうやって書き出すと、すわ!赤い思想の話かと、あまりわかっていない人は思うかもしれませんが、そうではありません。私は左翼思想はあまり好きではありません。なぜなら左の国は右寄りよりも貧富の差が激しいから。そして、そういった格差の実際をある団体でさんざん見たから。
けれども、そういったお金持ち達が束になってもかなわないほど今、世界中から注目を浴びているのが、もうすぐinaugurationつまり就任式を迎えるアメリカのオバマ大統領。
私個人的には、たまたま三年前位に英語の勉強のために海外のニュースや雑誌をやたらと見ていて、かなり露出度が高く、いわゆるアメリカのエリートコースの学歴も持っていたので、ヒラリー氏を抑えて民主党の候補にはなるだろうと思っていましたが、大統領にまでなって、いま世界を変えようとしています。
もちろん、今のところ一時的なeuphoriaつまり有頂天、幸福感ではあると思いますが、悪化した実体経済にmomentum つまり勢いをつけてくれればいいですよね。
なんかルー大柴さんみたいになってきたのでこの辺で。

PageTop

1月6日 言うに言えない!

たまにこのブログの過去の記事を読み返しますと、たぶん普通の人が読んだら何を書いているのかわからないのでは、という記事が多々あります。特に、3月の頃のはそうです。消そうかな?とも思いますが、他人にはわかりにくくても事実を日記風に書いてあるものが多いので、記録のためにもとっておいた方がいいとも思い、とりあえずそのままにしてあります。
世の中には常識では考えられないようなことをする連中がいます。
けれども、それをやられた時に、やられた本人になまじまともな常識があると、かえってなかなかそれを他人に言い出せない場合があります。
例えば、テレビによく出る例として、ストーカー被害にあった人などがそうです。
こんなことを言ったら相手に頭がおかしいのでは、と思われるかもしれない、また、相手に累が及ぶかもしれない、などと考えているうちに自分の中に引きこもっていく、という例です。
父が国立病院に入院していた際に、見舞いに来て下さった方々の前で一度感極まって泣き出したことがありました。
たぶん、病院で色々と陰湿な嫌がらせを受けていたのだと思いますが、それが常識の範囲をはるかに超えていたので、自分の中に「こんなことを口に出したら…」という葛藤があってそうなったのだと見た瞬間に私にはピンと来ました。
私には、よくわかる。
そして、表現の仕方の問題もありますがこのブログの理解しにくい記事にはそういうことのごく一端を書いています。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。