日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1月15日 特高の推薦本

今日は、夕方横浜へ行った。
二俣川で快速に乗り換えたが、二俣川で降りる際に、
「あまり腹が減りすぎると、や…」
という声が聞こえた。声の主は、前の座席にいた、鬼瓦みたいな顔をした男だろうか?
快速に乗ると鶴ヶ峰から、例によって高校生の格好をした数人の男が横に来て、何か言っていた。たぶん特高かそのエージェントだろう。
横浜そごうのロフトへ行き、ジャージに使う紐を買おうと思った。
最初は、「手芸用品はどこですか?」と通りかかった女性店員に聞くと、
「手芸用品は、扱っておりません」「9階に手芸用品はありますので、○×のエスカレーターで行ってください。」
みたいな答えがきつめの視線と共に返ってきた。

あれ?という戸惑いと、もしかしたら聞き方を間違えたかな?
と思い、しばらく自分でも探した後で、別の人に、
「ジャージなんかに使う紐はありませんか?」
と聞いた。その前に小柄な女性店員が「ジャージの…」とその店員に話しかけていた。
その人は、小声で「だめだ!」とつぶやいた後に、
「申し訳ありません、こちらでは扱っておりません。紐なら9階の手芸用品売り場に少しはあると思います。」
と丁寧な答えが返ってきた。
なにがだめなのかわからなかったのと、先ほどその女性店員に話しかけた店員が、なぜか「ドヤ」みたいな顔をして私を見ていた。
手芸用品売り場へ行ったが、適当なものがなかったので、ロフトのある階の紀伊国屋へ。

私は、本は好きな方だ。
自慢にはならないが、新聞は30代後半まで番組欄とスポーツ欄、そしてコラムくらいしか読まなかったが、中学生の頃から文学には親しむようになった。歴史小説やスポーツ選手や武道家が書いた本もそれなりに読んだ。
一浪をして、大学合格が決まった時に、
「これで思う存分本が読める」
と、うれしくなって、小林秀雄と三島由紀夫の本を買った記憶がある。
しかし、最近老眼やパソコンで株価を見て疲れているせいか本を読む気がしない。
それでも本屋へ行ってしまう。

安部総理のブレーンとして、いま盛んに名前が出ているエール大学の浜田教授の本を少し読んでみた。日銀の白川総裁は浜田教授の教え子で、飛びぬけて優秀だったが、日銀のお家芸とでもいえる日銀政策をとっていたがために、日本経済の現在の実力から考えても、かなり低いレベルの株安そして円高が演出され、多くの国民が苦しめられてきた。そんな内容だった。

すると横から特高らしき年配の男が、
「良い本を読め!」
などと指図してきた。特高は日銀の回し者か?
特高といっても、私よりも10歳位上の人達が“良い本”というのは、例えば昨年亡くなった吉本隆明氏とか、マルクスの共産党宣言とかのいわゆる左翼系の本とか、論理至上主義の本で、自分達にとって良い本だ。
いまの現状や歴史の裏側を語った本ではないわけで、そこには思惑があるのだろうが…

さらに「ダウン症になる確率が高いよ…」みたいなことも刷り込んできた。
その男が言うには、50歳すぎて子供をつくるとダウン症の子が生まれる確率が高くなるそうだ。
しかし、うちの姪は、みな義兄が50歳前後からの子供だが、ダウン症ではない!
20世紀の終わりごろから、すい臓がんで長く生きられない、とか、無精子症だとか、そううつ病だとかやたらに医学関係の誹謗中傷をされている。
この集団でのストーカーには、御茶ノ水の某大学病院の准教授も関係しているが、まるで全盛期の遺物の特高のやり方ではないか?


疲れたのでここまで!

PS:これを書いている最中に、家の外でやたらと雪を踏みしめる音がして、女の声で「派遣」という声がした。

スポンサーサイト

PageTop

3月29日 本部道場の文化大革命

今日、自宅ではげかかった屋根のペンキを塗り終えて、後片付けをしているとどこからともなく「この家の人、自民党の幹部なんだって…」という女の声がしました。見ると黒い子犬を連れて近所の人と話をしていました。一瞬しか見ませんでしたが、まさかホンコン、(3月11日参照)にしちゃあ歳とり過ぎだよね。
面識はないが、近所に共産党の議員がいるらしいが、自民党は???まさか??
昨年末に二紙も読めないので朝日新聞をやめ日経一本にしたが、昨年末に朝日をとっていたから左翼???を連想させる事を、朝日の集金の人に言われた。まさか朝日新聞の社員が自発的にそんなバカなことを言うわけがないので、誰かが言い含めたのでしょう。
今は知りませんが、朝日新聞は昭和の頃は日本一知的な新聞で、私も国語の先生に「天声人語を読みなさい」と言われました。そして何よりも、高校野球はじめスポーツ欄が充実していた。夏のみならず地元神奈川の春、秋の県大会の組み合わせや、結果も出るなんてサイコー。

でも、その論法ならもしかして派遣切りにあった蟹工船読んでいる人達は、皆サヨク?になるの?

中国の近代史に文化大革命といういわば、負の歴史があります。
保身のために親でも吊るし上げる、という恐ろしいものだそうです。
数年前にほんの少しですが、本を読んでみましたが、階級闘争だとか、文化などとたいそうな名がついていますが、言いがかりをつけて吊るし上げる単なる「いじめ」の大掛かりなものでしょう。

私が十年前までいた空手団体では、この文化大革命的ないじめが十八番で、これはそこの師範も自分で、毛沢東の役割をしたと本に書いているので否定はしないと思います。
また当時その人は「私は、真っ赤っかだ。赤旗配っていた。」と豪語していたから、これは左翼でしょう。団体の旗もメーデーのように真っ赤だった。

話を戻しますと、私もやめる頃は、なんとも書きがたい「いじめ」というか「吊るし上げ」にあっていました。当時は、自宅と本部道場の中間点にある箱根駅伝で有名な大学病院で掃除のアルバイトをしていましたが、その病院にその団体の幹部がいるせいか、そこでも相当なイビリと薬物を使った犯罪的なものに会いました。
病院でも、道場でもさらには信じがたいことに電車内でも、背後から、あるいは遠まわしにいびる、というやり方です。
じゃあ私が弱かったのか、というそうは思えません。
ある時に、その空手団体の本部である南浦和の青雲塾道場で、その団体の大会で黒帯の部で何度も優勝している某大学の主将に背後から、さりげなく「お前、指導局に入れ!」と言ってやったら、なにも言い返せずにもの凄く不快そうなというか、困惑した顔をしていましたから。(指導局というのは、その団体の幹部ですが、洗脳や締め付けが厳しいらしく、本部の幹部や、東大以外の学生達からもかなり敬遠されている部署で、そこの教祖のような男が、その子が入るのを嫌がっていると講義で言っていたので、思いついて試してみました。)そのときだけは、いじめる側に立ったわけですが…。
ですから、いじめと人間の強弱はあまり関係が無いのでは。
彼のようにその団体の大学生としては、最も威勢の良い部類の男でも、私がやられた百分の一ほどの、そういった陰湿なやり方に手も足も出なかったので。
大きな顔をしている人もたいては、いじめられないように息を潜めているだけ。

PageTop

2月21日 論理学研究会のハニートラップ?

一昨日、自宅の二階でお昼のニュースを見ていると外で「コンドー」という少し高いこもった若い男の声が聞こえました。そういえば、二月の初めに父の墓参りの際に、駅の建物を出ると若い男がそばに来て「コンドーさんから」帰りには「タジマ」と言った。二人とも10年以上前に愛想をつかせてやめた防具空手団体にいた人間を連想させる名前だが、コンドーにはサンを、つけタジマは呼び捨て、ということは…。コンドーよりは、下でタジマとは同じか上の人間と考えられる。

唐突ですが、ふ・ふ・ふ風俗に行って何が悪い!
六年も行ってないが、6年前に行った後に前に書いたスリに合った。あの財布にはお姉さんの名刺が入っていたし、現金も三万円近く入っていたはず。スリの犯人も俺の金で同じお姉さんを指名していたりして…。
秀才は行かないのかと思っていたら、今日の朝刊に東大の助教が女子高校生を買ったって書いてあった。こちらの方が、風俗店に行くよりもよほど質が悪いと思うけれど。
ところで助教って何?助教授?助教授は、今は准教授とかいうのでは?

なんでこんなことを書いたかと言いますと、まず中川さん。
男前で、真面目そうで結構良い印象を持っていましたが、相当な酒好きだそうです。私も酒好きですから酒好きが悪いとは思いませんが、失業中の身から言えばムッとしました。
けれども多少の酔っ払いだろうが、風俗好きだろうが、日本の経済良くしてくれれば良いんですけど、今はあまりそういう破天荒なタイプのエリートはいないようで。
そんななかで、中川さんは身を挺して日本を救ってくれた。彼のファインプレーで外国人が日本に失望して円を売って円安になり、輸出企業が助かっている、という噂も実際にあった位ですが、株は下がる一方。

そして次は私がものの見事にかかったハニートラップ?
私は中川氏の件はなぜかあれは陰謀のような気がします。というのは、私も10年位前に駅伝で有名な大学病院で掃除をしていた際に、妙な薬を飲まされて風俗に何回か行き、その後ずっとあちこちでその事を言い触らされ評判を落とされているからです。だから衝撃の告白です。

最初は空手道場の帰りに覚せい剤系の薬を入れたレモンジュースを飲まされたらしく、しばらく夜になると自宅で叫んでいました。その後、やたらに下半身がむずむずして、行きましたよ風俗店に。
20代半ば位は結構行きましたが、特に30歳過ぎてからは経済的なこともありましたし、五年以上ご無沙汰で、ある程度行けば飽きるでしょう、普通…。それよりも結婚!を考えていたのに。
一階のロビーを掃除しているとおばさんが、「生足!」「ソープランドへゴー!」などと言うわ、白衣を着た医者らしき人が「風俗に行くとうつ病が治る」だの「あれやると頭が良くなる」だのと言うわ、しまいには電車に乗っていると若い女が付き纏ってきて「風俗にへ行け」だと。
行きましたよ40歳近くなって二、三ヶ月に一度位ですが。普通でしょ?

サイテー?そうおっしゃるけど、お医者さん達も行くみたいですよ風俗。
あの病院の地下の男子ロッカー室を掃除していたら、道玄坂のファッションマッサージ店の名刺が落ちていたっけ。風俗店で順番待っていたら、そこの病院で見かけた先生が後から入って来ましたよ。その男と一緒にいたのがどうも道場で一緒に練習をした男らしいけど。

病院の医局のトイレの壁には、どこかのナースとやったって書いてあったっけ。
プラスチックのトイレットペーパー入れの脚にはタバコの吸殻がしょっちゅう入っていたっけ(高校生か!)

残念ながら父親が最後を迎えた際の主治医もその病院の出身ではないが関係があるらしい。
会計の際に聞いたけれども、納得の行く回答は得られませんでした。
昨年知ったけれども、そこの准教授に冒頭の人が。そういえば掃除をしている時に何回か見かけたっけ。
もしかして、あのハニートラップの黒幕は論理学ばかり研究している会のコンドー?
それともコンドーには、さん付けで、タジマは呼び捨ての人物か?

PageTop

9月14日 お気楽な話

先週の金曜日でしたか、転院先探しで病院見学に行き、今の入院先へ行く途中の電車内。
連日の疲労でウトウトしていると何か卑猥なことを叫ぶ声。声の主は車内の床に座り込んでいる汚らしい女子高生。
横では皮肉たっぷりに「言いたいこと言うから!」などと言う中年男。
この連中がどういう何者か、または両者の関係もまったくわかりません。
しかし、私はこれらの声がなにか別世界の出来事のように聞こえました。
ずいぶんお気楽な連中だなあ!そんな話しかねえのかよ!
何かに集中しているときはそんなもの。

PageTop

5月20日 開かれた社会に


ミャンマーのサイクロン被害のニュースを見るたびに、やはり開かれた社会に住みたいものだとつくづく思います
人的支援は受け入れず、物的支援も制限付きという軍事政権。そこには自分達軍事政権の支配をあくまでも守り通そうという考えがあるようです。ミャンマーの軍事政権の独裁ぶりは、今までもアウンサン・スー・チーさんの自宅軟禁で知る人ぞ知るですが、今回はさらに世界から注目を集めたと思います。
一方の中国は四川大地震で外国の支援を受け入れているようです。実は30年位前にも中国で今回と同じ規模の地震があり、その時は毛沢東死去直後の中国共産党は今回のミャンマーのように外部からの支援を受けつけなかったそうで、今回はオリンピックのこともありますが、その際の教訓を生かしたのかも知れません。
どんな社会でもリーダーが開かれた考えを持たずに、いわゆる世間の標準、国際標準から大きく外れていると、悲惨な目を見るのは一般の人達だということです。
これは何も国だけでなく、宗教団体でも、格闘技の団体でも同じで、社会に開かれていない所、閉鎖的でひたすら内向きなところは、規模は小さいものの似たような問題があると思います。そのスケールの小ささに嫌気がさして亡命した人間をしつこく追い回して、口を封じようというような姑息なことはやめ、他国と交流を持ち、国際標準にあわせオープンなルールの社会を作る。そういう社会ならより多くの人に受け入れられるのでは?
今回の自然災害のニュースを見てそんなことを感じました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。